G-Tune、ゲーマーの方々の声からリニューアルしたモデル「NEXTGEAR-MICRO im610」シリーズ ラインアップ&スペック

| コメント(0)

NEXTGEAR-MICRO im610.png

ゲーマー達の声からリニューアルされたデスクトップPC。VRなども使いやすいように設計されている。本体自体はシンプル。

G-Tune、ゲーマーの方々の声からリニューアルしたモデル「NEXTGEAR-MICRO im610」シリーズ ラインアップ&スペック 以下引用

マウスコンピューターは、2018年6月、ゲーミング専用PCブランド「G-Tune」より、デザインをリニューアルした「NEXTGEAR-MICRO im610」シリーズから新モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。Core i5 搭載モデルとCore i7 搭載モデルのBTOに対応した2モデルを発売。

ゲーミングパソコンを使用するゲーマーの方々の声からリニューアルしたモデル。
外観は無駄を省いたシンプルなシルエット、マット仕上げを施した。天板はゲーミングデバイス置いたりすることを想定した平面になっており、パソコンでゲームをする際の利便性を追及した構造に。

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im610 シリーズ

スペック

Core i7 搭載のNEXTGEAR-MICRO im610 im610PA1-SP
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8700K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、1 TB HDD+512 GB SSD、光学ドライブ、ブルーレイ、グラフィック「GeForce GTX 1080 Ti」、本体サイズ、幅 188.8 × 奥行 396 × 高さ 400 (突起部含まず)mm、重さ、11.4 kg。
Core i5 搭載のNEXTGEAR-MICRO im610 im610BA1-TV
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8400 プロセッサー」、メモリー、1 TB HDD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「GeForce GTX 1050」、本体サイズ、幅 188.8 × 奥行 396 × 高さ 400 (突起部含まず)mm、重さ、10.6 kg。

インターフェイス、ディスプレイ×5 (DisplayPort×3、HDMI×2(前面×1/背面×1))、USB2.0×2 (背面×2)、USB3.0×2 (前面×2)、USB3.1×4 (背面×4)、イーサネット×1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))、サウンドラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(前面×1)、マイク入力 (モノラル 前面×1/背面×1)。

コメントする

この記事について

このページは、高速化が2018年6月18日 09:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東芝、15.6型 スタンダードノートパソコン 下位スペックモデル「dynabook T55G」シリーズ全カラバリ&スペック」です。

次の記事は「東芝、15.6型 スタンダードノートパソコン 下位スペックモデル「dynabook T45G」シリーズ全カラバリ&スペック(2018年夏モデル)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.0.1