Aspire 5 A515-53-H58U/K.jpg

エイサーの薄型、スタイリッシュなメインPCに最適な15.6型ノートPC。通常、15インチクラスでここまで薄型だと光学ドライブは非搭載が一般的。これはDVDスーパーマルチを搭載する。

Acer、15.6 型スリムでスタイリッシュノートパソコン「Aspire 5 A515-53-H58U/K」(2019年3月発売)以下引用

エイサーは、2019年3月、15.6型のノートパソコン「Aspire 5」シリーズから「A515-53-H58U/K」を発売。ボディーカラーは、オブシディアンブラック。

SSDを搭載したパ高速ワフルモデル

高速処理で人気のSSDプロセッサーを搭載。
Acer Aspire 5 A515-53-H58U/K スペック

SSD を採用するスリムでスタイリッシュノートPC。最新の第8世代インテル Core i5プロセッサーも搭載し、画像や映像編集などのクリエイティブ作業が快適に行えるパワフルモデル。
予期しない故障による大切なデータの損失を防ぐ「データ復旧安心サービス」は、購入日より1年間、データ復旧に対応。
最近は、軽量化のため光学ドライブ非搭載モデルが増える中DVDスーパーマルチを搭載する。

ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイドノングレア液晶。タッチ非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、バッテリー駆動時間、11.5 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620 (CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅 363.4 × 奥行 257.5 × 高さ 22.45 mm、重さ、2.15 kg。
インターフェイス、イーサネット(RJ-45)ポート × 1
USB 3.0ポート × 2、USB Type-C ポート × 1(USB 3.1 Gen 1、最大5 Gbps)、ヘッドフォン/スピーカー・ジャック × 1、HDMI™ 出力ポート(HDCP対応)× 1。

ASUSPRO D640MB.jpg

ASUSのビジネスノートでCPUに高負荷時には最高4.1GHzもの高クロックで動作する、6コア6スレッド対応CPUのインテル Core i5-9400 プロセッサーを搭載するいつの間にか9世代のCore i5がリリースされている。6コア6スレッドは相当早いと思う。2モデルラインアップし、1モデルは10万いかないモデル。SSDを搭載するモデル。もう一方は、デュアルストレージにGPUを搭載する。ビジネスモデルには欠かせない複数ディスプレー出力ができる。(3基まで液晶をつなぐことができる。

ASUS、ビジネス向けハイスペックデスクトップPC「ASUSPRO D640MB」GeForce GTX 1660 Ti搭載モデルも(2019年6月)以下引用

エイスースは、2019年6月、ビジネス向けのハイスペックタワー型デスクトップパソコン「ASUSPRO D640MB」シリーズより下位スペックモデル「D640MB-I59400」と上位スペックモデルの「D640MB-1660Ti」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

上位スペックモデル「640MB-1660Ti [HDD+SSD]」と下位スペックモデル「D640MB-I59400 [SSD]」の違いは搭載するメモリー容量、ストレージの種類と、GPU、インターフェイスのみです。
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-9400 プロセッサー」、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、本体サイズ、幅 176.6 × 奥行 393.1 × 高さ 380 mm、重さ、8.5 kg。は共通。

ビジネスの世界は常に秒単位で変化しています。ライバルの先を行くために、企業はより高い効率、セキュリティおよび信頼性を必要としています。ASUSPRO D640MBは、様々なビジネスの現場のニーズに応えるソリューションです。

最高4.1GHzもの高クロックで動作する、6コア6スレッド対応CPUのインテル Core™ i5-9400 プロセッサーを搭載

高速かつ大容量の512GBのNVMe 接続のSSDを搭載。画面出力端子は、オンボードにDisplayPortを2基、HDMIを1基、D-Sub 15ピンを1基搭載し、3画面出力にも対応。

CPUには、高負荷時には最高4.1GHzもの高クロックで動作する、6コア6スレッド対応CPUのインテル Core i5-9400 プロセッサーを搭載。高速かつ大容量の512GBのNVMe 接続のSSDを搭載。

画面出力端子は、オンボードにDisplayPortを2基、HDMIを1基、D-Sub 15ピンを1基搭載し、3画面出力にも対応。

D640MB-I59400 [SSD]
メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 630」、インターフェイス、DisplayPort×2、HDMI×1、D-Sub 15ピン×1
640MB-1660Ti [HDD+SSD]
メモリー、16 GB、ストレージ、512 GB SSD+2TB HDD、グラフィック「 NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti」、インターフェイス、、DisplayPort×2、HDMI×1、D-Sub 15ピン×1、ビデオカード
DisplayPort×1、HDMI×2、DVI-D×1

sanwa 400-MA123.JPG

サンワサプライの簡易パッケージによる激安モデル。なんと税込み980円。これで静音、ワイヤレス機能を搭載している。ブラックとホワイトのカラーバリエーション。限定800個の販売。社員をたくさん抱えているところはこういうのはまとめ買いのチャンス。昔の社長なら一気に100個ぐらい買ったかもしれないなぁ。

サンワ、簡易パッケージのワイヤレスマウス「400-MA123」を限定800個販売(2019年6月発売)以下引用

サンワサプライは、2019年6月、光学式マウスの新モデル「400-MA123」シリーズからブラックモデル「400-MA123BK」とホワイトモデル「400-MA123W」の2モデルを発売。

左右対称で癖のないワイヤレスマウス。中型サイズで老若男女問わず使いやすいサイズ

スタンダードな光学式、静音マウスで簡易パッケージにより980円というコスパ重視のマウスで800個の限定となる。左右対称で癖のないワイヤレスマウス。中型サイズ。ノートパソコンに差したままで、持ち運びや保管ができる小型レシーバー。電波障害に強い2.4GHzデジタル帯で、通信範囲が半径10mの広範囲で安定したデータ通信が可能。
不使用時の電池消耗を防止する電源ON・OFFスイッチ付き。
開梱しやすく、開梱後のゴミを減らすことができる紙箱パッケージ。

本体サイズ、幅 60 × 奥行 98.5 × 高さ 38 mm、重さ、60 g。

MSI PS42-8RA-052JP.png

ゲーミング専用PCメーカーのMSIの超薄型・軽量、狭額縁ビジネスノート。他メーカーにないのは、ビジネスノートにかなりハイスペックなGPUを搭載している点。youtuberなんかでもばりばり仕事ができるスペック。持ち出してモバイルとしても使える。他メーカーにない利点があるとキラリと光る。コテコテのゲーミングPCとは異なってとてもすばらしい。

MSI、「GeForce MX250」を搭載した超薄型・軽量、狭額縁デザイン14型モバイルノートPC「PS42-8RA-052JP」(2019年6月発売)以下引用

MSIは、2019年3月、14 型のモバイルノートパソコン薄型・軽量ビジネスノート「PS42 Modern」シリーズより「PS42-8RA-052JP」を発売。ボディーカラーは、シルバー。

MX250搭載薄型・軽量ビジネスノートPC

MSI PS42 Modern PS42-8RA-052JP スペック

狭額縁デザインにより画面占有率80%に達し、13 インチクラスの本体に14 インチの大画面を搭載。薄さは15.95 mm、軽さは1.19 Kgの超薄型・軽量の狭額縁デザイン。
8世代の Core i7 を搭載し、メールや文書作成・表計算などのオフィスソフトが快適に動作。さらに、専用GPUとして「NVIDIA GeForce MX250」を搭載。優れたグラフィックス性能を持ち、動画・画像編集や3D CG作成作業も可能。

ディスプレーは、LEDバックライト付の14 型(1920×1080ドット)のフルHD ワイド ノングレア 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、10 時間、グラフィック「NVIDIA GeForce MX250」、本体サイズ、幅 322 × 奥行 222 × 高さ 15.95 mm、重さ、1.19 kg。

インターフェイス、USB3.1 Gen1 Type-C ×2※Thunderbolt 3、USB Power Delivery、Alt Mode非対応
USB3.1 Gen1 Type-A ×2
ヘッドホン出力/マイク入力 コンボジャック ×1

Logicool G903 HERO LIGHTSPEED Wireless Gaming Mouse G903h.jpeg

人気機種の基本性能はそのままにセンサー性能向上をバージョンアップさせた本格ゲーミング専用マウス。基本性能はそのままに、ロジクール史上最も高精細な「Hero 16K」センサーに刷新したうえで、さらなる軽量設計と、ゲーミングに適した繊細な操作性を向上させたゲーマーには嬉しいモデル。

ロジクール、「Hero 16K」センサーにバージョンアップしたゲーミング用マウス「G903h」「G703h」「G403h」(2019年6月発売)以下引用

ロジクールは、2019年6月、「ロジクールG」よりゲーミング用マウス「HERO Gaming Mouse」「G903h」「G703h」「G403h」の3モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。

「Hero 16K」センサー搭載、抜群のマウス感度

最高性能センサー「Hero16K」により、今まで以上に細かく素早い操作に対応できるように。高速連打を正確に再現して、ゲームを有利に進めることもできます。センサーの感度が向上したため、わずかな動作でカーソルを大きく動かす、細やかな操作ができるように感度を下げる、とようなカスタマイズも可能。Logicool G HUBに対応し、よく使うコマンドやマクロをマウスのボタンに割り当てたり、センサー精度を高めたりすることができる。

強度を保ったまま、「G703h」と「G403h」は更なる軽量化を実現しました。10gのオプショナルウェイトが同梱されているため、利用シーンに合わせて重さを調節することもできる。

本体サイズ、幅 68 × 奥行 × 124 × 高さ43 mm、重さ、87 g。

iiyama  STYLE-17HP044-C-CES.jpg

デスクトップを買っても設置場所がとられて困る...というユーザーには17.3型がおすすめ。Celeron Dual-Core 搭載のコスパ重視のスタンダードノート。17.3型なら広い画面でデスクトップのような使い勝手。

iiyama PC 17.3型 SSD搭載のエントリーノートパソコン 2モデル(2019年3月発売) 以下引用

パソコン工房は、2019年3月、「iiyama PC」ブランド「STYLE∞N」シリーズより240 GB SSD搭載の「STYLE-17HP044-C-CES」と450GB SSDの「STYLE-17HP044-C-CDS」の2モデル発売。ボディーカラーは、ブラック。

Celeron 搭載 17.3型エントリーノートパソコン

お手頃価格で大型液晶 17.3 型を搭載するエントリーノートパソコン。高速ワイヤレスLANを標準装備し、快適・便利なワイヤレスのネットワークが構築可能。
HDMIで外部のディスプレイやリビングにある液晶テレビに接続すれば、パソコンに保存してある動画を多人数で広々と鑑賞する事ができる。
ノートパソコンだからこそ、あえてシンプルさを活かした 天板『iiyamaロゴなし』のカスタマイズも可能。

ディスプレーは、LEDバックライト付の17.3型(1600×900ドット)のHD+液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「Celeron 3867U」、メモリー、 STYLE-17HP044-C-CES [240GB SSD]が、4 GB、 STYLE-17HP044-C-CDS [480GB SSD]が8GB、ストレージ、 STYLE-17HP044-C-CES [240GB SSD]が、240 GB STYLE-17HP044-C-CDS [480GB SSD]が480 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、バッテリー駆動時間、4.2 時間、グラフィック「インテルHDグラフィックス 610」、本体サイズ、幅 幅418×奥行283 × 高さ31 mm、重さ、2.48 kg。

インターフェイス、ヘッドフォン/スピーカ出力×1 、マイク入力×1 、USB 3.0×1 、 USB 3.0-Type C×1 、 USB 2.0×2 、ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/HDMI×1)。

ASUS ROG HURACAN G21CX.jpg

鋭角を複数組み合わせた本体デザインは、とてもスタイリッシュで魅力的。ASUSにしては珍しくちょっとミーハー要素を組み込んだゲーミング専用PC。Core i9とCore i7を搭載する本格的なマシン。本体の前部と上部と下部の3か所から外気を大量に取り込んで、一気に背面から排出を行う設計は、夢中になるゲームも安心して長時間駆動を可能にしている。音楽や動画やゲームなどの音源に合わせて最適な再生設定を行ったり、ストリーミング配信用に録音設定を調節したりすることができる、便利なSonic Studio III機能を搭載しているのでユーチューバ-にもオススメ!

ASUS、コンパクトでハイスペックなタワー型 ゲーミング専用PC「ROG HURACAN G21CX」シリーズ(2019年7月発売)以下引用

エイスースは、2019年7月、ゲーミング専用デスクトップパソコン「ROG HURACAN G21CX」シリーズを発売。ボディーカラーは、アイアングレー。Core i9搭載の「G21CX-I9R2080」とCore i7搭載の「21CX-I7R2070」をラインアップする。

ROG Strix GL10CS

NVIDIA GeForce GTX1070以上のハイエンドグラフィックス機能を搭載したモデルはゲーマーに依然高い人気を誇る。
鋭角を複数組み合わせた本体デザインは、とてもスタイリッシュで存在感がある。右側面に搭載する折り畳み式カバーに隠れている本体側には、複数の柱で構成した斬新で未来的なデザインを採用。
他に類のない、ROG製品ならではの個性的なものとなっています。

本体の幅はわずか129.9 mmと薄く、奥行きは372.4mm、高さは366.1mmのコンパクトサイズ。ゲーミングデスクトップPCとしては驚異的にコンパクトな本体サイズを実現しており、どこにでも邪魔にならずに設置できる。

スペックの違いで2モデルを用意していますが、どちらも大変ハイスペックで、最新の3Dゲームを高いグラフィックス設定で快適に楽しむことができる。
また、これだけ小さな本体にも関わらず、便利な光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)も搭載。

ROG HURACAN G21CX G21CX-I9R2080
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、2 TB HDD+512 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」、本体サイズ、幅 129.9 × 奥行 372.4 × 高さ 366.1 mm、重さ、8.3 kg。
ROG HURACAN G21CX G21CX-I7R2070
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-9700K プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB HDD+256 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2070」、本体サイズ、幅 129.9 × 奥行 372.4 × 高さ 366.1 mm、重さ、8.3 kg。

インターフェイス
外部ディスプレイ出力 (ビデオカード):
DisplayPort×2、HDMI×1、Type-C×1

USBポート:
正面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.1×1(Type-C/Gen1)
背面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.0×4
オーディオ入出力:
正面:ヘッドホン出力×1、マイク入力×1
背面:ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力×1、S/PDIF×1

ドライブベイ:
3.5ドライブベイ×1 (空きベイ×0)、2.5ドライブベイ×2 (空きベイ×2)

FRONTIER、8型Android 9 搭載 タブレット(2019年6月発売)

FRONTIER LT101 Android9搭載 8インチタブレット.jpg

FRONTIERはBTOのメーカーという印象しかなかったけれど、こういうタブレットも扱っているのは知らなかった。

FRONTIERから発売の重さ、295gのAndroid 9搭載のタブレット。8型タブレットは一番使い勝手がいい。片手で操作できるし、ディスプレーも小さすぎずに見やすい。Androidのアプリ開発をしている人には手放せないはず。うちは、古いASUSのタブレットを未だに使っているけれど、ちょっと重いのがいまひとつ。最近は、超軽量で見やすいディスプレーを搭載しているので購入したいが商品を選ぶ時間がない。

FRONTIER、8型Android 9 搭載 タブレット(2019年6月発売)

FRONTIERは、2019年6月、8型のAndroid タブレット「LT101」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Android 9 搭載 8インチ タブレット

約295gと軽量で持ち運びに便利!手軽で操作しやすいタブレット
FRONTIER LT101 スペック
8インチ IPS液晶モニタを搭載し、明るく鮮やかな色表示を実現。Android 9ではUIが改善され、 アプリの切り替えや音声のミュート等の操作が簡単にスピーディーに行える。
Rockchip製 RK3126 CPUは、 省電力性に優れたクアッドコアで、 Mali 400 MP2 GPUを採用し高度に統合され、 優れた処理能力とコストパフォーマンスを兼ね備える。

ディスプレーは、LEDバックライト付の8型(1280×800ドット)のIPS 液晶。5点マルチタッチ対応。OS「Android 9.0」、CPU「 Rockchip RK3126」、メモリー、2 GB、ストレージ、16GB eMMC、バッテリー駆動時間、5 時間、本体サイズ、幅 208.5 × 奥行 124.5 × 高さ 9.2 mm、重さ、295 g。

インターフェイスは、
Micro USB 2.0端子 x1 (充電専用/OTG非対応)
カードリーダー microSD x1(最大32GB対応)
マイクヘッドフォンコンボジャック×1(3極のみ使用可能)

ROG Strix SCAR II.jpg

ROG Strix SCAR Editionの後継モデルとして発売のROG Strix SCAR II シリーズ。2モデルリリースされ、GeForce GTX 1070とGeForce GTX 1060が搭載。ASUSお得意の狭額ディスプレー。144Hzのハイリフレッシュレートと3msの高速な応答速度で、高速駆動のなめらかな画面を実現。4本のマルチアンテナを使用し、ラグが少ない高性能Wi-Fiを搭載。

ASUS、ゲーミング専用 15.6型 ROG Strix SCAR II シリーズから2モデルを発売(2019年3月発売)以下引用

エイスースは、2019年3月、15.6型のゲーミング専用ノートパソコン「ROG Strix SCAR II」シリーズから「ROG STRIX GL504GS SCAR ? GL504GS-I7G1070」と「ROG STRIX GL504GM SCAR ? GL504GM-I7S512」の2モデルを発売。ボディーカラーは、ガンメタル。

ROG Strix SCAR Editionの後継モデル

NVIDIA GeForce GTX 1060および1070グラフィックスは、 臨場感あふれるバトルフィールドを、リアルに、スムーズに再現。

よりパワフルで、FPSゲームなどのeSportsを楽しめるシリーズ。応答速度(GTG)3ms、リフレッシュレート144Hzの超狭額ベゼルディスプレイ。最新のIntel Core iプロセッサーに、大容量で高速のメモリ&ストレージ、高性能グラフィックスを搭載する。

ディスプレーは、15.6型(1920×1080ドット)のフル HDD ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、
ROG STRIX GL504GM SCAR ? GL504GM-I7S512が512GB SSD
ROG STRIX GL504GS SCAR ? GL504GS-I7G10701TB HDD+256 GB SSD
光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、
ROG STRIX GL504GM SCAR ? GL504GM-I7S512が3.7 時間
ROG STRIX GL504GS SCAR ? GL504GS-I7G1070が3.2 時間
本体サイズ、幅 361 × 奥行 262 × 高さ 26.1 mm、重さ、2.5 kg。1

インターフェイス、
外部ディスプレイ出力:HDMI×1、Mini DisplayPort×1
USBポート:USB3.1 (Type-C/Gen2) ×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×1、USB3.0×2
カードリーダー:SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

ASUS ROG G703GX G703GX-I9KR2080.jpg

ASUS、17.3型 GeForce RTX 2080と3台のNVMe SSDをRAID 0構成「ROG G703GX」(2019年3月発売)以下引用

ASUSは、2019年3月、最新グラフィックス機能GeForce RTX 2080を搭載するモンスタースペックの17.3型ゲーミングノートPC「ROG」シリーズ「G703GX G703GX-I9KR2080」を発売。ボディーカラーは、チタン。

最新グラフィックス機能GeForce RTX 2080を搭載するモンスタースペック

3基のNVMe PCIe 3.0 x4 SSDを組み合わせるRAID 0を採用。通常のPCI Express 3.0 x4接続のSSDと比較して圧倒的なスピードを実現する超高速ストレージを搭載。一瞬でゲームの読み込みが完了。
ASUS ROG G703GX G703GX-I9KR2080 スペック

現時点でトップクラスのGPU性能を持つ、最新のNVIDIA GeForce RTX 2080 グラフィックス機能を搭載し、ゲーミングノートPCとしてもトップクラスの性能を実現。
CPUには、最高4.8GHzで動作する「Core i9-8950HK」を搭載。独自のオーバークロック設定で、通常は1コアしか最高クロックの4.8GHzで動作できないところを、6コアすべて同時に最高4.8GHzで動作するように構成されている。
3台のNVMe SSDをRAID 0構成で搭載することで圧倒的なストレージ速度を実現。512 GBのNVMe SSD×3台をRAID 0構成で並列使用に1TBのハイブリッドHDDも搭載し、計、2.5 TBものストレージ容量となる。

ディスプレーは、LEDバックライト付の17.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド ノングレア 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Pro」、めもりー、64 GB、1TB HDD+ストレージ、512×3 SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」、バッテリー駆動時間、3.9 時間、本体サイズ、幅 425 × 奥行 319 × 高さ 47.5?51 mm、重さ、4.7 kg。

インターフェイス
HDMI×1、Mini DisplayPort×1
Thunderbolt 3 (Type-C) ×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×3
SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
ヘッドホン出力×1、マイク入力×1