Lenovo ThinkPad E480.jpg

薄型の14型ビジネスノートPC。重要なデータを守るTCG V2.0準拠のセキュリティチップ(TPM)を搭載。 Windows 10 Pro Bitlockerと連携してデータとパスワードを暗号化、高度なセキュリティを実現。

レノボ、14型ビジネスノートパソコン「ThinkPad E480」スペック 以下引用

レノボは、2018年2月、14型のビジネス対応14型スタンダードノートパソコン「ThinkPad E480」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad E480

Lenovo(IBM) ThinkPad E480 スペック

狭いベゼルと薄く洗練されたデザインを採用。鮮明な映像のディスプレイによりビジネスをスタイリッシュにこなせる。パワフルなパフォーマンスのインテルCoreプロセッサー、高速にファイルにアクセスできるM.2 PCIe SSD、高速なPC4-19200 DDR4メモリ搭載。高速ワイヤレスLANのIEEE802.11ac/a/b/g/nでネットに接続、USB3.1 Type-C (Video-out 機能付き)、USB 3.0(Powered USB)、HDMIなどの豊富なポートを備える。

ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-7200U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620)」、本体サイズ、329.3 × 奥行 242 × 高さ 21.9 mm、重さ、1.75 kg。

インターフェイスは、USB3.1×2 (Video-out機能付き)、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1、ドッキングコネクター×1 (USB Type Cx2と兼用)。

LUV MACHINES iH700BN.jpg

チップセットに「Intel B360」を搭載し、第8世代インテルCore iプロセッサーに対応することで、最大6コアのCPUを搭載することが可能。BTO対応。通常の使い方であればCore i3搭載モデルでも十分。

マウスコンピューター、第8世代インテルCoreを搭載したデスクトップパソコン「LUV MACHINES iH700BN」スペック 以下引用

マウスコンピューターは、2018年4月、ミニタワー型のデスクトップパソコン「LUV MACHINES」シリーズから「iH700BN」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

マウスコンピューター LUV MACHINES iH700BN

マウスコンピューター LUV MACHINES iH700BN [Windows 10 Home] スペック

最新第8世代クアッドコアCPU採用。14nm++プロセスを導入した最新第8世代CPU。普段使いに最適!インテル Core i3-8100 プロセッサー搭載パソコン。シンプルなデザインを活かしたケース前面に USB やオーディオ入出力等のインターフェースが設けられている。

アクセスしやすい中央部に配置し、対応機器をより手軽に利用可能。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i3-8100 プロセッサー」、メモリー、4GB、ストレージ、500 GB HDD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 630」、本体サイズ、幅 170 × 奥行 403 × 高さ 360 mm、重さ、6.5 kg。

インターフェイスは、ディスプレイ×2 (DVI-I×1、DisplayPort×1)、キーボード/マウス×1 (PS/2 Mini DIN 6ピン)、USB2.0×4 (背面×2、前面×2)、USB3.1×4 (背面×4)、ネットワーク×1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))、サウンド ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(前面×1)、マイク入力 (モノラル 前面×1/背面×1)

Lenovo ThinkPad E580.png

14型の薄型モデルもいいが、やっぱりビジネスでは15.6型がメインとなる。最近は、高速無線LANも搭載するので使い勝手がいいように思う。事務所がLANケーブルでぐちゃぐちゃという光景も見なくなった。

レノボ、ビジネスの生産性を最大化する15.6型スタンダードノート「ThinkPad E580」スペック 以下引用

レノボは、2018年2月、15.6型の生産性を最大化するスタンダードノート「ThinkPad E580」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad E580

Lenovo(IBM) ThinkPad E580 20KS0062JP スペック

パワフルなパフォーマンスのインテルCoreプロセッサー、高速にファイルにアクセスできるM.2 PCIe SSD、高速なPC4-19200 DDR4メモリ搭載。高速ワイヤレスLANのIEEE802.11ac/a/b/g/nでネットに接続、USB3.1 Type-C (Video-out 機能付き)、USB 3.0(Powered USB)、HDMIなどの豊富なポートを備えているので、さまざまなデバイスに快適に接続でき、ビジネスの生産性を高める。ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド IPS ノングレア液晶。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、8.4 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620)」、本体サイズ、幅 369 × 奥行 252 × 高さ 19.95 mm、重さ、2.1 kg。

インターフェイスは、USB3.1×2 (Video-out機能付き)、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1、ドッキングコネクター×1 (USB Type Cx2と兼用)。

ASUS Cerberus Fortus.jpg

高DPIはより高速な応答をもたらしますが、同時にドリフトや制御不能を引き起こすことがある。従来の方法では、マウスに重りを装着してこの問題を解決するが、重量が均一に分散されないため、マウスのバランスが悪いように感じられることがある。Cerberus Fortusは、重量を均一に分散してスムーズな動きと無類の精度を実現するマグネシウム合金ベースで、この問題を回避。また、マグネシウム合金ベースは耐久性も高めるため、マウスの耐久性に不安を持たずにゲームを楽しめる。

ASUS、カスタマイズ可能なマルチカラーRGBを備えたケルベロスシリーズのゲーミングマウス「Cerberus Fortus」スペック 以下引用

ASUSは、2018年2月、カスタマイズ可能なマルチカラーRGBを備えたケルベロスシリーズのゲーミングマウス「Cerberus Fortus」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

ASUS ゲーミングマウス Cerberus Fortus

ASUS Cerberus Fortus スペック
イルミネーションやDPIの設定をCerberus Fortusのオンボードメモリに保存して、どのPCでも使用することができきる。マウスを差し込むだけで、すぐに使用可能。ソフトウェアの調整は不要。
性能と耐久性のバランスに優れたマグネシウム合金ベースを採用。感度が高く、最大5000万回のクリックに耐える高品質なオムロン製スイッチを搭載。しっかりとしたホールド感と高い耐久性を実現するサイドグリップのテクスチャー。特殊な編みタイプのケーブルで摩擦を低減し、ゲーム中の操作がよりスムーズに。
本体サイズ、幅 69 × 奥行 125 × 高さ 40 mm、重さ、114 g。ケーブル長、1.8 m。

Lenovo ThinkPad L480.jpg

レノボのThinkPad シリーズの中で目玉はやっぱり14型ノートだと思う。個人用もビジネス用もどちらも使い勝手がよさそう。基本は13.3型ボーディーに14型の液晶を搭載している。個人用のほうが軽量で薄型。ビジネス用はパフォーマンス重視になっている。

レノボ、高いコストパフォーマンスを誇る14型ビジネスPC「ThinkPad L480」スペック 以下引用

Lenovoは、2018年2月、14型の高いコストパフォーマンスを誇る14型ビジネスPC「ThinkPad L480」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad L480

Lenovo(IBM) ThinkPad L480 パフォーマンス スペック
高性能でポータビリティーに優れ、多様なニーズに対応でき、あらゆる場所で生産性を高めるモデル。IRカメラや指紋センサーを選択するとセキュリティが向上して、IT部門のスタッフにとっても安心して導入できる。従来のモデルよりも軽量で薄くなり、どこにでも簡単に持ち出すことができる。
最新の第8世代インテル Core プロセッサーを選択可能、先進のセキュリティと管理性を実現するインテル vPro テクノロジーやAMD Radeon グラフィックスも選択可能。

ウェブ向けのパフォーマンスモデルは、ディスプレーは、LED バックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイドIPS 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、バッテリー 駆動時間、11.8 時間、本体サイズ、幅 335 × 奥行 235 × 高さ 22 mm、重さ、1.68 kg。

インターフェイスは、USB 3.0 x 1、Powered USB 3.0 x 1、USB Type-C x 2(DC-in、Video-out機能付き)、HDMI x 1、RJ-45 x 1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、ドッキングコネクター x 1 (USB Type C x 2と兼用)。

STYLE-M0B3-R5G-VHS.jpg

「Ryzen 5」は、これまでのAMDアーキテクチャから更に進化した「ZEN」アーキテクチャを搭載し、今までにない高性能かつ高効率化を実現。 オフィスでの資料作成やデータ処理を快適にこなすのはもちろん、ゲーム用途など高い演算処理能力を必要とするシーンにおいても優れた性能を発揮。 最新のグラフィックス「Radeon Vega Graphics」を内蔵するRyzen 5は、他のオンボードグラフィックスを圧倒する優れたGPU性能との組み合わせにより、より高速でパワフルなパフォーマンスを発揮。

iiyama、AMD Ryzen 5搭載のミニタワー「STYLE-M0B3-R5G-VHS」スペック 以下引用

パソコン工房は、2018年4月、iiyama PC ブランドのミニタワーのデスクトップパソコン「STYLE∞ M」シリーズから「STYLE-M0B3-R5G-VHS」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

iiyama PC STYLE-M0B3-R5G-VHS

パソコン工房 iiyama PC STYLE∞ M STYLE-M0B3-R5G-VHS スペック
ミニタワーケースでありながら、ゆとりある内部マージンを持ち併せているので、様々なカスタムにも対応する。
「ZEN」アーキテクチャーを採用した、AMD製デスクトップ向けプロセッサー「Ryzen 5 2400G」は、最新のグラフィックス「Radeon Vega Graphics」を搭載し、他のオンボードグラフィックスを圧倒するGPU性能を発揮。マルチスレッド性能とオンボードグラフィックス性能に優れ、高いコストパフォーマンスを発揮するミドルクラス向けCPU。

OS「Windows 10 Home」、CPU「AMD Ryzen 5 2400G」、メモリー、4 GB、ストレージ、240 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「Radeon Vega 11 Graphics」、本体サイズ、幅 173 × 奥行 400 × 高さ 360 mm。

外部、インターフェイス、PS/2コネクタ×2(キーボード×1/マウス×1) 、アナログ2ch(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1) 、USB 3.1×2(背面×2) 、USB 3.0×6(前面×2/背面×4) 、1000BASE-T LANポート×1 、ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/DVI-D×1/HDMI×1)。
内部、インターフェイス、M.2×1(Key ID:M/Type:2242/2260/2280/22110対応) 、SATA 6Gbps×6 、内部USB 3.0(×2ポート分/20Pin×1) 、内部USB 2.0(×4ポート分/10Pin×2)。

Lenovo ThinkPad L580.jpg

公式サイト(直販サイト)の情報からだけだと「ThinkPad T580」との違いがちょっとわかりにくい。こちらの方が重い。

レノボ、多様なニーズに対応する15.6型ビジネスノートPC「ThinkPad L580」スペック 以下引用

レノボは、2018年2月、15.6型の充実の機能を備えた15.6型ビジネスノートPC「ThinkPad L580」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad L580

Lenovo(IBM) ThinkPad L580 20LW0013JP スペック

最新の第8世代インテル Core プロセッサーを選択可能、先進のセキュリティと管理性を実現するインテル vPro? テクノロジーやAMD Radeon グラフィックスも選択可能。周辺機能、インターネットとの接続も簡単。USB Type-C、USB 3.0、HDMI などの拡張 I/O ポートを備えているため、さまざまな周辺機器を簡単に接続可能。
高速な11acワイヤレスLAN と BluetoothR 4.1 の機能により、簡単にワイヤレスのネットワーク接続が利用可能。LTEも搭載する。

ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド非光沢液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Core i5-8350U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 376.5 × 奥行 254.5 × 高さ 22.95 mm、重さ、2.0 kg。
インターフェイスは、USB3.1×2 (Video-out機能付き)、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1、ドッキングコネクター×1 (USB Type Cx2と兼用)。

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S.jpg

レインボーシックス シージをこれから始める方、家庭用ゲーム機から移行する方にオススメのエントリーモデル。

マウスコンピューター、G-Tune、「レインボーシックス」が付属のゲーミングパソコン「NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S」スペック 以下引用

は、2018年4月、ゲーミング専用ブランド「G-Tune」より「レインボーシックス シージ アドバンスエディション パソコン版」が標準で付属したゲーミングパソコン「NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S

マウスコンピューター NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S スペック

「レインボーシックス シージ アドバンスエディション パソコン版」が標準で付属。対テロ攻撃部隊「レインボー」の活躍を描くFPSシリーズ『レインボーシックス』。世界での累計販売本数は2700万本に達し、根強いファンも多い本シリーズの7年振りとなる最新作「シージ」。「NEXTGEAR-MICRO」シリーズのエントリーモデル。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-7400 プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB HDD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「GeForce GTX 1060」、本体サイズ、幅 196 × 奥行 430 × 高さ 417 mm、重さ、9.5 kg。

インターフェイスは、ディスプレイ×4 (DVI-D×1、DisplayPort×3) (DVI-HDMI変換コネクタ付属)、USB2.0×4 (背面×2、前面×2)、USB3.0×3 (背面×2、前面×1)、イーサネット×1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))、サウンド、ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(前面×1)、マイク入力 (モノラル 前面×1/背面×1)、キーボード、マウス×2 (PS/2 Mini DIN 6ピン)。

Lenovo ThinkPad T580.jpg

今回の2018年2月発売のThinkPadは全14モデル。13型、13.3型、14型が多い中、メインPCとなる15.6型のビジネス向けモデル。LTEも搭載。ディスプレーも3840×2160ドットと高解像度。BTOに対応しているので不要な機能は非搭載に設定可能。15.6型になると軽量化というコストが不要になるので機能性重視でOK。

レノボ、15.6型 利用ビジネス専用ノートPC「ThinkPad T580」スペック 以下引用

レノボは、2018年2月、15.6型のビジネス向けノートパソコン「ThinkPad T580」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad T580

Lenovo(IBM) ThinkPad T580 20L90027JP スペック

パフォーマンスを追求した大画面ビジネスノート。指紋認証によるログインや、Webカメラを隠すことのできる開閉可能なカバー、ThinkShutter も搭載。また、LTEを選択すれば、WiFiの無い環境でもインターネットへの接続が可能。
さらに、長時間バッテリ駆動により外出先でも安心して使用できる。最新の第8世代インテル Core プロセッサーを選択可能。従来のプロセッサーと比べ、パフォーマンスが高く、処理速度も向上。

20L90027JPの構成、ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(3840×2160ドット)のUltra HD IPS 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Core i5-8350U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce MX150」、本体サイズ、幅 365.8 × 奥行 252.8 × 高さ 19.95?20.2 mm、重さ、1.97 kg。

インターフェイスは、USB3.1×2 (Video-out機能付き(内、Thunderbolt3x1)、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1
、イーサネット・コネクター(RJ-45)×1。

keian KBM101K-NB.jpg

着脱式のキーボードを付属した2in1Windowsタブレット。Android タブレット同様にかなり安い。

恵安、専用キーボードが標準付属する付属の10.1型Windows タブレット「KBM101K-NB」スペック 以下引用

恵安は、2018年3月、着脱式のキーボードを付属した2in1Windowsタブレット「KBM101K-NB」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

恵安 KBM101K-NB

恵安 KBM101K-NB スペック

キーボード着脱式の 2in1 タイプとなっており、 タブレットだけ取り外して持ち運んでも、ノートパソコンのような使い方をしたいときはキーボードとセットで持ち歩いてもOK。用途に合わせた使い方が可能。
また、キーボードにはUSBポートが1基搭載されているので、マウスやUSBメモリを接続してより便利に使うことができる。

ディスプレーは、10.1型(1280×800ドット) IPS 液晶。タッチ対応。10点 マルチタッチ対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル ATOM x5-Z8350」、メモリー、2GB、ストレージ、32GB、バッテリー駆動時間、8時間、グラフィック「インテル HD Graphics 400」、本体サイズ、幅 252 × 奥行 166 × 高さ 9.8 mm、重さ、タブレット単体:546 g。キーボード、530 g。

インターフェイスは、
Micro USB 2.0 x1
Micro HDMIx1
Micro SD スロット x1 (最大64GBまで)
3.5mm オーディオジャック x 1
USB2.0 x 1 (キーボード)