iiyama PCの2020年3月発売のディープラーニング環境構築向けパソコンの3モデルに関するプレスリリース。

iiyama SENSE∞.jpg

パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコム(代表取締役:端田泰三、本社:大阪市浪速区)は、「iiyama PC」ブランド「SENSE∞(センスインフィニティ)」より、ディープラーニング環境構築向けパソコンの販売を開始いたしました。

■ ディープラーニングとはディープラーニング(Deep Learning、深層学習)は、人工知能(AI)を効率的に学習させる、機械学習の手法のひとつです。音声認識や画像認識、画像生成、自然言語処理等、さまざまな用途で活発に使われていますが、ディープラーニングの学習および推論を行うためには非常に膨大な計算処理が必要な為、コンピュータのハードウェアスペックが要求されます。パソコン工房ではLinuxでの動作確認を予め行い、ローカル環境でディープラーニング環境を構築してプログラミング学習や動作確認を行う事が出来るパソコンを作成しました。

■Ubuntuの動作確認、ソフトウェアライブラリのGPU上での動作確認済みディープラーニング環境構築向けパソコンでは、ディープラーニング環境を構築する上でポピュラーなUbuntuのインストール(※1※2)を確認、搭載マザーボードとGPUの組み合わせでOSがGPUを認識し、ディープラーニング用ライブラリがGPU上で動作する事を確認しております。

デスクトップパソコン(iiyama)イイヤマ パソコン工房

パソコン工房のiiyama PCブランドのゲーミング専用PC「LEVEL∞ R」シリーズのタワー型モデル「LEVEL-R040-i5K-DVS」「LEVEL-R0X5-R73X-DVK」の2モデルについてのプレスリリース。

Radeon RX 5500 XT搭載ミドルタワーゲーミングPC.jpg

パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコム(代表取締役:端田 泰三、本社:大阪市浪速区)は、「iiyama PC」ブランドより、AMD Radeon RX 5500 XTを搭載したBTOパソコンを販売開始いたしました。

■ AMD Radeon RX 5500 XTについて

AMD Radeon RX 5500 XTは『NAVI』コアを搭載する、フルHD解像度ゲーミング向けのグラフィックスカードです。「RDNAアーキテクチャ」を採用、7nmプロセスで製造、最大224Gbpsの高帯域幅が可能となるGDDR6メモリーを搭載、PCI Express 3.0の2倍の帯域幅であるPCI Express 4.0をサポートしています。  Radeon RX 5500 XTは、AAAタイトルでは最大60fps、eSports向けタイトルでは最大90fpsという、より高い水準でフルHDゲーミング体験を実現します。

デスクトップパソコン(iiyama)イイヤマ パソコン工房

Acerの2019年8月発売17.3型のゲーミング専用PC「Nitro 5」シリーズに関するプレスリリース

https://acerjapan.com/news/2019/557392

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、ゲーミングブランドPredator(プレデター)シリーズより、究極の冷却機能を備えたPredator Triton(トリトン) 500「PT515-51-A76Y8」、「PT515-51-A76Y7」、Predator Helios(ヘリオス) 300「PH315-52-A76Y6T」、「PH315-52-A78U6T」と、Nitro(ニトロ)シリーズより、ゲーミングをカジュアルに楽しめるNitro 5「AN517-51-A76UG6T」、「AN517-51-A76QG6」、「AN517-51-A58U5」、「AN515-54-A76UG6T」、「AN515-54-A76QG6」、「AN515-54-A58G5」を8月22日(木)より順次、販売いたします。

ノートパソコン Acer(エイサー)

エイスースの2020年2月発売のWindows 10 Pro搭載のスティックPC「VivoStick TS10」シリーズに関するプレスリリース。

https://www.asus.com/jp/News/opjiuvxkm5sev9cl

ASUS VivoStick TS10.jpg

ASUS JAPAN株式会社はHDMI端子に挿して使用するスティックタイプPC「VivoStick PC (TS10)」、Windows 10 Pro搭載の最新2モデル(TS10-B174D、TS10-B052D)を発表しました。2月21日(金)より販売を開始する予定です。

ASUSのデスクトップパソコン

エイサーの2019年8月発売のゲーミングブランドPredator(プレデター)シリーズの、究極の冷却機能を備えたPredator Triton(トリトン) 500「PT515-51-A76Y8」、「PT515-51-A76Y7」、Predator Helios(ヘリオス) 300「PH315-52-A76Y6T」、「PH315-52-A78U6T」に関するプレスリリース。

https://acerjapan.com/news/2019/557392

Acer press.jpg

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、ゲーミングブランドPredator(プレデター)シリーズより、究極の冷却機能を備えたPredator Triton(トリトン) 500「PT515-51-A76Y8」、「PT515-51-A76Y7」、Predator Helios(ヘリオス) 300「PH315-52-A76Y6T」、「PH315-52-A78U6T」と、Nitro(ニトロ)シリーズより、ゲーミングをカジュアルに楽しめるNitro 5「AN517-51-A76UG6T」、「AN517-51-A76QG6」、「AN517-51-A58U5」、「AN515-54-A76UG6T」、「AN515-54-A76QG6」、「AN515-54-A58G5」を8月22日(木)より順次、販売いたします。

ノートパソコン Acer(エイサー)

エイスースの2020年2月発売の左右対称デザインのゲーミングマウス「ROG STRIX IMPACT II P506」に関するプレスリリース。

ASUS ROG STRIX IMPACT II (P506).jpg

製品名 : ROG Strix Impact II センサー方式 : 光学式センサー 解像度 : 最高6,200 dpi インターフェース : USB 2.0 サイズ : 120mm×62.5mm×39.5mm 質量 : 79g(ケーブルを除く) 価格 : オープン価格 予定発売日 : 2020年2月28日(金)

誰にでも使いやすい左右対称デザイン 右利きにも左利きにも対応する左右対称デザインを採用し、手の大きさや形に左右されない絶妙な握りやすさを実現しました。手の小さな人から大きな人まで、誰にでも使いやすい形状となっています。

マウス ASUS(エイスース)

エイサーの2019年9月発売の11.6型ノートPC「Aspire 1」シリーズに関するプレスリリース。

https://acerjapan.com/news/2019/557393

Acer Aspire 1.jpg

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、スタイリッシュなベーシックモデルのAspireシリーズより、超高速パフォーマンスとセキュリティに特化したWindows 10(Sモード)を搭載し、「はじめてのPC」としてはもちろん、「サブマシン」としても最適な11.6型ノートPC「A111-31-A14P/F」、「A111-31-A14P」を9月6日(金)より販売いたします。

ノートパソコン Acer(エイサー)

Acerの2020年2月発売のゲーミング専用の省スペースデスクトップパソコン「Predator Orion 3000」に関するプレスリリース

https://acerjapan.com/news/2020/659505

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、ゲーミングノートPCのPredator Triton 500、Predator Helios 300、Nitro 5、ゲーミングデスクトップPCのPredator Orion 3000、ゲーミングモニターのNitro XV0、計5シリーズより9製品を2月13日(木)より販売いたします。プレイスタイルや設置環境に合わせ、お好みのゲーム環境を構築できます。

ゲーミングデスクトップPC「Predator Orion 3000」

・Predator Designの堅牢ボディにNVIDIA® GeForce RTX™搭載。4Kモニターへ出力可能。

戦局をサポートする冷却システム搭載。

デスクトップパソコン Acer(エイサー)

Predator Orion 3000 1.png

マウスコンピューターの2019年8月発売の15.6型ノートPC「m-Book K700」シリーズに関するプレスリリース。

https://www.mouse-jp.co.jp/company/news/2019/news_20190821_01.html

mouse m-Book K700 banner.jpg

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下マウスコンピューター)は、最新の第 9 世代 CPU と専用グラフィックスを採用し、パフォーマンスを向上した 15.6型ノートパソコン「m-Book K700シリーズ」を 8月 21日(水)より発売いたします。 当社従来製品 ※1 から、CPUを最新の「第 9 世代インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー」に強化することで、CPU 性能が約 18% アップ ※2、さらにグラフィックスも「GeForce® MX250」に強化することで、グラフィックス性能も約 6% アップ ※3 しています。 液晶パネルには、広い視野角が特長の「IPS パネル」を採用しており、あらゆる角度から視認性が高く、変化の少ない画面表示を実現しています。 さらに、ベゼル部分の幅を抑えて目立ちにくい「ナローベゼル」を新しく採用し、高精細な映像表示が、すっきり見やすいデザインとしました。 モデルの一例として、インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー、8GBメモリ、256GB SATA SSD 搭載のエントリーモデル「m-Book K700BN-M2S2」は 9万 9800円(税別)、同じくインテル® Core™ i7-9750H プロセッサーと、16GBメモリ、256GB NVMe SSD & 1TB ハードディスクを搭載する上位モデル「m-Book K700SN-M2SH2」は 11万 9800円(税別)より、各種ラインアップをそろえております。 各モデルは、マウスコンピューター WEB サイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、および法人営業窓口にて販売を開始します。

ノートパソコン mouse(マウスコンピューター)

ASUSの2019年8月発売の15.6型ノートPC「ASUS ZenBook」シリーズの新モデル「ZenBook Pro Duo UX581GV」シリーズに関するプレスリリース。

https://www.asus.com/jp/Laptops/ZenBook-Pro-Duo-UX581GV/Tech-Specs/

ZenBook Pro Duo 3.jpg

ASUS JAPAN株式会社は、タッチ液晶を使用した世界初の革新的なインターフェースである「ScreenPad™」を搭載した、次世代のノートPCシリーズとなる「ASUS ZenBookシリーズ」3製品6モデルを発表いたしました。 ScreenPad™は、ノートPCのメインディスプレイとは別に搭載するタッチ液晶ディスプレイ上、タッチ操作でアプリを起動したり、対応アプリで音楽再生を行ったり、手書き入力用の入力デバイスとして使用したりなど、さまざまな使い方ができる多機能インターフェースです。ScreenPad™を搭載するノートPCは、従来のノートPCと比べてより効率良くより簡単に多くの作業や操作を行うことができます。 15.6型の有機ELディスプレイを搭載する「ASUS ZenBook Pro Duo UX581GV」は、セカンドディスプレイに14型サイズの「ScreenPad Plus」を搭載したノートPCです。ScreenPad Plusは、その大きな画面サイズを生かして、サブディスプレイのように使用したり、付属のスタイラスペン「ASUS Pen」を使って液晶ペンタブレットのようにも使用したりすることができます。スペックの違いで2モデルを用意しており、どちらも8月23日(金)より販売を開始する予定です。

ノートパソコン ASUS(エイスース)