レノボの2019年8月発売のデスクトップパソコンにも負けないスペックの「ThinkPad P73」に関するプレスリリース。

https://www.lenovo.com/jp/ja/news/article/2019-08-20

ThinkPad P73 1.gif

レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、17.3型大画面モバイルワークステーション「ThinkPad P73」を発表しました。 ThinkPad P73は、デスクトップワークステーションと変わらないレベルの高いパフォーマンスを備えた17.3型モデルです。CPUにはインテル® Xeon® プロセッサーやインテル® Core™ i9 プロセッサー、グラフィックスにはNVIDIA® Quadro® RTX 5000を選択できます。解析やシミュレーション、レンダリング、映像編集、さらにVRやAIなどの高負荷作業が場所を選ばずに行えます。また、17.3インチパネルの高い視認性により医療現場や各種システム制御モニター、公共分野などでも活躍します。

ノートパソコン Lenovo(レノボ)

マイクロソフトの2020年2月発売の有線マウスMicrosoft エルゴノミック マウス RJG-00008に関するプレスリリース。

https://blogs.windows.com/japan/2020/01/16/microsoft-bluetooth-mouse-microsoft-ergonomic-mouse-microsoft-bluetooth-keyboard/

Microsoft エルゴノミック マウス 2.png

「Microsoft エルゴノミック マウス」は高い耐久性と本体約75gの軽量設計により、一日中使いやすいデザインを実現しました。快適な操作性と正確なトラッキングを備え、有線接続により確かなスピードを体感いただけます。サイドにはカスタマイズ可能な2つのボタンが搭載され、生産性を高めることが出来ます。

マウス Microsoft(マイクロソフト)

eX.computer、の14型フルHDノートパソコン「N1421K-500/T」「N1421K-720/T」に関するプレスリリース

eX.computer N1421K.jpg

https://kaisya.tsukumo.co.jp/static/release/190719_n.html

TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売する株式会社Project White(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:後藤賢志)は、独自に展開するBTOパソコン「eX.computer」において、超狭額ベゼル14インチフルHD液晶を採用した薄型軽量ノートパソコンの新モデルを7月19日(金)より発売いたします。

今回発売するモデルはスタイリッシュなアルミ合金筐体を採用し、携帯性はもちろん高速なNVMe接続のSSDを標準搭載するなど、使いやすさや性能も重視したモバイルノートです。

ノートパソコン TSUKUMO(ツクモ)

Surface Pro X 本日 1 月 7 日 (火) より予約受付を開始

マイクロソフトの2020年1月発売の13型のLTE対応の「Surface Pro X」に関するプレスリリース。

Surface Pro X LTE.jpg

https://blogs.windows.com/japan/2020/01/07/surface-pro-x-starts-accepting-reservations/

本マイクロソフト株式会社は、ARM アーキテクチャを採用し、超高速ギガビット LTE 機能による常時接続性 (Always Connected) を実現する Surface Pro X および対応アクセサリを本日 2020 年 1 月 7 日 (火) より予約受付を開始し、2020 年 1 月 14 日 (火) より発売を開始します。 Surface Pro X は、これからのデバイスの未来を定義する完全に新しい 2 in 1 デバイスです。ARM アーキテクチャを基盤とする Microsoft® SQ1™ SoC を採用することで省電力性と高いパフォーマンス、超高速ギガビット LTE 通信機能 *をバランスよく搭載し、Surface 史上最薄となる 7.3? の薄型と、エッジ トゥ エッジの 13 インチの大きな画面を実現しました。また、ペンの新たなイノベーションとして、別売の「Surface Pro X Signature キーボード」を利用時にはペンの格納とワイヤレス充電に対応します。これにより、ペンの紛失や、電池切れを気にすることなく必要なときにペンを活用して直感的にアイディアを形にすることができます。

タブレットPC Microsoft(マイクロソフト)

「Lenovo Yoga C630」販売開始のお知らせ

レノボの2019年4月発売の13.3型のマルチモードモバイル「 Yoga C630」に関するプレスリリース。

https://www.lenovo.com/jp/ja/news/article/2019-04-16

Yoga C630 new.jpg


レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は、Yogaシリーズの13.3型マルチモードモバイルモデル「Lenovo Yoga C630」を4月19日(金)より販売を開始しますのでお知らせいたします。



Lenovo Yoga C630について
Lenovo Yoga C630は、薄さ約12.5mm、質量約1.25kgの薄型軽量ボディーにWindows 10 Home(Sモード)、Qualcomm® Snapdragon 850を搭載した13.3型マルチモードモバイルPCです。スマートフォン向けで消費電力の小さいプロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 850の採用により、最大約18.6時間の長時間バッテリー駆動を実現。長時間充電なしで作業が行えます。さらに標準でLTEをサポートし、いつでもどこでもネットワークにつながるAlways Connected PCsです。



【Lenovo Yoga C630:主な仕様】
OS:Windows 10 Home(Sモード) 64bit(日本語版)
プロセッサー:Qualcomm® Snapdragon™ 850 Mobile Compute Platform
メモリー:4GB
ストレージ:128GB UFS
ディスプレイ:LEDバックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、1,677万色以上) 、マルチタッチ対応(10点)
無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n, Bluetooth 4.2
通信方式:
3G WCDMA  1,2,4,5,8
4G FDD-LTE  1,2,3,4,5,7,8,12,13,14,17,18,19,20,25,26,28,29,30,32,66,42,43,46,48
4G TDD-LTE  38,39,40,41
インターフェース: USB 3.0 Type-C Power Delivery×2(うち1はDisplay Port出力機能付き)、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、SIMカードスロット
バッテリー駆動時間:最大約18.6時間 ※
本体寸法:約306.8×216.4×12.5mm(最薄部)
本体質量:約1.25kg

販売価格:144,800円(税別)より
発売日:4月19日(金)

ノートパソコン Lenovo(レノボ)

BLUEDOT、10.1型 550gのAndroid タブレット「BNT-1013W」

BNT-1013W.jpg

BLUEDOTから発売の10.1型のAndroidタブレット。普及版タブレット。2台目とかに是非ほしい機種。ストレージも従来モデルの16GBから32GBにスペックアップ。価格は低価格化がすすみ、スペックはどんどんよくなっている。いつが買い時なのかわからなくなる。このサイズだと片手の操作はちょっと厳しいが(とはいっても515gなので可能ではある重さ)使い勝手はよさそう。

BLUEDOT、10.1型 550gのAndroid タブレット「BNT-1013W」 以下引用

背面にはアルミを採用。基本ソフト(OS)にAndroid 9 Pieを採用。 1.5GHzのクアッドコアCPUと3GB ストレージとの組み合わせによりスムーズな操作を実現。ROMは前機種の16GBから32GBに増やし、液晶パネルもWUXGA(1920×1200画素)に向上。どの角度から見ても映像がきれいなIPS方式。ストレージは32GB。microSDカードスロットも装備。前機種の前面30万画素/背面200万画素からカメラの性能を強化。 ディスプレーは、10.1型(1920×1200ドット)WUXGA IPS液晶。タッチ対応。OS「Android 9.0」、メモリー、3GB、ストレージ、32GB、本体サイズ、幅241.3×奥行8.9×高さ171.7 mm、重さ、515g。光学ドライブ、別売り、インターフェイス、microUSB端子×1(充電/OTG対応)、その他端子:microSDカードスロット×1、HDMI micro(Type-D)端子×1、ヘッドホン端子×1。
ドスパラの大人気スタイリッシュノートパソコン『Altair VH-AD3S』のCPUアップグレード版のプレスリリース。
株式会社サードウェーブ(代表取締役社長 尾崎健介 東京都千代田区)は、2019年7月11日(木)より、全国のドスパラ店舗およびドスパラ通販サイトにて、大人気スタイリッシュノートパソコン『Altair VH-AD3S』のCPUアップグレード版を販売開始しました。  低価格、かつ持ち運びに適した大人気の『Altair VH-AD3S』がCPUをアップグレードし再登場。これまでのモデルと比較しCPUのコア数が2コアから4コアに倍増することで、より快適な動作を実現しました。是非この機会に最新のスタイリッシュノートパソコン『Altair VH-AD3S』をお求めください。
https://www.dospara.co.jp/5press/share_info.php?id=1593

FMV LIFEBOOK MH75.png

富士通の2019年夏モデルでリリースされた13.3型のコンバーチブルPC。2in1タイプでタブレットのようにもモバイルPCとしても使えるのがメリット。ヒンジ部分も富士通ならではの緻密なつくりで安心。

富士通、13.3型 モバイルPC「LIFEBOOK MHシリーズ」(2019年夏モデル) 以下引用

富士通は、2019年7月、13.3型モバイルコンバーチブルノートパソコン「LIFEBOOK MHシリーズ」を発売。Core i5搭載の上位スペックモデル「FMVM75D2L」とCeleron Dual-Core搭載の下位スペックモデル「FMVM35D2W」を発売。

高輝度・広視野角のIGZO 液晶

上位モデル「MH75/D2」は通常のパソコンとしてはもちろん、画面を折り返して机に立てて置けるテントモードや、タブレットモードとしても利用可能。リビングやキッチンなど家の中のどこでも持ち歩いて使用も可能。

上位スペック(MH75/D2)と下位スペック(MH35/D2)モデルのスペック比較

液晶サイズ、OS、ストレージ種別、ストレージ容量、本体サイズは、同一。

シリーズ FMV LIFEBOOK MH
品番 FMV LIFEBOOK MH75/D2 FMVM75D2L
[ブライトメタリックブルー]
FMV LIFEBOOK MH35/D2 FMVM35D2W
[プレミアムホワイト]
OS Windows 10 Home 64ビット
液晶 13.3型ワイド LEDバックライト付
高輝度・高色純度・広視野角TFTカラーLCD
(ノングレア IGZO液晶)
CPU インテル
Core i5-8200Y
プロセッサー
インテル
Celeron 3965Y
プロセッサー
メモリー 8GB
[オンボード/交換不可]
4GB
[オンボード/交換不可]
ストレージ 約256GB SSD
(PCIe)
無線 IEEE802.11a/b/g/n/ac (MU-MIMO対応)
Bluetooth 4.2
カメラ HD Webカメラ内蔵 (有効画素数約92万画素)
インターフェイス USB3.1(Gen2) Type-C (左側面×1)
USB3.0 Type-A (左側面×1)
USB2.0 Type-A (右側面×1)
HDMI出力端子×1
マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子
(φ3.5mmステレオ・ミニジャック)
バッテリー 13.8時間 10時間
光学ドライブ 別売り
GPU インテル UHD Graphics 615(CPUに内蔵)
サイズ 311.4(幅) × 215.5(奥行) × 19.5(高さ)mm ※突起部含まず
重さ 1.24kg 1.09kg

富士通の2019年夏モデルでリリースされた17.3型のノートパソコンシリーズ。NECでも17.3型モデルをラインアップしているので17.3型モデルの需要アップなのだろうか?

LIFEBOOK NH.png

富士通、17.3型 パソコン家族でシェアする大画面ノート「FMV LIFEBOOK NH」シリーズ2019年夏モデル 以下引用

富士通は、2019年7月、個人向けノートパソコンFMV「LIFEBOOKシリーズ」より、大画面17.3型ノートパソコン「NHシリーズ」を発売。Core i7搭載の上位スペックモデル、Core i3搭載の下位スペックモデルをラインアップする。高性能と高いデザイン性を備え、家族全員がリビングで利用するのに最適な17.3型ノートパソコン。HDMI入力端子を搭載し、ゲーム機やスマートフォンなどと接続しセカンド・ディスプレイとして利用可能。 低音域の出力を強化したオンキヨー社製BOXスピーカーと音響補正アプリケーション『Dirac Audio』の組み合わせで、より臨場感のあるサウンドを楽しめる。

PC-NS300NAR [カームレッド].png

NECのLAVIE Note Standard シリーズの2019年春モデルの15.6型最下位スペックモデルの「S300/NA」シリーズ。最下位スペックといってもCore i3モデルなので通常使用であれば十分なスペック。

ひとつ上のAMD Ryzen 7搭載モデルCore i7モデルの最上位スペックモデル、17.3型モデル17.3型モデルは上位スペックと下位スペックで2種類をラインアップ。あまりPCが売れない時期にこのラインアップはNECは頑張った印象。特にWindows 7終了のタイミングで17.3型モデルを初リリースするあたり、需要を狙っての戦略だと思うが、もともとのデスクトップユーザーはやっぱりデスクトップを使い続ける気がする。まぁどうでもいい。

NEC、15.6型の2019年夏モデルの最下位スペックモデルLAVIE Note Standard 「NS300/NA」シリーズ Core i3

スリムなボディで引き出しにもすっきり収まる。ストレージにインテルOptaneメモリーを搭載。電源オンから約12.6秒で起動する高速モデル。 キーボードの印字がはがれにくい高耐久性UVコーティング塗装。 Webカメラのレンズをカバーするプライバシーシャッターを備え、誤操作により意図せずビデオチャット機能がオンになってしまった際もプライバシーを守れるセキュリティを搭載。