東芝、15.6型 スタンダードノートパソコン 下位スペックモデル「dynabook T45G」シリーズ全カラバリ&スペック(2018年夏モデル)

| コメント(0)

TOSHIBA dynabook T45.jpg

dynabook T45 シリーズの中ではCeleron Dual-Core搭載の最下位スペックモデルになる。通常使用であれば8世代のCeleron Dual-Coreはとても性能がいい。Core i7 モデル、Core i3モデルをラインアップするので希望のCPUのモデルが選べる。個人的には8世代のCore i5 モデルもラインアップしてほしかった。

東芝、15.6型 スタンダードノートパソコン 下位スペックモデル「dynabook T45G」シリーズ全カラバリ&スペック(2018年夏モデル)

東芝は、2018年4月、15.6型スタンダードノートPC「dynabook T」シリーズから下位スペックモデルの夏モデル「dynabook T45」シリーズを発売。ボディーカラーは、プレシャスブラック、リュクスホワイト、モデナレッド、サテンゴールドの4カラーをラインアップする。

東芝 dynabook T45G シリーズ

オンキヨー製2way 4speakersを搭載する。先進のCPU「第8世代インテルCoreプロセッサー」を搭載し、新たにセキュリティ性能を高める「顔認証」に対応するなど、メインマシンにふさわしい機能性、高速性、信頼性を備えた。キーボードの細部にこだわり、打ちやすさはそのままに、キートップの印字の見やすさやデザイン性を向上。アルファベットや数字をキートップセンターに配置することで視認性やデザイン性を高めた。

ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron プロセッサー 3865U」、メモリー、4 GB、ストレージ、1 TB HDD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「インテル HD グラフィックス 610(CPUに内蔵) 」、バッテリー 駆動時間、7.0 時間、本体サイズ、幅 379 × 奥行 258 × 高さ23.7 mm、重さ、2.4 kg。Office Home & Business 2016 付。

インターフェイス、マイク入力/ヘッドホン出力端子×1、USB3.0×2 、USB2.0×2 、LAN(RJ45)×1、HDMI 出力端子×1。

コメントする

この記事について

このページは、高速化が2018年6月19日 09:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「G-Tune、ゲーマーの方々の声からリニューアルしたモデル「NEXTGEAR-MICRO im610」シリーズ ラインアップ&スペック」です。

次の記事は「アイオーデータ、USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)対応 高速USBメモリ「U3-MAX2」シリーズ 全カラバリ&スペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.2.4