SCIMITAR ELITE WIRELESS レビュー デメリット

  • 投稿日:
  • by

SCIMITAR ELITE WIRELESS レビュー デメリット スペック 仕様 Corsair MMO ゲーミングマウス 100 DPI から1 DPI 刻みで調整可能なオプティカルセンサー搭載、最大解像度 26,000 DPI対応の 16 ボタンワイヤレスゲーミングマウス SCIMITAR ELITE WIRELESS CH-9314311-AP に関する情報。

SCIMITAR ELITE WIRELESS レビュー デメリット

SCIMITAR ELITE WIRELESS 2.jpg

26000 DPI に対応したワイヤレスゲーミングマウス。12 個のサイドボタンを含む合計 16 個のプログラマブルボタンを搭載。1 DPI 刻みで調整可能な独自の CORSAIR MARKSMAN センサーと、2000 Hz の高速ポーリングレートを実現する SLIPSTREAM ワイヤレステクノロジーにより、高精度かつ抜群の反応速度を提供。

先進的なインテリジェントコントロールシステム、iCUE に対応。高度なマクロプログラミング、ダイナミックな RGB イルミネーション制御、互換性のある CORSAIR ハードウェアの一括管理で同調ライティングを実現

メリット:

  • 16個のプログラマブルボタンに、マクロやアクションを割り当てることができる
  • key Slider 機能により、サイドボタンの位置を調整することができる
  • 26,000 DPI の光学センサーにより、高精度なトラッキング
  • RGBバックライトにより、カスタマイズ可能
  • 多彩な接続方法 (有線 / Bluetooth ワイヤレス )

デメリット

  • 価格は高め
  • 高機能だがソフトウェアが必要
  • すべてのゲームで16個のボタンをフル活用できるわけではない

SCIMITAR ELITE WIRELESS スペック

SCIMITAR ELITE WIRELESS 5.jpg

本体サイズ:幅 73.48 × 奥行 119 × 高さ 42.17 mm
重さ:114 g
インターフェイス:Bluetooth / USB
接続方式:有線:USB 2.0、ワイヤレス:Bluetooth / 2.4 GHz
解像度:100 ? 26000 DPI(1 DPI 刻みで調整可能)

SCIMITAR ELITE WIRELESS CH-9314311-AP

ASUS Chromebook Flip CX5 レビュー

  • 投稿日:
  • by

ASUS Chromebook Flip CX5 レビュー デメリット などの情報のまとめ。ASUS Chromebook Flip CX5 CX5601 は、多機能性と高性能を兼ね備えた最新の Chromebook で 2022 年 8 月に発売。国内では初の 大画面 16 インチ の液晶を搭載。

ASUS Chromebook Flip CX5 レビュー

ASUS Chromebook Flip CX5 4.jpg

メリット:
  • 大画面で使いやすく操作性がよい
  • 360度回転式でタブレットモードとノートパソコンの2way仕様に対応
  • バッテリーは長時間駆動 10.7時間
  • ベゼル幅を最小化しスタイリッシュで作業領域が広い
  • Chrome OSの 軽快な動作
  • 起動が超高速
デメリット:
  • クロームブックにしては割高
  • 重い モバイルとしての使用は不向き 2.15 kg
まとめ:
ASUS Chromebook Flip CX5 CX5601FBA-MC0042 は、最新の第 12 世代インテル Core プロセッサーが搭載されており、エンターテインメントからビジネス、学習用途まで幅広いニーズに応えます。映画鑑賞やゲームはもちろん、高度な作業もスムーズにこなすことができる高性能なChromebookとして、あらゆるユーザーにおすすめ。

ASUS Chromebook Flip CX5 CX5601FBA-MC0042 スペック

製品名 ASUS Chromebook Flip CX5 (CX5601)
型番 CX5601FBA-MC0042
本体カラー ミネラルグレー
OS Chrome OS
ゼロタッチ登録 対応
CPU インテル Core i3-1215Uプロセッサー
メインメモリ LPDDR4X-4266 8GB
記憶装置 SSD 128GB ( PCI Express 3.0 ×2接続 )
グラフィックス機能 インテル UHD グラフィックス (CPU内蔵)
ディスプレイ 16型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,200ドット グレア タッチパネル搭載
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax????
Bluetooth 5.2
バッテリー駆動時間 約10.7時間
サイズ(突起部除く) 幅358.2mm×奥行き261.6mm×高さ19mm
質量 約2.15kg
希望小売価格(税込) 99,800円
発売日
ラインアップ

ASUS Chromebook Flip CX5 CX5601FBA-MC0042

ASUS Chromebook Flip CX5 1.jpg

主な特徴:

  1. 大画面と柔軟性:
    • 16インチの大型タッチスクリーンディスプレイ
    • 360度回転可能で、ノートPCとタブレットの 2Way 仕様として使用可能
    • 16:10の画面比率で、より広い縦方向の作業領域を確保
  2. 高性能:
    • 第12世代インテル Core プロセッサーを搭載
    • 映画鑑賞やゲームプレイに適した性能
    • 仕事や学習にも十分な処理能力
  3. 多用途性:
    • エンターテイメント、仕事、学習など幅広い用途に対応
    • ハイエンドモデルとして、多様なユーザーニーズに応える
  4. 使いやすさ:
    • 様々な使用スタイルに対応可能
    • 文書作成やウェブブラウジングが快適

この Chromebook は、高い性能と柔軟性を求めるユーザーに適した選択肢となっており、本日より販売開始となります。

BSMBW310 レビュー デメリット

  • 投稿日:
  • by

BSMBW310 レビュー デメリット バッファローのワイヤレスマウス「BSMBW310」シリーズに関するレビュー、デメリット、ラインアップ、スペック、仕様、評価を以下に簡潔にまとめた。

BSMBW310 レビュー デメリット

bsmbw310  all color.jpg

BSMBW310 は BlueLED センサーを採用し、ガラステーブルなど通常の光学式マウスが使えない場所でも、マウスパッドなしで使用可能。USB 接続のレシーバーを使った2.4GHz 帯のワイヤレスマウスで、Windows と Mac の両方に対応。レシーバーはマウス本体に収納でき、持ち運びに便利。

メリット:

  • 安価
  • 使い勝手が良い
  • コンパクトで軽量
  • BlueLED光学センサーを搭載
  • 戻る・進むボタンを搭載
  • USBレシーバーを本体に収納可能
  • Windows Mac 両対応

デメリット:静音対応になっていないのでやや音が気になる。DPI 切り替え が非搭載。まとめ:BSMBW310 は、コストパフォーマンスに優れたワイヤレスマウスです。使い勝手も良く、コスパ重視のユーザーにおすすめ。

BSMBW310 ラインアップ

ブラック、レッド、シルバーの3カラーのバリエーションをラインアップ

BSMBW310 BSMBW310SV [シルバー]
BSMBW310SV sliver.png
BSMBW310 BSMBW310RD [レッド]
BSMBW310RD.jpg
BSMBW310 BSMBW310BK [ブラック]
BSMBW310SV black.png

Alienware R16 レビュー デメリット デルゲーミングデスクトップPC に関する情報 Alienware R16は、どんな空間にもぴったりフィットする洗練されたミニマル デザインでありながら、エアフローの効率向上により優れたパフォーマンスを発揮する。

Alienware R16 レビュー デメリット

alienware-aurora-r16.jpg

Alienware R16 は、2023年8月に発売された、バサルトブラックのコンパクトで静音性に優れたゲーミングデスクトップPCです。前モデルの Alienware Aurora R15 よりもさらに小型化され、静音性能が向上しています。最新の第14世代Core i7プロセッサーとGeForce RTXシリーズを搭載し、システム全体で静音性が平均20%向上し、CPU温度を最大10%、GPU温度を最大6%低減。
また、BTO(Build To Order)に対応しており、ユーザーが細かくカスタマイズして自分好みのスペックに仕上げることができる

Alienware R16は、高性能で最新のゲームを快適にプレイできるため、コンパクトで静音性の高いゲーミングデスクトップPCとして高い評価を得ている。

New Alienware Aurora R16

メリット:
  • コンパクト
  • 静音
  • カスタマイズ可能
デメリット:
  • 価格が高い
  • デザインが好みでない
まとめ:
Dell Alienware R16は、コンパクトで静音性に優れたゲーミングデスクトップPCを探している方におすすめ。自分の好みにカスタマイズができる、その高いパフォーマンスにより、最新のゲームも快適に楽しめる。ただし、価格は高めなので、購入前には予算の検討が必要となる。

スペック

OS:Windows 11 Home
CPU:インテル Core i7 14700F プロセッサー
メモリー:16GB
ストレージ:1TB SSD
光学ドライブ:別売り グラフィック:NVIDIA GeForce RTX 3050
インターフェイス:前面 / USB 3.2 Gen 1 × 2 USB 3.2 Gen 1ポート(PowerShareテクノロジー対応) × 1 USB 3.2 Gen 2 Type-Cポート(PowerShareテクノロジー対応) × 1 背面 / USB 3.2 Gen 2 Type-C × 1 USB 3.2 Gen 2x2 Type-C × 1 USB 2.0 Type-A × 2 USB 3.2 Gen 1 Type-A × 2 S/PDIF(同軸) × 1
無線:インテル Killer Wi-Fi 6E AX1675 802.11ax MU-MIMO Bluetooth
本体サイズ:幅 197 × 奥行 458.4 × 高さ 418 mm
重さ:15.37 kg

Alienware R16

BSMBU510M レビュー デメリット バッファロー 有線静音マウス バッファロー BSMBU510M は、静音設計の有線マウスで、5つのボタンとカーソル速度切替ボタンを備え、基本機能が充実したコストパフォーマンスの高い有線マウスです。エルゴノミクス形状で、「かぶせ持ち」「つめたて持ち」「つまみ持ち」 の3通りの握り方に対応し、長時間の使用でも疲れにくい設計となっています。

バッファロー BSMBU510M:レビューとまとめ情報

BSMBU510M 1200.jpg

概要

バッファロー BSMBU510M は、静音設計の有線マウスで、5つのボタンとカーソル速度切替ボタンを備え、基本機能が充実したコストパフォーマンスの高い製品です。エルゴノミクス形状で、「かぶせ持ち」「つめたて持ち」「つまみ持ち」 の3通りの握り方に対応し、長時間の使用でも疲れにくい設計となっています。

スペックと仕様

  • モデル名: BSMBU510M
  • メーカー: バッファロー
  • 接続: 有線(USB接続)
  • ボタン数: 5ボタン
  • カーソル速度切替: 搭載
  • カラーバリエーション: ブラック、レッド、ホワイト
  • 発売日: 2018年3月
  • サイズ:幅 76 ×奥行95 × 高さ 381 mm
  • 重さ:89 g
  • ケーブル長:1.5 m

主な特徴

  1. 静音設計:

    • クリック音を抑えた設計で、静かな環境でも気兼ねなく使用できます。
  2. 5ボタン:

    • 標準的な左右クリックに加え、サイドボタンやカーソル速度切替ボタンを搭載。効率的な操作が可能です。
  3. エルゴノミクス形状:

    • 長時間の使用でも疲れにくい設計で、3通りの持ち方に対応。あらゆるユーザーに快適な操作性を提供します。
  4. カーソル速度切替:

    • 用途に応じて簡単にカーソル速度を調整可能。精密な作業から一般的な使用まで幅広く対応します。
  5. カラーオプション:

    • ブラック、レッド、ホワイトの3色から選べ、デスクの雰囲気に合わせた選択が可能です。

デメリット

  • 有線接続:
    • ワイヤレスマウスと比較すると、ケーブルが邪魔になることがあります。
  • 基本機能に特化:
    • 高度なゲーミング機能やカスタマイズ性を求めるユーザーには物足りないかもしれません。
  • デザインのシンプルさ:
    • シンプルでスタンダードなデザインのため、デザイン性や高級感を重視するユーザーには合わない場合があります。
  • 古いモデル:
    • 2018年に発売されたモデルであるため、最新の技術や機能を求めるユーザーには不向きです。

ユーザーレビュー

ポジティブな評価:

  • 静音: クリック音が非常に静かで、オフィスや図書館でも気にならない。
  • コストパフォーマンス: 価格に対して機能が充実しており、非常にお得。
  • 使いやすさ: エルゴノミクス形状が手にフィットし、長時間使用しても疲れにくい。

ネガティブな評価:

  • 有線の煩わしさ: ケーブルがあるため、デスク上での取り回しにやや不便を感じる。
  • 限られた機能: 高度なカスタマイズ機能がないため、特殊な用途には不向き。

総評

「バッファロー BSMBU510M」は、静音性、基本機能、エルゴノミクス形状など、必要十分な機能を備えた高コスパの有線マウスです。長時間の使用でも快適な操作性を提供し、オフィスや家庭での一般的な使用に最適です。カラーバリエーションも3色揃っており、デスクのスタイルに合わせて選べます。シンプルでスタンダードなマウスを求める方にはおすすめの一品ですが、最新の機能やワイヤレスの利便性を重視する方には、他の選択肢を検討する必要があるでしょう。

G402 重さ ケーブルなし:108 グラム ケーブルありあり:141 グラム 2014 年に発売されたロジクールの軽量有線ゲーミング専用マウスの重量に関する情報を中心にスペック 仕様 などをまとめています。

G402 重さ

ロジクール G402 の重量は約 108 グラムです。この軽量設計により、プレイヤーは高速で正確な操作が可能です。長時間のゲームプレイでも疲れにくいのが特徴です。

108グラムの軽量ゲーミングマウス

108 グラムという重さは、他のゲーミングマウスと比較しても非常に軽く、反応速度や操作性を向上させます。有線ケーブルを含めると 141 グラムになります。特に FPS ゲームや MMO において、その軽さは大きなアドバンテージとなります。

g402 1.jpg

軽量ゲーミングマウスの利点

軽量ゲーミングマウスは、近年人気が高まっているゲーミングマウスの一種です。従来のゲーミングマウスと比べて重量が軽く、様々な利点があります。以下、主なメリットをいくつかご紹介します。

1. 操作性向上

  • 素早い動きと精密なエイム: 軽量なマウスは、少ない力で動かすことができるため、マウスを大きく動かしたり、持ち上げたりする動作が多いFPSなどのゲームにおいて、より速く精密なエイムを実現することができます。
  • 低疲労設計: 長時間ゲームプレイでも手首や腕への負担が軽減され、疲れにくくなります。

2. 応答性向上

  • 機敏な動き: 軽量化により慣性が低くなり、マウスの動きに対する反応速度が向上します。わずかな手の動きにも敏感に反応し、カーソルの位置をより正確に制御することができます。
  • エイムの安定性: 照準のブレが少なくなり、特にシビアなエイミングが要求されるゲームにおいて有利になります。

3. 快適性向上

  • 長時間プレイでも快適: 軽量マウスは長時間使用しても疲れにくいため、快適なゲームプレイを長時間続けることができます。
  • 持ち方・グリップの自由度: 軽いマウスは様々な持ち方やグリップに対応しやすいため、自分に合った持ち方を見つけることができます。

G402 よくあるQ&A

G402 メリットはなんですか
G402の軽量設計は、長時間のゲームプレイでも腕に負担が少なく、素早い動きが求められるシーンでの操作性が向上します
G402 有線接続ですか ?
G402 有線接続のゲーミングマウスです 安定したパフォーマンスを提供します

G402 Ultra Fast FPS Gaming Mouse 910-004072

400-MABT156BK レビュー サンワ リングマウス

  • 投稿日:
  • by

400-MABT156BK レビュー サンワサプライ リングマウス のレビュー デメリット スペック 仕様を簡潔にまとめてみる。指先でパソコンのマウス操作ができる指輪型の Bluetooth リングマウス。ボディーカラーは、ブラック。パソコンから離れた場所やマウスを置くスペースがない場所でも空中でスマートにマウス操作が可能。

400-MABT156BK レビュー

400-MABT156BK SANWA SUPPLY.JPG

指に装着し、親指でセンサー部分をなぞることでパソコンのマウスポインターを操作できるリングマウス。Bluetooth対応のパソコンやタブレットとワイヤレス接続が可能なBluetooth接続タイプで、乾電池不要のUSB充電式。

このリングマウスは、パソコンから離れた場所やマウスを置くスペースがない場所でも、空中でスマートにマウス操作ができる。パソコンだけでなく、iPad、ChromeBook、iPhone、Androidスマートフォン・タブレットにも対応。

従来のリングマウスより操作性が向上しており、プレゼンにも最適。人差し指に装着して使用するため、手首の負担が少なく、長時間使用しても疲れにくい点も魅。スティック型のカーソルセンサーは、従来の光学式センサーよりも滑らかな操作が可能で、細かい作業におすすめ。

プレゼンモードでは、PowerPointやKeynoteなどのプレゼンテーションソフトでページ送りや戻し、ブラックアウトなどの操作ができるため、プレゼンテーションに非常に便利な機能が搭載されおり、ビジネスパーソンにも多いに役立つ。

メリット
  • 操作性が高い
  • プレゼンに使いやすい
  • 手首の疲労が少ない
  • スティック型のカーソルセンサーの操作が快適
  • プレゼンモード搭載

デメリット

  • 人によっては装着感しっくりこない
  • ボタンの位置が微妙
  • バッテリーの長時間使用ができない

400-MABT156BK

JetFlash 920 レビュー? トランセンドの高速USBメモリ JetFlash 920 シリーズのレビューとデメリット、使用感を評価。このUSBメモリは、USB 3.2 Gen1 に対応し、最大転送速度420 MB/s をる高速のUSBメモリ。JetFlash 920 シリーズには128GB、256GB、512GBのモデルがあり、128GBと256GBモデルは2020年6月に、512GBモデルは2021年2月に発売。ボディーカラーはスペースグレーです。

JetFlash 920 レビュー? & デメリット

JetFlash 920 1200.png

メリット:
  • 高速データ転送: USB3.2 Gen1 (USB3.1 Gen1) 対応で、従来の USB2.0 よりも大幅に高速なデータ転送が可能。(下位下互換で USB2.0 ポートでの使用も可能)
  • 耐久性: 丈夫なアルミボディーの採用により落下や衝撃に強い設計。安全にデータを扱いたい時におすすめ。
  • 5年間保証: 長期間の保証が付いているので、安心して使用できるす。
  • コンパクトで軽量: 持ち運びに便利なコンパクトサイズ。
デメリット:
  • 価格: 他の USB メモリと比べると、価格が少し高め。耐久性を考慮するとそれほど割高ではないと評価されている。
  • キャップ: キャップは、紛失しやすい
  • 容量のラインアップが128GB?512GBと容量の小さいラインアップがない。
まとめ:
トランセンド JetFlash 920 は、高速データ転送と高い耐久性を兼ね備えたUSBメモリ。価格が少し高めなのが難点だが、5年間の保証付きなので安心して使用できる。データを安全に取り扱いたい際におすすめのUSBメモリ。サイトからツールをダウンロードすると暗号化などのセキュリティ対策も万全に行える。
また、一般的なTLC搭載のUSBメモリと比較して 10 倍の耐久性を備えた高耐久性モデルと。サンドブラスト加工を施したアルミの筐体はグレーを基調とする落ち着いた色合いで、ビジネスシーンにもマッチするのでビジネスシーンでの使用がおすすめ。

JetFlash 920 ラインアップ

128GB 256GB 512GB の 3 種類をラインアップする。大容量タイプのUSBメモリ

JetFlash 920 512GB
JetFlash 920 TS512GJF920 [512GB] トランセンド USBメモリ.JPG
JetFlash 920 256GB
JetFlash 920 TS256GJF920 [256GB] トランセンド USBメモリ.JPG
JetFlash 920 128GB
JetFlash 920 TS128GJF920 [128GB] トランセンド USBメモリ.JPG

USBメモリ Transcend ( トランセンド )

LAVIE Tab T14 レビュー

  • 投稿日:
  • by

LAVIE Tab T14 レビュー LAVIE Tab T14 は、LAVIE Tab シリーズの新商品として、タブレット最大クラスの大画面有機 EL を採用し、クリエイション用途に適した Android タブレット PC 。LAVIE Tab T14 レビュー デメリット スペック 仕様 を簡潔に紹介。

LAVIE Tab T14 レビュー

LAVIE Tab T14  1.jpg

LAVIE Tab T14 は CPU には MediaTek Dimensity 9000 メモリー12GB ストレージ:256GB というハイエンドスペックを搭載。美しく、見やすい有機 EL ディスプレイを採用した 14.5 型大画面タブレット。大画面搭載のタブレットで動画撮影・編集やイラスト作成などのクリエイティブ利用に最適。

最近、流行っている外部モニタへの出力の他、PC のセカンドモニタや液晶タブレットとしての利用も可能。オプションのスタンドカバー付きキーボードを装着することで、PC のような使い勝手も可能。有機 EL ディスプレイが見やすく高画質。

メリット:
  • 美しい有機 EL ディスプレイ
  • 複数のアプリを並べて表示しても見やすい
  • 大画面 14.5 インチ
  • 高性能 CPU
  • 大容量メモリ
  • 長時間バッテリー
  • 外部入出力が可能
  • 立体的な音響で楽しめる
デメリット:
  • 高価格 直販 142,780円?
  • 重量がある
  • キーボード&キックスタンド スタイラスペン が別売り
まとめ:
NEC LAVIE Tab T14 は、美しいディスプレイ、高性能CPU、大容量メモリ、長時間バッテリーなど、多くの長所を持つハイエンド Android タブレットです。クリエイティブな作業も行える。ただし、価格は高め で 重量もあるので、持ち歩くには不向き。購入前には要検討。

スペック

  • 8 コアプロセッサー MediaTek Dimensity 9000 12GB メモリ 256GB ストレージ搭載
  • 高解像度 3K (3000×1876ドット)14.5 型有機ELディスプレイ、リフレッシュレート120Hz対応
  • Dolby Atmos 対応JBL製 4ch・8スピーカー
  • 高画素約 1300 万画素+広角約 500万 画素の2 つのリアカメラ、約 1300 万画素フロントカメラを搭載
  • 新UI「One Vision」採用
  • DP-In/DP-Outに対応したUSB Type-Cを2ポート搭載、外部入出力が可能
  • バッテリ容量12,300mAh(駆動時間約6時間)

LAVIE Tab T14

ThinkPad L480 レビュー Lenovo 14型ビジネスPC

  • 投稿日:
  • by

ThinkPad L480 レビュー Lenovo 14型ビジネスPC に関するレビューとデメリットを紹介。ThinkPad L480 は 持ち運びに便利なコンパクトなモバイルPC サイズ 14 型 のビジネス用PCとして高いコストパフォーマンスが特徴。

ThinkPad L480 レビュー

ThinkPad L480 3.jpg

ビジネスノートPCを選ぶ条件はどこにあるのでしょうか。私が考えるビジネスノートPCに求めるものは、モバイル性能(重さと画面サイズ)と、セキュリティー機能が充実しているかの 2 点になると考えます。もちろん他にもたくさんの機能はほしいと思いますが、2点に絞って考えると結果はモバイル性能とセキュリティー機能になります。

  • ThinkPad L480 は、軽量で薄型とはいえ、14型のビジネスノートPCとしてはやや重量があり、また厚みも感じられます。これは持ち運びの利便性に影響を与える可能性があります。ただし、ThinkPad L480 の重さは、1.68 kg でモバイルPCとしてはやや重い部類に入ります。しかし、14 型サイズということで持ち運びやいことに変わりありません。モバイル性能に関しては条件を8割程度満たしていると思われます。
  • 機密情報や重要なデータを取り扱うビジネス環境では、セキュリティが非常に重要です。指紋認証、顔認識、暗号化などのセキュリティ機能が充実しているノートパソコンを選ぶことが望ましいです。ThinkPad L480 は、この点全て満たしているので安心です。

現在は、在庫がなく購入は、ECショップなどで中古品を購入するに限られます。品質のいい中古品を手に入れるか新しいモデルを購入するかの2択です。新しいモデルを探すなら ThinkPad L シリーズから選ぶ方法となる。非常に性能もよく使いやすいビジネスPCとして未だにネット上ではアクセスの多いモデルとなっている。

メリット
  • 頑丈なボディ:落下テストや気温・気圧の変化、信号やディスプレイ部の開閉耐久性など、実際の使用状況に即したテストを実施しライフサイクルを通じて過酷な作業環境でも使用できる
  • 長時間バッテリー:10時間以上の駆動が可能でモバイル使用の際にも安心して使用可能
  • 快適なキーボード:バックライト付きのキーボードを選択すれば、暗い場所での作業も快適に行える
  • 拡張性が高い:豊富なポート類を装備し、ビジネス現場で困ることがない? USB Type-C、USB 3.0、HDMI などの拡張 I/O ポートを備える。
  • 指紋認証リーダー搭載:Windows PC には欠かせない指紋認証リーダーを搭載し、指紋センサーやIR カメラ搭載モデルでは、パスワードを入力しなくてもWindows Hello の機能で、指のタッチや顔認証で、PCにログインできる
■ デメリット
  • ディスプレイの輝度が低い:ノングレア液晶を搭載するため、グレア液晶 (光沢)になれている人にはやや暗い ただしビジネスノートPCではノングレアが一般的
  • メモリとストレージの増設が難しい:BTO で選べるメニューが限定されるので自分好みの仕様が構築できない
  • モバイルにはやや重い:1.5 kg以上 (1.68 kg)の重さがあるのでモバイルに使用する場合やや重さが気になる 持ち運びには不向き

ThinkPad L480 仕様 / スペック

高いコストパフォーマンスを誇る 14 型 ビジネス PC Lenovo ThinkPad L480
高性能でポータビリティーに優れ、多様なニーズに対応でき、あらゆる場所で生産性を高めるモデル。IR カメラや指紋センサーを選択するとセキュリティが向上して、IT部門のスタッフにとっても安心して導入できる。

従来のモデルよりも軽量で薄くなり、どこにでも簡単に持ち出すことができる。
最新の第8世代インテル Core プロセッサーを選択可能、先進のセキュリティと管理性を実現するインテル vPro テクノロジーやAMD Radeon グラフィックスも選択可能。

ウェブ向けのパフォーマンスモデルは、

ディスプレー:LED バックライト付 14 型 ( 1920 × 1080 ドット ) フル HD ワイドIPS 液晶 タッチ非対応

OS:Windows 10 Home
CPU:インテル Core i5-8250U プロセッサー
メモリー:8GB
ストレージ:128 GB SSD
光学ドライブ:別売り
グラフィック:インテル HD グラフィックス 620
バッテリー 駆動時間:11.8 時間
本体サイズ:幅 335 × 奥行 235 × 高さ 22 mm
重さ:1.68 kg
インターフェイス:USB 3.0 x 1 Powered USB 3.0 x 1 USB Type-C? x 2 ( DC-in、Video-out機能付き)HDMI x 1 RJ-45 x 1 マイクロフォン / ヘッドフォン・コンボ・ジャック ドッキングコネクター x 1 (USB Type C x 2と兼用 )

thinkpad l480 発売日