Acer Swift 5.png

Swift 5 シリーズから15.6型モデル14型モデルをラインアップ。15.6型モデルは世界最軽量、最薄モデル。14型モデルもかなり薄い軽量モデル。スタイリッシュを超えたモデル。

エイサー、1kgをきる15.6型、14型の「Swift 5」シリーズ(2019年3月発売)以下引用

Acerは2019年3月、軽さにこだわったコンパクトボディの14.型と15.6型ノートPC「Swift 5」シリーズから新モデルを発売。ボディーカラーは、チャコールブルー。

15.6型モデル、14型モデル、それぞれMicrosoft Office Home & Business 2019付モデルをラインアップし、合計4モデルをラインアップ。

世界最軽量の15.6型モデル、14型モデル

14型モデル級のボディに15.6型、13.3型級のボディに14.0型のフルHDディスプレイを搭載。狭額ベゼルを採用。
臨場感溢れる音が楽しめるAcer TrueHarmonyとDolby Audio Premiumを搭載。
ブルーライト対策メガネと同等の効果を発揮する「Acer BluelightShield」を採用。強・中・弱・長時間の4つのモードでブルーライトを抑制し、長時間のパソコン作業に対応する。

15.6型モデル、14型モデルとも(1920×1080ドット)を採用。ディスプレイは狭額ベゼルで、表示エリアを最大限に活用。タッチ操作対応パネル対応。ボディーは、マグネシウム合金をボディに使用し、耐久性にすぐれる。
共通スペックは、OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、9 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)」
インターフェイス、USB 3.0ポート × 2(うち1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、USB Type-C ポート × 1(USB 3.1 Gen 2、最大10 Gbps、PD対応および映像出力機能付き)、ヘッドフォン/スピーカー・ジャック × 1、HDMI™ 出力ポート(HDCP対応)× 1

MASTERPIECE i1730PA2-SP-DL.jpg

MASTERPIECE i1730 シリーズ (X299) デスクトップゲーミングPCのCore i9+GeForce RTX 2080 Ti NVLinkモデル。MASTERPIECE シリーズの中でもハイエンドモデルに位置するフラグシップモデル。

G-Tune、「GeForce RTX 2080 Ti」×2を搭載したゲーミングPC「MASTERPIECE i1730PA2-SP-DL」(2019年5月発売)以下引用

マウスコンピューターは、2019年5月、ゲーミング専用パソコンブランド「G-Tune」のハイエンドモデル「MASTERPIECE」シリーズより、NVLink SLI搭載モデルの「i1730PA2-SP-DL」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

RTX 2080 TiをNVLink SLI構成のハイエンドゲーミング専用デスクトップPC

MASTERPIECE i1730 シリーズ (X299) デスクトップゲーミングPCよりラインアップ。
ママウスコンピューター G-Tune MASTERPIECE i1730PA2-SP-DL スペック

G-Tuneシリーズの最新&上位性能のフラグシップモデル登場。NVIDIAのハイエンドグラフィックボード「GeForce RTX 2080 Ti」を2枚搭載する「GeForce RTX 2080 Ti NVLink SLI」を搭載するモデル。強化ガラスとアルミ素材を活かした剛性の高いケースを採用。
冷却性能を向上させるために、水冷CPUクーラー&GPUダブル水冷用大型ラジエーター(360 mm)を搭載するなど、NVLink SLIの動作を安定させる構成に。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i9-9900X プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、3 TB、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「GeForce RTX 2080 Ti」、本体サイズ、幅 215 × 奥行 490 × 高さ 501 mm、重さ、19.8 kg。

インターフェイスは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、USB 3.0×6、USB 2.0×6、HDMI×1、DisplayPort×3、USB Type-C(映像用)×1など。電源は1200W 80PLUS GOLD。

400-MA121W.jpg

充電式で超軽量の薄型マウス。最近は、マウスに入れる電池も重いと感じる。充電式なのでとにかく操作が軽い。ここまでデザイン性はなくてもいいからもちやすい(小型サイズ)の機能的なマウスがほしい!

サンワサプライ、折り曲げると電源が入る無線マウス(2019年6月発売)以下引用

サンワは、2019年6月、折り曲げると電源が入るワイヤレスマウスを発売。ボディーカラーは、ホワイト。Bluetooth接続モデルの「400-MA120W」、2.4GHz接続モデルの「400-MA121W 」の2モデルをラインアップする。

折り曲げるだけで電源ON!

厚みはたったの1.8 cm。超薄型のIRセンサーマウス。未使用時には本体を平らにできる変形機構を備えたモバイル利用向けマウスで、使用時には胴体部を折り曲げることで電源がオンになる仕様。
一般的なマウスと比べて、接地面が少ないため摩擦が少なく、マウスの滑りが良くて操作しやすいデザイン。
左右対称形状なので右利き・左利き問わず使用可能。バッテリー内蔵の充電式なので繰り返し使用することができる。
Bluetooth接続モデルの400-MA120Wは3台までの機器とペアリングが可能で、底面のスイッチで接続機器の切り替えを行える。
ボタンは2ボタン+ホイール(およびセンサーのカウント切り替えボタン)を利用できる。

本体サイズ、幅 58.1 ×奥行 119.2 ×高さ 17.4 mm、重さ、50 g。

Acer Swift 3 SF314-56-H58U/S banner.gif

PCもファッションの一部...と考えるユーザーにはおすすめのモデル。クールな外観を演出するアルミニウム素材採用のボディ。指紋認証でスマートログイン。いつものカフェで、図書館で、自宅のリビングで。お気に入りの場所で思いのままに楽しめまる。

エイサー、手軽に持ち運べる13.3型サイズのボディに14型フルHDディスプレイを搭載した「Swift 3 SF314-56-H58U/S」(2019年3月発売)以下引用

エイサーは、2019年3月、14型のノートパソコン「Swift 3 SF314-56-H58U/S」を発売。ボディーカラーは、スパークリーシルバー。

狭小ベゼルの14.0型大画面

Acer Swift 3 SF314-56-H58U/S [スパークリーシルバー] スペック

13.3型級のボディに14.0型の高精細フルHDディスプレイ搭載。アルミニウム素材を採用したボディは頑丈ながらスリムでスタイリッシュ。Windows Hello対応のAcer指紋認証リーダーを搭載。ブルーライト軽減機能を搭載。
ディスプレイは 180度 フラットに倒すことが可能。机の上で作業したり、ソファに寝転がって作業したりとシーンに合わせて最適な角度を選べる。内蔵デュアルアンテナと 2×2 ワイヤレス技術により、従来に比べ最大 2 倍のスピードでデータ処理が可能。指紋認証を搭載する。

ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、12 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)」
本体 サイズ、幅 323 × 奥行 228 × 高さ 17.9 mm、重さ、1.45 kg。

インターフェイスは、USB 3.0ポート × 2(うち1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、USB Type-C ポート × 1(USB 3.1 Gen 2、最大10 Gbps)、USB 2.0ポート × 1、ヘッドフォン/スピーカー・ジャック × 1、HDMI 出力ポート(HDCP対応)× 1

Acer Chromebox cx13-f.jpg

デジタルサイネージ、キオスク端末、POSシステムに応用可能 Chrome OS搭載ウルトラコンパクトデスクトップPC。Androidのアプリの開発、動作確認におすすめのモデル。Core i5モデルおtCeleron Dual-Coreモデルをラインアップ。Androidのアプリ開発の仕事はこれまでに行ってきていないけれど、そろそろ依頼を断れない気がする。

エイサー、Chrome OS搭載ウルトラコンパクトデスクトップPC(2019年5月発売)以下引用

エイサーは、2019年5月、Chrome OS搭載ウルトラコンパクトデスクトップPC「Acer Chromebox」シリーズからCPUにCeleron Dual-Core搭載の「CXI3-F14N」とCore i5搭載の「CXI3-F58P」の2モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。

Android アプリもデスクトップでサクサク快適動作。モニターの背面に設置できる Core i5搭載 極小デスクトップパソコン。平置きならCDケース約4枚分の高さで手の平に乗るほどコンパクトサイズ。
付属のスタンドを使って縦置きにする場合は、名刺約2枚分のスペースさえあれば本棚やPCカートにも簡単に設置できる。優れたグラフィックス性能でデジタルサイネージ、キオスク端末、POSシステム用デバイスにも最適。

デジタルサイネージ、キオスク端末、POSシステムに応用可能

モニター背面に取付可能なウルトラコンパクトデスクトップPC。

お弁当箱のようなボディは CD ケース約 4 枚分の大きさで、手の平に乗るほどコンパクト。平置きはもちろん付属スタンドで縦置きにしてスッキリ設置することも。さらに、付属の VESA マウント取付キットを使って、モニター背面への取り付けや壁掛けも可能。

Acer Chromebox CXI3-F58P [Core i5]
CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、64 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅 40 × 奥行149 × 高さ 149 mm、スタンド装着時:幅 57 × 奥行 160 × 高さ 149 mm、重さ、550 g。
インターフェイス、イーサネット(RJ-45)ポート×1、USB 3.1ポート×1(Type-C、Gen 1、最大5Gbps、給電/映像出力対応)、USB 3.0ポート×5、ヘッドセット/スピーカー・ジャック×1、HDMI™ 出力ポート×1(HDCP対応)、ACアダプター用DCイン・ジャック×1
Acer Chromebox CXI3-F14N [Celeron Dual-Core]
CPU「インテル CeleronR プロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、32 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅 40 × 奥行149 × 高さ 149 mm、スタンド装着時:幅 57 × 奥行 160 × 高さ 149 mm、重さ、550 g。
インターフェイスは、イーサネット(RJ-45)ポート×1、USB 3.1ポート×1(Type-C、Gen 1、最大5Gbps、給電/映像出力対応)、USB 3.0ポート×3、USB 2.0ポート×2、ヘッドセット/スピーカー・ジャック×1、HDMI™ 出力ポート×1(HDCP対応)、ACアダプター用DCイン・ジャック×1

これまで、マウスはLogicoolばかりを使い続けてきた。非常に使いやすくて快適に仕事ができていたし、サイズも自分の手にベストだった。この間、仕事の打ち合わせでカフェで人と待ち合わせをしてPCをだして打ち合わせをしたのだけれど、ちょうどこのマウスを使っていた。「これいいですか?」と聞くとバッファロー以外使ったことないと言っていたt。マウスで他メーカーを使ってみるのはちょっと冒険だなぁ?とつくづく感じた。マウスひとつで仕事の能率が2?3倍は差がでるように思う。

BSMBW310.jpg

バッファロー、BlueLEDセンサーを搭載した5ボタンワイヤレスマウス「BSMBW310」シリーズ(2019年6月発売)以下引用

バッファローは、2019年6月、BlueLEDセンサー搭載の5ボタンのワイヤレスマウスの新モデル「BSMBW310」シリーズを発売。ボディーカラーは、ブラック、レッド、シルバーの3カラーをラインアップ。

ボタン無線マウス「BSMBW310」シリーズ
      ブラック、レッド、シルバーの3カラーのバリエーションを揃える。

BlueLEDセンサーを採用しており、ガラステーブルのような通常の光学式マウスを使えない場所でもマウスパッドなしで使用できる。USB接続式のレシーバーを用いる2.4GHz帯の無線マウスで、WindowsとMacに両対応。レシーバーがマウス本体の中に収納できるので、持ち運ぶ際にも便利。
左側にWebブラウザーの「戻る」「進む」の操作が可能なサイドボタンが操作性を高め、インターネット閲覧に最適。

本体サイズ、幅 61 × 奥行 100 × 高さ 40 mm、重さ、60 g(電池除く)。
単三形乾電池1本で動作し、製品には動作確認用の電池1本が付属。想定使用可能時間は最大で584日。

マイクロソフト Surface Pro 6 タイプカバー同梱 LJM-00027.jpg

通常より29,400円お得"な「Surface Pro 6 タイプカバーセット」の限定モデル。3万近い値段なので購入はアリ。Surfaceは去年あたりからお買い得セットが割とでてる。競争が激化しているのでどこも大変なのかもしれないが、Surfaceは、品質がいいのでほしいところ。現在、6月だが在庫はあるようだ。

マイクロソフト、限定の12.3型 2in1 Surface Pro 6 タイプカバー同梱 LJM-00027(2019年3月発売)以下引用

マイクロソフトは、2019年3月、12.3型タブレット「Surface Pro 6」のタイプカバーセット同封モデル「 LJM-00027」を数量限定で発売。ボディーカラーは、ブラック。

用途に合わせて4モード仕様

革新的なキックスタンドとタイプ カバー を調整して、ラップトップに、タブレット、ノートパソコンに、そしてポータブルなスタジオに。自由にモードを切り替えられる。
マイクロソフト Surface Pro 6 タイプカバー同梱 LJM-00027 スペック

対象モデルとなるのは、CPU、Core i5-8250U、8GB メモリー、256G SSD モデル。本体、タイプカバーともに、ブラックモデル。パワフルなノート PC としても、薄型軽量のタブレットとしても、バランスよく快適に使用できる。
片手で持てて A4 サイズのバッグにもすっぽり収まる薄さ 8.38 mm、軽さ 770 g。バッテリーは最大約 13.5時間まで持続。

ディスプレーは、LEDバックライト付の12.3型(2736 x 1824)ドットの10点マルチタッチ対応液晶。Surface Pen 対応。CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、13.5 時間、グラフィック「インテルUHDグラフィックス620」、本体サイズ、幅 292 × 奥行き x 201 × 高さ 8.5 mm、重さ、770 g。

インターフェイス:フルサイズ USB 3.0端子、microSDXC カード スロット、3.5mmヘッドセットジャック、SurfaceConnect (充電、 Surface ドック用端子)、Mini DisplayPort×1
前面カメラ画素数:5メガピクセル
背面カメラ画素数:8メガピクセル, 1080p, オートフォーカス付
ペン:対応 - 筆圧 4096 段階(Surface Pen 別売)

Huawei MateBook 13.jpg

デザイン、インターフェイスなどどれをとっても今風。2つのUSB-C ポートを左右に搭載し、充電とデータ転送を同時に行える。このあたりもとても使いやすい。最近のTVCMを見ていてもファーウェイは、ノートPCもスマホも必死な感じがする。アメリカにそっぽを向かれたのはやっぱり中国にとってもデメリットしかない気がする。

2018年12月5日に、カナダ司法省は、アメリカ合衆国当局の要請を受け、中国の通信機器最大手の華為技術(=ファーウェイ)の幹部を逮捕したと発表しました。このあたりからファーウェイの行動があやしいと報道されるようになった気がするが、中国系のハイテク5社に対する締め付けを大幅に強化した頃から貿易戦争とよく報道されるようになった。

どっちも引けないし、どっちにもデメリットしかないのに、やっぱり決して弱腰にはならない。最近のファーウェイのノートPCはとてもスタイリッシュでこれからに期待が大きかっただけに残念。

ファーウェイ、画面占有率約88% 1.28kgの13型ノート薄型ノート「MateBook 13」(2019年3月発売)以下引用

ファーウェイは、2019年3月、13型の「MateBook 13」シリーズを発売。ボディーカラーは、スペースグレー。Core i5 搭載モデル、Core i7 搭載モデルをラインアップし、それぞれに「Microsoft Office Home & Business 2019」付属モデルをラインアップし、合計4モデルを発売。

ベゼル幅を4.4?までそぎ落した画面占有率約88%、13インチフルビューディスプレイ 搭載 高性能薄型コンパクトノートPC。電源ボタン一体型指紋センサーをはじめ、NFCを経由して非接触でファイル転送ができるHuawei Share OneHopなどを搭載。長時間バッテリーを搭載し、外出先でもストレスのない動作環境を持ち運べる。

13インチフルビューディスプレイ 搭載 高性能薄型コンパクトノートPC MateBook 13 シリーズラインアップ

WRT19AH58BNCNNUA [Core i5]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。
WRT19AH58BNC9NUA [Core i5+Office]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。
WRT29CH78CNCNNUA [Core i7]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。
WRT29CH78CNC9NUA Core i7+[Office]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。

インターフェイスは、USB Type C x 2+ヘッドフォンジャック×1
2つのUSB-C ポートを左右に搭載し、充電とデータ転送を同時に行える。

IODATA ED-HB3.jpg

USBメモリ本体の数字ボタンをプッシュすることでロックを解除。その後USBメモリーをパソコンに挿せば通常のUSBメモリとして使用可能。以前、メーカーが公式でリリースしているセキュリティーソフトがいまひとつ機能しなくてはまったことがあった。その点、このUSBメモリは、数字を選ぶ方法なので簡単にセキュリティーが導入できそうだ。大事なデータを扱う際には使いたい。

アイ・オー、パスワードボタンを搭載した情報漏えい対策に最適なセキュリティUSBメモリ「ED-HB3」(2019年6月発売)以下引用

アイオーデータは、2019年6月、パスワードボタンを搭載したUSB 3.1 Gen 1(USB 3.0)対応の付加価値重視型のセキュリティUSBメモリ「ED-HB3」シリーズを発売。ボディーカラーは、ブラック。容量は、8GB、16GB、32GB、64GBの4種類をラインアップ。

ボタンを押すだけ簡単ロック解除!セキュリティUSBメモリ

USBメモリ本体の数字ボタンをプッシュすることでロックを解除。その後USBメモリをパソコンに挿せば通常のUSBメモリとして使用できる。
パスワードを入力するまでは保存されたデータにアクセスができないため、盗難や紛失時の情報漏えい対策として最適

本体サイズ、幅 19 × 奥行 84 × 高さ 11 mm、重さ、19 g。

iiyama PC SENSE-R42A-LCi9XE-ZYTVI.jpg

iiyama PCからCore X シリーズ Core i9 Extreme Edition [18コア]とTITAN RTX 3基搭載 のハイエンドタワー型デスクトップPCがリリース。さすがに100万を超えるPCで誰もが購入できるマシンではないが、相当な負荷にも耐えられるPCのスペック。

iiyama、「TITAN RTX」を搭載したクリエイター向けタワー型のデスクトップPC(2019年6月発売)以下引用

パソコン工房は、2019年5月、「iiyama PC」ブランド「SENSE∞(センス インフィニティ)」シリーズからCore i7搭載の「SENSE-R42A-LCi9XE-ZYTVI」Core i9搭載の「SENSE-R42A-LCi9XE-Z

NVIDIA TITAN RTX 搭載BTOパソコン

NVIDIA TITAN RTX は、NVIDIA Turing アーキテクチャを採用した史上最強のPCグラフィックカード。クリエイターのコンテンツ制作に圧倒的なパフォーマンスを発揮し、リアルタイム レイ トレーシングなど先端テクノロジーを駆使した美しく繊細な映像表現も快適に行なえる。最大672GB/sのメモリバス帯域幅を持つ24GBのGDDR6メモリ、4,608基に及ぶCUDAコア、72基のRTコア、576基のTensorコアを搭載した、パフォーマンスを最重要視したグラフィックカードとなっている。

[Core i7+32GB メモリー]SENSE-R42A-LCi7SX-ZYVI
CPU「インテル Core i7-9800X プロセッサー」、メモリー、32 GB
[Core i9+64GB メモリー]SENSE-R42A-LCi9XE-ZYTVI
CPU「インテル Core i9-9980XE Extreme Edition」、メモリー、64 GB

両モデルともOS「Windows 10 Home」、ストレージ、2TB HDD+512GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、本体サイズ、幅 216 × 奥行 500 × 高さ 488 mm。

インターフェイス、
外部:アナログ8chサウンド(ライン出力×1/ライン入力(サイド出力)×1/マイク入力×1/センター・サブ出力×1/リア出力×1) ,S/PDIF出力(角型)×1 ,USB 3.1×2(背面×2 ※Type A×1 ,Type C×1) ,USB 3.0×6(上面×2/背面×4) ,USB 2.0×2(背面×2) ,1000BASE-T LANポート×1[Intel I219-V]
内部:M.2_1(Key ID:M/Type:2242/2260/2280対応) ,M.2_2(Key ID:M/Type:2242/2260/2280/22110対応) ,SATA 6Gbps×8 ,内部USB 3.0(×4ポート分/20Pin×2) ,内部USB 2.0(×2ポート分/10Pin×1)
は共通。

アイテム

  • Acer Swift 5.png
  • MASTERPIECE i1730PA2-SP-DL.jpg
  • 400-MA121W.jpg
  • Acer Swift 3 SF314-56-H58U/S banner.gif
  • Acer Chromebox cx13-f.jpg
  • BSMBW310.jpg
  • マイクロソフト Surface Pro 6 タイプカバー同梱 LJM-00027.jpg
  • マイクロソフト Surface Pro 6 タイプカバー同梱 LJM-00027 banner.jpg
  • Huawei MateBook 13.jpg
  • IODATA ED-HB3.jpg

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.2