14型は、13.3型サイズのボディーにはめ込むのが定番となってしまった。大きなディスプレーの方が圧倒的に仕事がはかどるのは言うまでもない。VAIOは、質が高いのでそれなりに高価。ミドルユーザー向けに10万台のモバイルPCをだしてほしい。PanasonicVAIOはやっぱり高い。

VAIO VAIO SX14.jpg

VAIO、14型の4K液晶搭載モデルをラインアップする「VAIO SX14」シリーズ(2019年1月発売) 以下引用

VAIOは、2019年1月、14型モバイルノートパソコンの新モデル「VAIO SX14」シリーズを発売。ボディーカラーは、ブラック、ブラウン、オールブラックの3カラーをラインアップ。

VAIO初の4K液晶モデルも

VAIO初の4Kディスプレーを搭載する。13.3型サイズの筐体にひとまわり大きな14型を搭載している。超スリムベゼル化によって、本体サイズをほとんど変えることなくひと回り大きなディスプレイを搭載し、最先端のカーボン素材を採用することで、本体重量約999gを実現(SIMフリーモデル/1.018kg オールブラックモデル/1.045kg)。
最新のインテル Core プロセッサー Uプロセッサーラインを搭載。VAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」によって、さらに高性能化している。

VJS14190211T [ブラウン] SIMフリー スペック
ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、バッテリー駆動時間、10.6 時間、本体サイズ、幅 320.4 × 奥行 222.7 × 高さ 15.0?17.9 mm、重さ、1.018 kg。Microsoft Office Home and Business 2019 付。
VJS14190311B [ブラック] スペック
ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、バッテリー駆動時間、10.6 時間、本体サイズ、幅 320.4 × 奥行 222.7 × 高さ 15.0?17.9 mm、重さ、999 g。Microsoft Office Home and Business 2019 付。
VJS14190411T [ブラウン] スペック
ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、バッテリー駆動時間、10.6 時間、本体サイズ、幅 320.4 × 奥行 222.7 × 高さ 15.0?17.9 mm、重さ、999 g。Microsoft Office Home and Business 2019 付。
VJS14190511B [ブラック] スペック
ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i3-8145U プロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、バッテリー駆動時間、10.6 時間、本体サイズ、幅 320.4 × 奥行 222.7 × 高さ 15.0?17.9 mm、重さ、999 g。Microsoft Office Home and Business 2019 付。
VJS14190111A [オールブラック] 4K液晶 SIMフリー スペック
ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(3840×2160ドット)の4K Ultra HD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、バッテリー駆動時間、8.2 時間、本体サイズ、幅 320.4 × 奥行 222.7 × 高さ 15.0?17.9 mm、重さ、1.045 kg。Microsoft Office Home and Business 2019 付。

インターフェイスは、USB Type-C×1、USB 3.1×1、USB 3.0×2、SDカードスロット×1、HDMI×1、アナログRGB×1、ヘッドホン×1。

お絵かきタブレットが8型→10.1型にサイズアップしてリニューアル。CPUなど、メモリーもリニュアールして使い勝手がグンとアップしている。イラストや文字デザインをしてそのままデジタルデータとして活用できるのは、その関連の仕事の現場ではとても嬉しいと思う。効率もあがるし、テンションもあがりそう。

dospara raytrektab DG-D10IWP.jpg

ドスパラ、お絵描きタブレット「raytrektab」の10.1型モデル「DG-D10IWP」 以下引用

ドスパラは、2018年12月、お絵描きタブレット「raytrektab」の10型モデル「DG-D10IWP」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

raytrektab DG-D10IWP

ドスパラ お絵描きタブレット raytrektab DG-D10IWP スペック

2017年に発売した8型モデル 「raytrektab DG-D08IWP」のスペック強化モデル。CPUがCeleron N4100に、メモリが8GBに、ストレージがSSD128GBにパワーアップ。高いスキャンレートで低遅延、違和感を感じない最新のWACOM製デジタイザーを国内で初採用。高速データ通信、より高い電力供給が可能なUSB3.1に対応。
コネクタは裏表なく挿し間違いが起こらないType-Cを採用。

ディスプレーは、10.1(1920×1200ドット)のWUXGA 液晶。マルチタッチ対応。OS 「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron N4100」、メモリー、8 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHDグラフィックス600(CPU内蔵)」、バッテリー駆動時間、7.0 時間、本体サイズ、幅 245 × 奥行 9 ×高さ 176 mm、重さ、657 g。

インターフェイス、USB3.0 Type-C×1(給電兼用)、 マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子×1。

モバイルノートPCに求められる、軽量ボディ、堅牢性、駆動時間、拡張性、セキュリティ性能のすべてを追求したモバイルノートPC「dynabook G」シリーズをdynabookブランド誕生30周年記念モデルとして商品化というコンセプトのもとに手抜きのない13.3型ノートパソコンが新投入された。やや張り切りすぎか?というぐらいの価格帯だが、外観、中身を見れば「なるほど!」と納得できるモデル。

TOSHIBA dynabook G.png

東芝、dynabookブランド誕生30周年記念モデル13.3型ノート「dynabook G」シリーズ(2019年1月発売) 以下引用

最強モバイルを目指した軽さ、薄さ、落下に耐えるモバイルPC

最上位スペックモデルがCore i7搭載モデル、上位スペックモデルがCore i7モデル、下位スペックモデルがCore i5モデル、最下位スペックモデルがCore i3搭載モデルの合計5モデルをラインアップ。

ボディーカラーは、オニキスブルー。Core i5モデルでパールホワイトをラインアップ。唯一無二のモバイルノートPCの実現を目指し、軽量ボディ、堅牢性、駆動時間、拡張性、セキュリティ性能のすべてを追求。軽量で剛性が高いマグネシウム合金ボディ、13.3型FHD・IGZO液晶ディスプレイを採用。
狭額縁ディスプレイを採用し、スタイリッシュでコンパクトなボディーに。ディスプレーは、LEDバックライト付の13.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド IGZO ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅 308.8 × 奥行 211.6 × 高さ 17.9 mm、重さ、859 g。

インターフェイス、TPMセキュリティチップ(TCG Ver2.0準拠)、IntelPTT、BIOSパスワード、HDDパスワード、セキュリティロック・スロット。

もうずいぶん前からこのASUSのミニpcは注目していた。最近のモデルは、映像出力端子はDisplayPort 1.2aとHDMI 1.4aを搭載するようになりとても拡張性も高い。リビングで使うこともできるし、ばりばり仕事でも使える。場所をとらずに拡張性が高いのは、購入意欲をそそられるし、価格も安価とはいえないので逆に安心感がある。

ASUS VivoMini UN68U UN68U-M5130Z.JPG

ASUS、静音ミニPC「VivoMini UN68U」(2019年1月発売) 以下引用

エイスースは、2019年1月、ミニパソコンの新モデル「VivoMini UN68U」を発売。ボディーカラーは、ミッドナイトブルー。

どこにでもスマートに置ける高性能ミニPC

映像出力端子はDisplayPort 1.2aとHDMI 1.4aを搭載し、この2つの端子を使えば簡単にデュアルディスプレイ出力を行える。さらに、DisplayPort 1.2aをデイジーチェーン接続すればHDMI 1.4aと合わせて最高3画面出力まで可能となる。
ASUS VivoMini UN68U UN68U-M5130Z スペック

横幅131mm×奥行き131mm×高さ52mmのコンパクトな本体サイズは置く場所を選ばず、どこにでも簡単に設置可能。最新の第8世代インテル Core i5プロセッサを搭載し、Intel Optan メモリーがHDDを加速させ、高速のデータ転送速度と大容量の両立を実現。VESA規格に対応する取り付けマウントを付属。

デスク周りをさらにスマートにできる。高速なIEEE802.11acに対応する無線LAN機能を搭載。高性能なデスクトップPCとして、または動画視聴用のPCとして、音楽を再生するオーディオPCとして活用できる。
シングルディスプレイへの4K UHD解像度、あるいはトリプルディスプレイへのHD解像度の映像出力をサポート。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、1 TB HDD、グラフィック「インテルHD グラフィックス 620 (CPU内蔵)」、本体サイズ、幅 131 × 奥行 131 × 高さ 52 mm、重さ、700 g。

インターフェイスは、
【側面インターフェース】
4 メディア対応カードリーダー×1

【前面インターフェース】
USB 3.1 Gen 2×2

【背面インターフェース】
USB 3.1 Gen 1×2
HDMI出力×1
DisplayPort×1
LAN(RJ45)×1
電源入力×1
オーディオジャック×1

はじめてタブレットPCというか?2in1ノートPCというか未だにわからないけれど、見たときは衝撃だったのを覚えている。ノートパソコンの入力部分をタブレットにも搭載したのは本当に嬉しかった。

ASUS TransBook Mini T103HAF.jpg

ASUS、10.1型2in1タブレットPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズ(2018年12月発売) 以下引用

ASUSは、2018年12月、脱着できるキーボードカバーを付属する10.1型 2in1 ノートPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズからSIMフリーモデルの「T103HAF-LTE」とストレートグレーの「T103HAF-128SGR」、アイシクルゴールド「T103HAF-128IGO」の3モデルを発売。

キーボードカバーを付属する10.1型2-in-1ノートPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズ

キーボードカバーを付けた状態で、B5用紙と同等の幅262 mm×奥行き173 mmしかなく、薄さもわずか15.7mm。キーボードカバーを外せば、幅と奥行きはさらに1mmずつ小さくなり、薄さはわずか10mm。重さも約879gを実現。
背面に角度を調節できるキックスタンドを搭載し、背面からキックスタンドを引っ張り出すだけで本体をすぐに立たせることができる。

ディスプレーは、LEDバックライト付の10.1型(1280×800ドット)のタッチ対応液晶。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、128 GB、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 400」、バッテリー駆動時間、13 時間、本体サイズ、タブレット単体: 幅261 × 奥行 175 × 高さ 9 mm、重さ580 g、タブレット+キーボードカバー:幅261 × 奥行 175 × 高さ 20 mm、重さ、1.08 kg。
インターフェイスは、USB 3.0×1、microUSB×1、microSDXCカードリーダー×1、microHDMI×1、マイク/ヘッドホン×1を装備する。

格安タブレットを次々に投入している恵安が14型フルHDのノートパソコンを投入。simフリータイプ。今流行の薄型モデル。Windows 10 Pro搭載で法人にもという触れ込みだがタブレット用のCPUでちょっと頼りない印象。ビジネス用というとやっぱり7世代のCore i5はほしい。

keian WiZ KIC14LTE.jpg

恵安、SIM フリー 14型ノートパソコン「KIC14LTE」(2019年1月発売)以下引用

恵安は、2019年1月、LTE通信に対応した14型ノートパソコン「KIC14LTE」を発売。ボディーカラーは、 ダークネイビー。

ビジネスにも最適なWindows 10 Pro搭載14インチ フルHDノートPC。SIMロックフリーのLTE通信に対応したモデル。別途microSIMカードを用意することで、モバイルデータ通信が行える。

Windows 10 Proでビジネスにも最適な14型「KIC14LTE」

恵安 WiZ KIC14LTE SIMフリー スペック

ディスプレイは、14型(1920×1080ドット)フルHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Pro」、CPU「Atom x5-Z8350」、メモリーが4 GB、ストレージが32GB eMMC。グラフィック「インテルHD Graphics 400」、本体サイズ、幅 325.5 × 奥行 214.4 × 高さ 16.5 mm、重さ、1.145 kg。オフィスソフトは、「WPS Office Standard Edition」が付属。

インターフェイスは、
USB Type-C ×1/USB3.0×1
Micro HDMI x1(HDMI1.4対応)
3.5mm オーディオジャック × 1
Micro SIM スロット x1(日本国内用SIM ロックフリー対応)
3.5mm オーディオジャック ×1

マイクロソフトのオールインワンPC「Surface Studio 2」が発売された。28型で4500×3000ドットのタッチパネルを搭載する。マックをライバル視してしまうのは仕方ないとしてもとても露骨。異なる路線をいったほうがかっこいいのに。

Microsoft Surface Studio 2.jpg

マイクロソフト、28型のオールインワン PC「Surface Studio 2」(2019年1月発売)マイクロソフト、28型のオールインワン PC「Surface Studio 2」(2019年1月発売)以下引用

マイクロソフトは、2019年1月、タッチ対応28型の一体型デスクトップパソコン「Surface Studio 2」シリーズを発売。ボディーカラーは、シルバー。

Microsoft Surface Studio 2 ラインアップ

「LAH-00023」「LAK-00023」「LAM-00023」の3モデルをラインアップする。

28インチの10点マルチタッチ対応ディスプレイに4096段階の筆圧まで対応。1350 万画素ピクセルの 28 インチタッチスクリーン。
インテル Core i7-7820HQ プロセッサー、 より速いファイル処理を実現するSSDストレージ、ワークフローを処理し、よりゲーム、複合現実、および VR をサポートするグラフィックス・メモリーを搭載する。プロ級のパワーとパフォーマンス。

3モデルに共通のスペックは、ディスプレーは、LEDバックライト付の28型(4500×3000ドット)の10点マルチタッチ対応液晶。OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Core i7 7820HQ プロセッサー」、光学ドライブ、別売り、本体サイズ、幅 63.75 × 奥行 22 ×高さ 43.89 mm、重さ、9.56 kg。

インターフェイスは、
USB 3.0 x 4 (高出力ポートx 1)
フルサイズ SD™ カード リーダー (SDXC) との互換性
USB-C x 1
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
Surface Dial (オン スクリーン操作) に対応しています。
ギガビット イーサネット ポート x 1

グラフィックスは、
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB または、
NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB となる

サンワから発売の静音マウス「400-MA106」シリーズ。静音マウスは、これから需要が拡大していきそうなカテゴリー。たまに仕事中に向かいのpcを使っている先輩のクリック音が気になるときがある。

サンワは、パソコン用マウス サンワサプライ 400-MA091
https://complete-guide.net/mouse/data/html/101594.htmlのように洗えるマウスなど、おもしろい製品が多い。そしてリーズナブル。

sanwa 400-MA106.jpg

サンワサプライは、2019年1月、静音ボタン搭載のワイヤレスマウス「400-MA106」シリーズを発売。ボディーカラーは、ブラック、レッド、ガンメタリックの3カラーをラインアップ。以下引用

ミドルサイズの左右対称形状ワイヤレスマウス

2ボタン、2サイドボタン、ホイール(スクロール)ボタンの使いやすいスタンダードタイプ。クリック音が極めて静かな静音ボタン仕様のワイヤレスマウス。利き手を選ばずにクセが少ない左右対称形状。
WEB閲覧に便利な進む・戻りボタン搭載。便利なカウント切替ボタン付き。4段階のDPI(800、1000、1200、1600)切り替え機能付き。

本体サイズ、幅 63 × 奥行 100.5 × 高さ 35 mm、重さ、58 g。

周りを気にせずクリックすることが出来る静音ボタン仕様のワイヤレスマウス。
静かな場所で使うだけでなく、会議中も進行の妨げにならないように作業が出来る。

メーカー別パソコン用マウス スペック一覧 全メーカー SANWA SUPPLY(サンワサプライ)

ASUSの「TransBook T101HA」シリーズは、キーボードカバーが付属するタイプの2in1 ノートPCではなく、ノートPCから本体一体型の液晶を取り外すことができるタイプの2in1 ノートPC。タブレット重視でなく、ノートPC寄りのモデル。入力作業が多いユーザーには最適モデル。

ASUS TransBook T101HA.jpg

ASUS、の10.1型2in1タブレットPC「TransBook T101HA」(2018年12月発売) 以下引用

ASUSは、2018年12月、10.1型の 2in1 タイプの「TransBook T101HA」シリーズを発売。ボディーカラーは、グレーシアグレー、ミントグリーン、ピンクゴールドの3カラーをラインアップ。

キーボードが脱着できる10.1型マルチスタイルPC

ASUS TransBook T101HA」シリーズ 全カラーバリエーション

ASUS TransBook T101HAは、キーボードカバーが付属するタイプの2in1 ノートPCではなく、ノートPCから本体一体型の液晶を取り外すことができるタイプの2in1 ノートPC。

通常のノートPCと変わらない使い勝手を実現した 2in1 ノートPC。ノートパソコンから本体一体型の液晶を取り外すことができる。ノートパソコンスタイル、タブレットスタイルで操作可能。液晶をスタンドなど不要で、通常のノートパソコンと同様に液晶を開いて、好きな角度に設定できる。

ディスプレーは、LEDバックライト付の10.1型(1280×800ドット)のWXGA グレア 液晶。タッチ対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「Atom x5-Z8350」、メモリー、4 GB、ストレージ、64 GB、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、タブレット:約13時間、タブレット + キーボードドック:約12.8時間 、本体サイズ、タブレット:幅261 × 奥行 175 × 高さ 9 mm、タブレット + キーボードドック:幅261 × 奥行 175 × 高さ 20mm、重さ、タブレット:約0.58 kg、タブレット + キーボードドック:約1.08 kg。

インターフェイスは
【タブレット】
外部ディスプレイ出力: microHDMI (タイプD)×1
USBポート:USB2.0×1、microUSB×1
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ :マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

堅牢性の高い、ゲーミング専用ノートPC。ASUSは、このミリタリーグレードの堅牢性にこだわっているけれど、見た目もしっかりしている感が伝わってくる。

ASUS TUF Gaming FX705GM.jpg

ASUS、ミリタリーグレードの堅牢性の17.3型ゲーミング専用 ノートPC「ASUS TUF Gaming FX705GM」(2019年1月発売)以下引用

ASUSは、2019年1月、米国防総省制定のMIL規格に準拠したテストをクリアした高い堅牢性を持つ、17.3型ゲーミングノートPC「TUF Gaming FX705GM FX705GM-I7G1060」を発売。

ASUS TUF Gaming FX705GM

ASUS TUF Gaming FX705GM FX705GM-I7G1060 スペック

約7.8mmの超狭額ベゼルによって、コン パクトな本体サイズにも関わらず、17.3インチの大画面を実現。大画面による圧倒的な没入感を味わる。
6コア搭載インテルCore i7プロセッサーと、NVIDIA GeForce GTX1060を搭載。ゲームはもちろん、画像や動画の編集など、高負荷のタスクも軽々こなす。

ディスプレーは、LEDバックライト付の17.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB HDD+256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce GTX 1060」、本体サイズ、幅 399.8 × 奥行 279.4 × 高さ 27.65 mm、重さ、2.72 kg。

インターフェイス、HDMI×1、USB3.0×2、USB2.0×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1。

アイテム

  • VAIO VAIO SX14.jpg
  • dospara raytrektab DG-D10IWP.jpg
  • TOSHIBA dynabook G.png
  • ASUS VivoMini UN68U UN68U-M5130Z.JPG
  • ASUS TransBook Mini T103HAF.jpg
  • keian WiZ KIC14LTE.jpg
  • Microsoft Surface Studio 2.jpg
  • Microsoft Surface Studio 2.jpg
  • Microsoft Surface Studio 2.jpg
  • Microsoft Surface Studio 2.jpg

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.0.1