sanwa 400-MA131.JPG

親指でパソコン操作ができるトラックボール付きリストレスト。トラックボールは、慣れてしまえば通常のスタイルのマウスは使いにくくなるとよく聞くがリストレストがつけば最強かもしれない。パソコン作業は公私共に増える一方なので効率アップのアイテムは気になる。

サンワサプライ トラックボール付きリストレスト 400-MA131 スペック 以下引用

サンワサプライは、2019年12月、手首の負担を軽減するリストレストにマウス操作代わりのトラックボールを搭載した「400-MA131」を発売。ボディーカラーは、ブラック。マウスカーソルが操作できるトラックボールが付いたリストレスト。左右ボタン、オートスクロールボタンがついてマウス操作もできるトラックボールマウス。USB接続の有線タイプ。操作する場合、リストレスト部に手首を置き、親指か人差し指でトラックボールを操作すれば手を動かすことなく省スペースで操作できる。手の動きが少なく疲れにくいトラックボールに、リストレスト機能を搭載。キーボードとトラックボールが近いので、サッと操作を移行できる。本体サイズ、幅316×奥行60×高さ36 mm、重さは約240gで、ケーブル長は1.6m。

Lenovo ThinkPad P43s スペック - PC-NEWS

| コメント(0)

ThinkPad P43s.png

ThinkPad P40 Yoga 以来、約3年半ぶりに14型ディスプレイを採用したモバイルワークステーションの新型モデルのリリース。13型モデルの筐体に14型モデルの液晶をはめ込み、使いやすいタイプの14型モデル。スペックもかなり上々でベテランユーザーにも満足のいくモデル。

レノボは、2019年7月、進化した14型のモバイルワークステーション「ThinkPad P43s 」を発売。ボディーカラーは、ブラック。以下引用

ThinkPad P40 Yoga以来、約3年半ぶりに14型ディスプレイを採用したモバイルワークステーション。気軽に持ち運べる薄型軽量ボディに省電力型の新しい第8世代インテル Core i7 プロセッサーを搭載し、メモリは最大48GBまで拡張可能。 取引先でCADや3Dデータを動かす、エンジニア同士で設計データを持ち寄って打ち合わせを行うなど、柔軟性の高いワークフローが確立できる。 14型ディスプレイはWQHD IPS液晶を選択でき、500nitの高輝度、Adobe RGB 100%の色域、Dolby Vision HDRに対応。 ディスプレーは、14型(1920×1080ドット)のフルHD または、2560×1440ドットのWQHD IPS液晶。OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Core i7-8665U プロセッサー」または、「インテル Core i7-8565U プロセッサー 」、メモリー、最大48GB、ストレージ、2TB / 1TB / 512GB / 256GB M.2 PCIe NVMe SSD (最大容量2TB) 、グラフィック「NVIDIA Quadro P520」、バッテリー駆動時間、16.2時間、本体サイズ、幅329×奥行227×高さ18.9 mm、重さ、1.47kg。 インターフェイス、SB Type-C 3.1 Gen2 (Thunderbolt 3対応)x1、USB Type-C 3.1 Gen1x1、USB 3.1 Gen1×2(Powered×1)、microSDメディアカードリーダー、スマートカードリーダー(オプション)、HDMI、RJ-45、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック 。

レノボのノートパソコン

ECS LIVA Z2 N4000 64GB - PC-NEWS

| コメント(0)

コンパクトなミニPCはそれなりに需要があると思うが、通常部品が小型化すると高価になってしまうが、拡張性は落とさずにコスパ重視でよく完成されたものだと思う。4K/60fpsの出力に対応する、HDMI 2.0ポートを搭載。フルHDの4倍となる高解像度を60fps(秒間フレームレート)で出力することで、滑らかで自然な映像として出力することが可能。このあたりはとても嬉しい。

LIVA Z2(N4000).jpg

ECS LIVA Z2 N4000 64GB スペック以下引用

リンクスインターナショナルは、2019年12月、Windows 10 Home 64bit Sモードを搭載した小型デスクトップパソコン「LIVA Z2(N4000)64G」を発売。ボディーカラーは、ブラック。 完全無音動作を実現するという、ファンレス仕様。2.5インチ SATA 6Gb/s(SATA3.0)拡張スロットを備え、目的や用途に応じてストレージの増設に対応。

>4K/60fpsの映像出力に対応するHDMI 2.0ポートと、デュアルモニタ出力に対応、拡張性に優れた各種USBポートを合計6ポート搭載、高速無線LAN Wi-Fi 802.11ac、Bluetooth 4.2と、有線ギガビットLANポートを搭載。 OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron N4000 プロセッサー」、メモリー、4GB、ストレージ、64GB eMMC、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD Graphics 600」、本体サイズ、幅132×奥行118×高さ56.4 mm、重さ、640g。

LEVEL-15FX065.jpg

NVIDIA GeForce GTX1660Tiグラフィックスは、従来のGeForce GTX 10 シリーズから大幅に進化した「NVIDIA Turing™GPU アーキテクチャ」と次世代の超高速「GDDR6 メモリ」を採用した新しいGPU。一時期、AMD製のCPUやGPUが増えたようにも思ったけれど、やっぱりNVIDIAの信頼性は譲れないユーザーは多い。

パソコン工房 LEVEL∞ N LEVEL-15FX065-i7-RISS スペック 以下引用

パソコン工房は、2019年7月、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞ N(レベル インフィニティ)」のゲーミング専用の15.6型ノートパソコンシリーズからCore i7 搭載モデルの「LEVEL-15FX065-i7-RISS」を発売。ボディーカラーは、ブラック。
第9世代インテル Core i7-9750HプロセッサーとNVIDIA GeForce GTX 1660 Tiグラフィックスを搭載。NVIDIA GeForce GTX 1660 Tiグラフィックスは、従来のGeForce GTX 10 シリーズから大幅に進化した「NVIDIA Turing GPU アーキテクチャ」と次世代の超高速「GDDR6 メモリ」を採用した新しいGPU。臨場感あふれるゲームを存分に楽しめる。

Screenshot_2019-11-28 news_20190723_01 pdf.png

目玉は、やっぱり有機ELのK-UHD 液晶。さすがにクリエイター向けとは言ってもここまでハイエンドモデルを必要とするクリエイターは限られるかもしれないが、最近は動画作成なんかで広告収入目当てにyoutubeのデータを作成するニーズがある。PCのスペックが向上しているのでとても素人が作成した映像とは思えないクオリティーのものまで時々あっておどろく。昔に比べて解像度も高いし、画質もいい。15.6型だが、狭額縁のせいかコンパクトに見える。

マウスコンピューター DAIV-NG5820 DAIV-NG5820S1-M2S2 スペック 以下引用

DCI-P3比 100%に対応した広色域な4K-UHD 有機 EL パネルを採用し、HDR や高解像度コンテンツの制作に適したモデル。、パネルの上左右3辺のベゼル幅を狭めたナローベゼル。Thunderbolt 3 端子を内蔵しており、外付けインターフェースでありながら、内蔵 SATA3 ストレージを超える高速なデータ転送を実現。
ディスプレーは、LEDバックライト付15.6型(3840×2160 ドット)4K Ultra 光沢液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-9750H プロセッサー」、メモリー、16GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「GeForce RTX 2060」 「インテル UHD グラフィックス 630」、バッテリー駆動時間、5.4時間、本体サイズ、幅 359 × 奥行 257.8 ×高さ 29.9 mm、重さ、2.4 kg

TSUKUMO eX.computer TSNB14UP1BK/WH - PC-NEWS

| コメント(0)

TSNB14UP1 4.jpg

TSUKUMOの税別29800円で購入できるコスパ高の14.1型ノートpc。さらにWindows Pro を搭載する。セカンドマシンとして自宅において会社の仕事などをするにはもってこい。安価なpcをさがしている方には嬉しいスペックで価格帯。ストレージが64GBだとちょっと不安という方のために最大128GB のmicro SDカードに対応したカードリーダーを搭載している。これで安心。

TSUKUMO eX.computer TSNB14UP1 TSNB14UP1BK/WH スペック

Project Whiteは、2019年7月、TSUKUMO(ツクモ)ブランドのパソコン「eX.computer」において、14.1型ノートパソコン「TSNB14UP1シリーズから「TSNB14UP1BK/WH」を発売。ボディーカラーは、ホワイト。
USB Type-Cポートは、次世代の充電技術USB Power Delivery に対応しており、対応充電器を利用することで高速充電が可能となる。Windows 10 Proの搭載によりRemote Desktopなどリモートワーク等に最適な機能やBitLockerなどの包括的で高度なセキュリティ機能が搭載。128GB のmicro SDカードに対応したカードリーダーを搭載。ディスプレーは、LEDバックライト付の14.1型(1920×1080ドット)のフルHDワイドIPS液晶。OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Celeron 3867U プロセッサー」、メモリー、4GB、ストレージ、64GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、7.5時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 610」、本体サイズ、幅3332.5×奥行223.5×高さ21.8mm、重さ、1.5kg。

ブラックモデル TSNB14UP1BK はこちら。

Acer XC-886.jpg

エイサーの幅10cmの省スペース型デスクトップPC「Aspire X」シリーズからの新モデルのラインアップ。Core i7 搭載モデル、Core i5 搭載モデル、Core i5搭載モデルにはOffice付もラインアップ。

エイサーの特徴的なサービスとしてデータトラブル時も安心なデータ復旧サービスを標準搭載している点。ハードディスクの復旧ができる。

品番 XC-886-F78V XC-886-F54F/F XC-886-F54F
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700
プロセッサー
Core i5-9400
プロセッサー
メモリー 標準 8GB(最大 32GB)
DDR4-2666MHz SDRAM
DIMM、デュアルチャネル対応可能、スロット数:2(空き:1)
標準 4GB(最大 32GB)
DDR4-2666MHz SDRAM / DIMM
デュアルチャネル対応可能、スロット数:2(空き:1)
ストレージ 512GB SSD
(M.2 (Type 2280)、PCIe、NVMe)
1TB HDD
(SATA、7200rpm)
ドライブ DVD±R/RW スリムドライブ
グラフィック インテル UHD グラフィックス 630
(メイン・プロセッサーに内蔵)、ビデオメモリー:最大 2124MB (メイン・メモリーと共用)
電源 220W、100V-240V、50/60Hz
サウンド機能 インテル ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
無線 IEEE802.11 a/b/g/n/ac 準拠
Bluetooth 4.2 準拠
インターフェイス イーサネット (RJ-45) ポート x1、USB 3.1 ポート x1 (Type-C、Gen 1、最大5Gbps)、USB 3.0 ポート x3、USB 2.0 ポート x4、マイクロフォン・ジャック x1、ヘッドフォン・ジャック x1、オーディオポート x3 (マイク入力、ライン・イン、ライン・アウト)、HDMI? 出力ポート (HDCP対応) x2、アナログ VGA (ミニ D-Sub 15ピン) 出力ポート x1
オフィス WPS Office standard UWP
体験版 (30日間)
Microsoft Office Home & Business 2019
(個人向け)
WPS Office standard UWP
体験版 (30日間)
サイズ 約100 x 298 x 354 mm 4.1kg

Acer Swift 3 SF314-56-A58U MIKU.png

初音ミクとのコラボレーションをしたノートパソコンSwift 3「SF314-56-A58U/MIKU」。7月発売ですでに4ヶ月経過しているが、TSUKUMOで購入できる。一時期のミクブームはやや下火なのかもしれない。pcのスペックは、まぁなかなかいいし、中級者?上級者まで満足のいくもの。

Acer Swift 3 SF314-56-A58U/MIKU スペック

エイサーは、2019年7月、初音ミクとのコラボレーションをした14型フルHDノートパソコン「Swift 3」シリーズから「SF314-56-A58U/MIKU」を発売。ボディーカラーは、ミクブルー。ボディはアルミニウム素材を採用し薄型でスタイリッシュなボディ。タッチパッドにはシルエットを用いるなど随所に工夫を凝らしたデザイン。Windows Hello 対応の Acer 指紋認証リーダーを搭載。ログイン時のスピードがアップし、ストレスなく起動できる。また、事前に登録したユーザーだけが使用できるように設定できるのでプライバシーやセキュリティも万全。ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフルHDワイドIPSノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256GBSSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、12時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅323×奥行228×高さ17.95mm、重さ、1.43kg。

Sensei Ten 3.png

Senseiの象徴的な両利き用形状が復活。どのような表面にも対応できる最高の追跡性能を備えたまったく新しいTrueMove Proセンサー。激しいゲームプレイ中でも高度な安定性を実現するチルトトラッキング。6,000万回のクリックでも失われないメリハリのある一貫したクリック感を保証。最も激しい摩損にも耐える高耐久性の造り。

steelseries Sensei Ten スペック 以下引用

steelseries(スティール) は、2019年11月、ゲーミングマウス「Sensei Ten」を発売。ボディーカラーは、ブラック。2009年発売の「SteelSeries Sensei」の形状を再現しながら、最新の光学式センサー「TrueMove Pro」を搭載。両利き用形状は、快適さを求めるプレイヤーの最も厳格な要求に応えるデザイン。持ち方がクローグリップでもフィンガーグリップでもパームグリップでも、その形状は、緊張感が長時間続くゲーミングセッション中も最適な快適さを実現。

Lenovo Tab M8 1.jpg

レノボの8型Androidタブレットの新モデル。7型モデルもラインアップ。8型と7型モデルのスペック比較は、以下のとおり。キッズモードを搭載し、豊富なキッズコンテンツの利用やペアレンタルコントロールによる使用制限が行え、小さなお子様も安心して使うことができる。

Lenovo TAB M8 ZA5G0084JP スペック 以下引用

レノボは、2019年11月、8型のAndroidタブレットの新モデル「Lenovo Tab M8 ZA5G0084JP」を発売。ボディーカラーは、アイアングレー 。プレミアム感のあるメタルボディに、狭額縁、広視野角IPSディスプレイを採用した8.0型タブレット。キッズモードを搭載、豊富なキッズコンテンツの利用やペアレンタルコントロールによる使用制限が行え、お子様も安心して使うことができるファミリー用途向け。Dolby Audioスピーカー、ブルーライト低減機能を搭載。スタンドにもなる専用フォリオケースも同時発売。マルチアカウントにも対応。ディスプレーは、8型(1280×800ドット)のタッチ対応液晶。OS「Android 9.0」、CPU「MediaTek Helio A22 Tab クアッドコア プロセッサー 」、メモリー、2GB、ストレージ、16GB、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、12時間、本体サイズ、幅199.1×奥行121.8×高さ8.15mm、重さ、305g。

Lenovo Tab M8、Lenovo Tab M7のスペック比較

品番 Lenovo Tab M8 ZA5G0084JP Lenovo Tab M7 ZA550154JP
画面 8.0型ワイドIPSパネル
(1280x800ドット)
7.0型ワイドIPSパネル
(1024x600ドット)
OS Android 9.0 Android 9.0 Go Edition
CPU MediaTek Helio A22 Tab
クアッドコア プロセッサー
MediaTek MT8321
クアッドコア プロセッサー
メモリー 2GB 1GB
ストレージ 16GB
インターフェイス Micro USB 2.0
microSDメディアカードリーダー
マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
通信 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth v5.0
バッテリー 12時間 10時間
サイズ 199.1×121.8×8.15 176.33×10.2.85×8.25
重さ 305g 236g

アイテム

  • sanwa 400-MA131.JPG
  • ThinkPad P43s.png
  • LIVA Z2(N4000).jpg
  • LEVEL-15FX065.jpg
  • Screenshot_2019-11-28 news_20190723_01 pdf.png
  • TSNB14UP1 4.jpg
  • Acer XC-886.jpg
  • Acer Swift 3 SF314-56-A58U MIKU.png
  • Sensei Ten 3.png
  • Lenovo Tab M8 1.jpg

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.4