Let's note SV8.jpg

本命のPanasonicの12.1型超軽量モデル。品質を下げずにどんどんバージョンアップしているように感じる。スリープ時でも低消費電力状態を維持し無線通信を実行。パソコンを開けない移動時間にメール受信やデータのダウンロードなどを行うことができる。また、スタンバイからの復帰も速く、スピーディーに作業を行えるのはすてき。

パナソニック、12.1型モバイルノートPC「Let's note SV8」(2019年夏モデル)以下引用

パナソニックは、2019年6月、12.1型ノートパソコン「レッツノート(Let's note) SV8」シリーズの夏モデル7モデルを発売。ボディーカラーは、ブラックとシルバー、さらにブラック&シルバーの3カラーバリエーションを揃える。持ち出せる大画面というコンセプトの14型 フル HDモデル。7モデル中6モデルがとも光学ドライブを搭載してドライブ1.2 kgを切る超軽量モデル。ドライブレスモデルもラインアップする。

全7モデルのラインアップは

画面を閉じたままデータ受信できるモダン スタンバイ

LV8シリーズでは、スリープ時でも低消費電力状態を維持し無線通信を実行。パソコンを開けない移動時間にメール受信やデータのダウンロードなどを行うことができる。また、スタンバイからの復帰も速く、スピーディーに作業を行える。

ACアダプターがなくても充電できる USB Power Delivery

USB Power Delivery対応の15W以上のACアダプターやモバイルバッテリーをUSB3.1 Type-Cポートに繋いでPCを充電できる。スマホなど、他機器との共通のACアダプターやモバイルバッテリーを使うことができる。

プレゼンをスムーズに行える HDMI&アナログRGB(VGA)

HDMI出力端子とアナログRGB(VGA)端子の両方を搭載。どちらかしかないプロジェクターやモニターに対応。

Let's note SV8 シリーズ スペック一覧(2019年夏モデル)

品番 CF-SV8LFNQR
SIMフリー
CF-SV8LDUQR CF-SV8KDPQR CF-SV8KDRQR CF-SV8KDGQR CF-SV8KDMQR CF-SV8KDWQR
カラー ブラック ブラック シルバー シルバー シルバー シルバー&ブラック シルバー
OS Windows10Pro64ビット
表示 12.1型(16:10)WUXGATFTカラー液晶(1920×1200ドット)アンチグレア
CPU インテル Core i7-8565Uプロセッサー1.80 GHz インテル Corei5-8265Uプロセッサー1.60 GHz
メモリ 8 GB 16 GB 8GB
ストレージ SSD:512 GB SSD:256 GB SSD:512 GB SSD:256 GB
光学ドライブ ブルーレイディスク
ドライブ(BD/DVD/CD)
スーパーマルチドライブ(DVD/CD) 別売り
無線LAN インテルRWireless-AC9560、IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac 準拠
Bluetooth Bluetoothv5.0
カメラ・マイク 顔認証対応カメラ、有効画素数最大1920×1080ピクセル(約207万画素)、アレイマイク搭載
インターフェイス USB3.1Type-Cポート(Thunderbolt?3対応、USBPowerDelivery対応)、USB3.0Type-Aポート×3、LANコネクター(RJ-45)、外部ディスプレイコネクター(VGA)、HDMI出力端子(4K60p出力対応)、ヘッドセット端子(マイク入力+オーディオ出力)、ステレオスピーカー
本体サイズ 幅283.5 mm×奥行203.8 mm×高さ24.5 mm(突起部除く)
重量 1.159 kg 1.099 kg 0.999 kg 0.919 kg
バッテリー 21 時間 13.5 時間 14 時間

iiyama PC LEVEL∞.jpg

『ハンターヒーロー』推奨パソコンということで3モデルがラインアップ。どれもすばらしいスペックで文句なし。少し前はSSD+HDDのデュアルストレージモデルは高級感があったけれど、最近は、SSDのみでも十分というイメージ。起動も速いし、昔に比べてやっぱり壊れない。よっぽど外敵な衝撃を加えても壊れない。ゲーミング専用モデルは、やりつくしてある感が強い。ユーザーは、皆パソコンに詳しいので詐欺的なことはできないのかもしれない。

iiyama、「ハンターヒーロー」推奨デスクトップPC 3モデル(2019年8月発売)以下引用

ユニットコムは、パソコン工房 iiyama PCブランドの「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」シリーズより、「ハンターヒーロー」推奨のデスクトップPCを3モデル発売。ボディーカラーは、ブラック。3モデルともBTOに対応。冒険に役立つ便利なアイテムと交換できるアイテムコードプレゼント中。

ハンターヒーロー 推奨PC

かわいいキャラが巨大な獣(ケモノ)を狩りまくる! ハンティングファンタジーMMORPG。プレイ操作も自動アシスト機能で、らくらくプレイが可能。広大な世界を様々なモンスターと戦いながら素材アイテムを集め、自らの武器や装備アイテムの製造や強化を行って更なる強敵に挑むハンターライフを存分に楽しむことができる。

ハンターヒーロー」推奨デスクトップPC スペック

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU インテル Core i5-9400F AMD Ryzen 5 3600 インテル Core i7-9700K
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 240GB Serial-ATA SSD 480GB SSD+2TB HDD Serial-ATA SSD
グラフィック GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
インターフィス PS/2コネクタ(キーボード/マウス兼用)×1 ,アナログ6chサウンド(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1)
,USB 3.1×4(背面×4) ,USB 3.0×2(側面×2) ,USB 2.0×2(背面×2) ,1000BASE-T LANポート×1
,マザーボード側ディスプレイ出力(DVI-I×1/DisplayPort×1)
PS/2コネクタ×2(キーボード×1/マウス×1) ,アナログ2ch(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1)
,USB 3.1×2(背面×2) ,USB 3.0×6(側面×2/背面×4) ,1000BASE-T LANポート×1 ,ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/DVI-D×1/HDMI×1)
PS/2コネクタ(キーボード/マウス兼用)×1 ,アナログ8chサウンド(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1/センター・サブ出力×1/リア出力×1)
,S/PDIF出力(角型)×1 ,USB3.1×2(Type-A×1/Type-C×1) ,USB 3.0×5(上面×1/背面×4) ,USB
2.0×2(上面×2) ,1000BASE-T LANポート×1 ,マザーボード側ディスプレイ出力(DVI-I×1/DisplayPort×1)
ドライブ DVDスーパーマルチ
サイズ 約幅190mm×奥行410mm×高さ356mm ※最大突起物除く 約幅190mm×奥行477mm×高さ432mm ※最大突起物除く
重さ

Panasonic Let's note LV8.png

人気の14型モデルの「Let's note LV8」シリーズの2019年夏モデル。画面サイズが大きくてキーボードが使いやすく、画面も見やすい。ビジネス寄りのコンセプトモデル。拡張性もよく会議室でプロジェクターにつなげるなどの端子が揃う。新しいスタンバイ機能「モダン スタンバイ」に対応。

パナソニック、14型モバイルノートPC「Let's note LV8」(2019年夏モデル)以下引用

パナソニックは、2019年6月、14型ノートパソコン「レッツノート(Let's note) LV8」シリーズの夏モデル4モデルを発売。ボディーカラーは、ブラックとシルバー。持ち出せる大画面というコンセプトの14型 フル HDモデル。4モデルとも光学ドライブを搭載してドライブ1.4 kgを切る超軽量モデル。ドライブレスモデルもラインアップする。

4モデルのラインアップは

画面を閉じたままデータ受信できるモダン スタンバイ

LV8シリーズでは、スリープ時でも低消費電力状態を維持し無線通信を実行。パソコンを開けない移動時間にメール受信やデータのダウンロードなどを行うことができる。また、スタンバイからの復帰も速く、スピーディーに作業を行える。

ビジネス向けモデル

キーピッチは一般的なデスクトップと同等のサイズ。

  • キーピッチ縦横:19mm
  • キーストローク:2mm

安定のWindows 10 Pro 搭載

BitLockerによりPC本体だけでなく外部ディスクやUSBフラッシュメモリなどの外付け機器のデータも暗号化。セキュリティー対策にも対応。

14型

1920×1080ドットのFull HD液晶を搭載。画面の文字が大きく照明や外光の映り込みを抑制し、非光沢なので長時間作業でも目が疲れない。

Let's note LV8 シリーズ スペック一覧(2019年夏モデル)

ディスプレー
14.0型(16:9)FullHDTFTカラー液晶(1920×1080ドット)アンチグレア
OS
Windows10 Pro 64 ビット
CPU
インテル Corei7-8565Uプロセッサー1.80 GHz
インテル
Core i5-8265Uプロセッサー1.60 GHz
メモリー
8 GB(拡張スロットなし)

16 GB(拡張スロットなし 8 GB(拡張スロットなし)
ストレージ
SSD:512
GB
SSD:256 GB
グラフィック
インテル
UHD グラフィックス620(CPUに内蔵)
光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブ(BD/DVD/CD)

スーパーマルチドライブ(DVD/CD) 別売り
インターフェイス
USB3.1Type-Cポート(Thunderbolt?3対応、USBPowerDelivery対応)、USB3.0Type-Aポート×3、LANコネクター(RJ-45)、外部ディスプレイコネクター(VGA)、HDMI出力端子(4K60p出力対応)、ヘッドセット端子(マイク入力+オーディオ出力)、ステレオスピーカー
バッテリー
19.5 時間 12.5 時間 13.0 時間
サイズ
幅333.0 mm×奥行225.3 mm×高さ24.5 mm(突起部除く)
重量
1.385 kg 1.25kg 1.17 kg

- PC-NEWS

| コメント(0)

ASUS Chromebook Tablet CT100PA.jpg

MIL規格に準拠した高い堅牢性がコンセプト。9.7型のタブレットと11.6型のノートPCタイプもラインアップする。法人教育機関向けChromebook。教育現場は割と過酷な条件だったりするが、これなら安心。

ASUS、Chrome OSを搭載の9.7型タブレット(2019年6月発売)以下引用

エイスースは、2019年6月、Chrome OS 搭載の9.7 型のタブレット「ASUS Chromebook Tablet CT100PA」を発売。ボディーカラーは、ダークグレイ。

MIL規格に準拠した高い堅牢性

ASUS Chromebook Tablet CT100PA CT100PA-AW0010 スペック

自然な描き心地で、メモやスケッチなどを思い通りにペン入力できる、スタイラスペンを付属。スタイラスペンは電源不要で本体とのペアリングといった面倒な作業も不要。
搭載する9.7型の液晶ディスプレイはフル HDよりも高い解像度の2048×1536ドット(QXGA)となり、驚くほど精細に写真や動画を映し出すことができる。高解像度背面カメラを搭載してGoogle Expedition ARに対応する。

ディスプレーは、9.7型(1536×2048ドット)のQXGA グレア液晶。タッチ対応。OS「Chrome OS」、CPU「OP1 Hexa-core(デュアルコアARM Cortex-A72+クアッドコアARM Cortex-A53)、メモリー、4 GB、ストレージ、32 GB eMMC、グラフィック「Mali-T860MP4」、バッテリー駆動時間、10 時間、本体サイズ、幅 幅172.2 × 奥行238.8 × 高さ9.98 mm、重さ、510 g。

インターフェイス、U
SB3.1 (Type-C/Gen1)×1
microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
ASUSのタブレット

同時期に同コンセプトで発売のノートパソコンはこちら。

ASUS Chromebook Flip C214MA.jpg

教育現場で使用されることの多いChrome OSを搭載したタッチ対応の11.6型モデルとフリップ対応モデル。MIL規格に準拠した高い堅牢性が特徴の2モデル。

ASUS、Chrome OSを搭載のタッチ対応の11.6型ノートパソコン2モデル(2019年5月発売)以下引用

エイスースは、2019年6月、「ASUS Chromebook」シリーズよりタッチ対応の11.6型ノートパソコン「ASUS Chromebook C204MA C204MA-BU0030」とフリップ対応のノートパソコン「ASUS Chromebook Flip C214MA C214MA-BW0028」の2モデルを発売。ボディーカラーは、ダークグレー。

米国軍用規格のMIL規格に準拠したテストをクリアしており、教室の中というタフな環境にも対応。

タッチ対応ノートパソコンタイプ

最長約13時間のバッテリー駆動時間。上下左右とも170度の広い視野角を実現し、画面を180度開いてフラットにすれば、一緒に画面を見ながら作業するのに最適。
ASUS Chromebook C204MA C204MA-BU0030

フリップ対応タッチ対応ノートパソコンタイプ

4つのスタイルと広視野角のタッチパネルを搭載し、様々な学習環境に適応。2つのカメラが搭載され、便利な高精度スタイラスペンも内蔵、様々な学習シーンに役立つ。
ASUS Chromebook Flip C214MA C214MA-BW0028

2モデルのスペック比較

ディスプレー
11.6型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:ノングレア
解像度:1,366×768ドット (WXGA)
タッチパネル:搭載
11.6型ワイドTFTカラー液晶 (CorningR GorillaR Glass 3)
表面仕様:グレア
解像度:1,366×768ドット (WXGA)
タッチパネル:搭載
OS
Chrome OS
CPU
インテル Celeron プロセッサー N4000
メモリー
4GB :LPDDR4-2400
ストレージ
eMMC :32GB
グラフィック
インテルR UHD グラフィックス 600 (CPU内蔵)
光学ドライブ
別売り
インターフェイス
USBポート:USB3.1(Type-C/Gen1)×2 、USB3.0×1
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ :マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
バッテリー
13時間 12時間
サイズ
幅292mm×奥行き199mm×高さ19.5?20.1mm(突起部除く) 1.2kg 幅292mm×奥行き199mm×高さ19.5?20.1mm(突起部除く)1.29 kg

    Acer TMB118G2R-N14P.jpg

    法人向けのモデルということでデータを守るというところにコンセプトを置いていてMIL-STD 810G準拠。周囲をラバー製バンパーで保護し、内部はハニカム構造で強化。高さ122?からの落下試験をはじめ、49℃の高温から -32℃の低温までの耐久性、防滴、耐振動、防塵の項目をクリア。さらにキーボードに水をこぼしても内部の精密機械が濡れない防滴構造を採用。こぼれた水は内部の溝を通り、底面の孔から排出されます。(最大330ml)。データそのものが資産である企業では嬉しい設計になっている。病院とかにもおすすめ。

    エイサー、11.6型MILスペック準拠のタフモデル(2019年5月発売)以下引用

    米国国防総省の定める耐久試験「MIL-STD 810G」準拠のタフ設計の11.6型ノートPC 2モデル、タッチ対応コンバーチブル TravelMate Spin B1「TMB118G2R-N14P」と、クラムシェル TravelMate B1「TMB118M-N14P」を発売。

    コンバーチブルモデル

    MIL-STD 810G準拠のタフネスタッチ対応モデル
    TravelMate Spin B1 TMB118G2R-N14P
    発色性が高く、視野角による色変化の少ないIPSパネルを搭載。高い耐久性で知られるCorning社製Gorilla Glass 3を液晶の保護ガラスとして採用。ボディだけではなく、画面の耐久性も強化。

    クラムシェルモデル

    MIL-STD 810G準拠のタフネスタッチ非対応モデル
    TravelMate B1 TMB118M-N14P
    従来のクラムシェル型でありながら、最適な角度を選べるディスプレイは180°まで倒せるため、机上にフラットに置くことができます。画面の共有に最適。

    コンバーチブルモデル
    TravelMate Spin B1 TMB118G2R-N14P
    クラムシェル型モデル
    TravelMate B1 TMB118M-N14P
    ディスプレー
    LEDバックライト付 11.6型1366 x 768 WXGA (HD) 10点マルチタッチ グレア
    LEDバックライト付 11.6型1366 x 768 WXGA (HD) ノングレア
    OS
    Windows 10 Pro 64bit (日本語版)
    CPU
    インテル Celeron プロセッサー N4000
    メモリー
    標準4GB(オンボード 4GB)/最大4GB
    DDR4-2666MHz SDRAM, デュアルチャネル対応
    スロット数 x0(空き x0)
    ストレージ
    64GB eMMC
    オンボード eMMC / eMMC パーティション: C ドライブ 約 57 GB
    グラフィック
    インテル UHD グラフィックス 600 (CPUに内蔵)
    光学ドライブ
    別売り
    インターフェイス
    USB 3.0 ポート x1、USB 2.0 ポート x1 、HDMI ポート(HDCP対応)x1、ヘッドセット/スピーカージャック x1、Bluetooth 4.0 準拠、IEEE802.11 a/b/g/n/ac 準拠
    サイズ
    約22.30 (H) × 291.0 (W) × 211.0 (D) mm
    重量 約1.49kg
    約22.30 (H) × 291.0 (W) × 211.0 (D) mm
    重量 約1.46kg

    Aspire 3 A315-53-N24U.png

    メイン機のサブ用。メール、インターネット閲覧、OfficeぐらいならOKのスペック。動画編集とかもとなったら非力かな?薄型のスタイリッシュなパソコン。

    Acer、スリムでスタイリッシュな15.6型ノートPC Aspireシリーズ「A315-53-N24U/K」(2019年5月発売)以下引用

    エイサーは、2019年5月、スリムでスタイリッシュな15.6型ノートPC 「Aspire」シリーズより「A315-53-N24U/K」を発売。ボディーカラーは、オブシディアンブラック。

    高速起動・処理で人気のSSDプロセッサーを搭載

    Acer Aspire 3 A315-53-N24U/K スペック

    起動時間が短く、高速処理で人気のSSDを256GB搭載。また、CPUは「インテル Pentium Goldプロセッサー」を搭載。複数のウェブページを閲覧するネットサーフィンや、画像・動画の保存などの作業も快適。フルHDパネルを搭載で写真や動画・ゲーム画面なども細部までくっきり鮮明に映し出す。

    右クリック、ズーム、スクロールなどの操作もタッチパッドでの指先操作だけでスムーズに行える。

    ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080 ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Pentium Goldプロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 610(CPUに内蔵)」、バッテリー駆動時間、7.5 時間、本体サイズ、幅 381 × 奥行 262.8 × 高さ 20.95 mm、重さ、2.1 kg。

    インターフェイス、イーサネット(RJ-45)ポート × 1、USB 3.0ポート × 1、USB2.0ポート × 2、ヘッドセット/スピーカー・ジャック × 1、HDMI 出力ポート(HDCP対応) × 1。

    ここまでの性能が必要か?と言われたら??だけれど、美しい描画に慣れたら「GeForce RTX 2070 SUPER」が普通になってしまうのだろうか?仕事でもDTPとかちょっとクオリティーの高いデータはGPUがかなりいいものを搭載している。できあがったデータを見るとよくわかる。

    RTX 2070 SUPER.jpg

    マウスコンピューター、最新高性能グラフィックスカード 「GeForce RTX 2070 SUPER」搭載デスクトップパソコン(2019年7月発売)以下引用

    マウスコンピューターは、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」(ジーチューン)とクリエイター向けパソコンブランド「DAIV」(ダイブ)から「GeForce RTX 2070 SUPER」を搭載したハイエンドデスクトップパソコン2モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。

    おなじみのゲーミング専用PCとクリエイター専用PCの2モデルに従来の「GeForce RTX™ 2070」 搭載製品と比べ、3D 演算処理能力が最大で約12.4%向上し、リアルタイム レイ トレーシング対応アプリケーションにおいて光の反射や屈折、影の処理をよりリアルに描写できる。

    「G-Tune」と「DAIV」から1モデルずつラインアップ

    OS
    Windows 10 Home 64ビット(DSP)
    CPU
    インテル Core i7-9700K プロセッサー
    インテル Core i9-9900K プロセッサー
    メモリー
    32GB (16GB×2/ デュアルチャネル)
    ストレージ

    3TB HDD512GB インテル 660p (NVMe対応/ M.2規格/ PCI Express ×4 接続)

    3TB HDD 256GB (NVMe対応) SSD
    グラフィック
    GeForce RTX 2070 SUPER
    光学ドライブ
    DVDスーパーマルチドライブ (スロットイン)
    別売り
    インターフェイス

    ディスプレー×4 (DisplayPort×3、HDMI×1) (DisplayPort-DVI-D変換ケーブル付属)、USB2.0×2
    (前面×2)、SB3.0×6 (背面×4、前面×2)、USB3.1×2 (Type-A/背面×1、Type-C/背面×1)、イーサ-ネット×1
    (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))

    ディスプレー×4 (DisplayPort×3、HDMI×1) (DisplayPort-DVI-D変換ケーブル付、属)、USB3.0×6
    (背面×4、前面×2)、USB3.1×2 (Type-A/背面×1、Type-C/背面×1)、イーサネット×1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))、S/PDIF×1
    (オプティカル/角型 背面×1)
    本体サイズ
    215×490×501 mm 16.1 kg。
    190×490×490 mm 10.7 kg
    電源
    700W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUSR BRONZE】

    sanwa MA-ERGBT15.JPG

    サンワの持ちやすく手首への負担が少ないエルゴノミクスマウス。Bluetoothのワイヤレス仕様。通常のマウスを使っていてこれに持ち替えると最初の違和感は半端ないけれど、手首の疲れが全く違う。

    サンワサプライ、人間工学に基づいた手首への負担を軽減した Bluetoothエルゴノミクスマウス(2019年7月発売)以下引用

    サンワサプライは、2019年7月、人間工学に基づいた形状で、手首への負担が少ないBluetooth エルゴノミクスマウス「MA-ERGBT15」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

    自由な角度で持てるエルゴノミクス

    サンワサプライ MA-ERGBT15 スペック

    上から手を乗せるのではなく、横から軽く手を添えて使う設計。手首を曲げたりひねったりせず自然な角度で持つことができ、長時間使用しても手首に負担が少ない。
    Bluetooth Ver.3.0 規格に対応し、Bluetooth 内蔵のパソコンにレシーバー無しで接続可能。Bluetooth内蔵であればAndroid搭載のスマホやタブレットでも使用できる。

    サイドに戻る・進むボタンを搭載しており、Webブラウザの操作がスピーディーに行える。
    長時間パソコン作業をされる方や腱鞘炎が気になる方、日常のマウス操作をより快適にしたい方におすすめ。

    本体サイズ、幅 68 × 奥行 124 × 高さ 62 mm、重さ、102 g(電池含まず)

    G-GEAR.jpg

    狭縁ベゼルの新筐体とレイトレーシング対応により、さらにリアルで没入出来るゲーム体験が可能。GeForce RTX 2060を搭載した本格ゲーミング専用ノートPC。

    TSUKUMO、15.6型G-GEAR、GeForce RTX 2060を搭載のゲーミング専用ノートPC(2019年5月発売)以下引用

    Project Whiteは、2019年5月、TSUKUMO(ツクモ)ブランドのゲーミング専用ノートPC「G-GEAR」シリーズから「N1572K-700/T」「N1572K-720/T」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

    狭縁ベゼルの新筐体とレイトレーシング対応

    NVIDIAの新アーキテクチャ「Turing」を採用した最先端の「NVIDIA GeForce RTX2060」を採用。CPUには、「インテル Core i7-8750Hプロセッサー」を搭載。6コア/12スレッドとコア数が増加したことで、ノートPCにおいてもデスクトップPCに引けを取らない高いマルチタスク能力を搭載する。

    キーボードは入力しやすいようにデスクトップパソコンと同等のキーサイズを採用。また、ゲームの臨場感を盛り上げてくれるフルカラー LED バックライトを採用し、薄暗い室内でもキーを見失う可能性を大幅に軽減。

    無線ネットワークには安定した通信品質で定評のあるインテル製LANチップを搭載したIEEE802.11ac対応の高速無線LAN機能を搭載。有線ネットワークには、大容量のデータ通信にも耐えられる高速なギガビットイーサネット(1000BASE-T)を採用。

    ビデオチャットやテレビ会議を楽しめる、フルHD対応の高画質なWEBカメラを内蔵。

    上下左右の区別がなく、高速なデータ転送が可能なUSB3.1(Gen 2) Type-Cポートを1つ搭載。

    ディスプレー
    15.6型フルHD ノングレアIPS方式液晶
    (LEDバックライト、解像度1920X1080ドット)
    OS
    Windows 10 Home(64ビット版)
    CPU
    インテル Core i7-8750H プロセッサー
    メモリー
    16GB DDR4 SODIMM (PC4-21300)
    ストレージ
    250GB SSD (M.2規格 / SATA接続)
    500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
    グラフィック
    NVIDIA GeForce RTX 2060 / 6GB (GDDR6)
    インテル UHD グラフィックス 630 / メインメモリからシェア
    光学ドライブ
    別売り
    インターフェイス

    USB3.1(Type-C/Gen2)×1、USB3.0×2、USB2.0×1、IEEE 802.11 ac/a/b/g/n (インテルR Dual Band Wireless-AC 9462)、Bluetooth 5.0

    本体サイズ
    W 361mm x D 258mm x H 27.9mm (折りたたみ時、突起物含まず)
    約2.2kg (バッテリー装着時、本体のみ)

    アイテム

    • Let's note SV8.jpg
    • iiyama PC LEVEL∞.jpg
    • Panasonic Let's note LV8.png
    • ASUS Chromebook Tablet CT100PA.jpg
    • ASUS Chromebook Flip C214MA.jpg
    • Acer TMB118G2R-N14P.jpg
    • Aspire 3 A315-53-N24U.png
    • Aspire 3 A315-53-N24U.png
    • RTX 2070 SUPER.jpg
    • sanwa MA-ERGBT15.JPG

    カテゴリ

    Powered by Movable Type 7.1.2