MF-FCU3064GBK.jpg

キャップを紛失する心配が無用の片手で抜き差し可能なフリップキャップ方式を採用した高速データ転送が可能なUSB3.1(Gen1)対応USBメモリ。使い勝手がよくコスパもグッド。

エレコム、フリップキャップ方式USB3.1(Gen1)/USB3.0対応USBメモリ「MF-FCU3」シリーズ(2019年5月発売) 以下引用

エレコムは、2019年5月フリップキャップ方式でUSB3.1(Gen1)/USB3.0対応USBメモリ「MF-FCU3」シリーズを発売する。64GBモデル、32GBモデル、16GBモデル、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4カラー合計12モデルをラインアップする。

高速データの転送が可能。USB2.0環境にも対応しており、USB2.0対応のパソコンや周辺機器ともそのまま接続可能。
フリップキャップ方式を採用し、キャップの紛失がない。片手でキャップを移動させてそのままUSBポートに差し込んだり、抜いたりすることができる。
セキュリティ対策としてWindowsパソコン向けに、2種類から選べるセキュリティソフトを、弊社Webサイトより無料でダウンロード可能。

本体サイズ、幅 55 × 奥行 19 × 高さ 9.5 mm、重さ、8 g。

フリップキャップ式USBメモリ MF-FCU3 シリーズ

MF-FCU3 シリーズは、容量別に64GBモデル32GBモデル16GBモデルにそれぞれブラック、ブルー、ホワイト、レッドの4カラーをラインアップする。
高速データ転送が可能なUSB3.1(Gen1)対応USBメモリキャップを紛失する心配がなく、片手で抜き差し可能なフリップキャップ方式を採用。

MF-FCU3064 シリーズ [64GB]

MF-FCU3032 シリーズ [32GB]

MF-FCU3016 シリーズ [16GB]

ドスパラのゲーミング専用PC「GALLERIA」シリーズからの新モデル。人気のBTOモデル。NVIDIA GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6 (2スロット使用/DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x1)を搭載。ゲームでなくても

GALLERIA 後ろ.jpg

ドスパラ、「GeForce GTX 1660 Ti」を搭載したゲーミング専用デスクトップPC(2019年2月発売)以下引用

ドスパラは、2019年2月、ゲーミング専用デスクトップPC「GALLERIA」シリーズから「GALLERIA XT」、「GALLERIA ZT」の2モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。

ミドルクラスGPU搭載のゲーミング専用デスクトップパソコン

静音ファンと大型の放熱ヒートシンクを組み合わせた、高性能CPUファン採用。強力かつ安定した冷却性能とさらに向上したターボ性能で、快適にゲームプレイできる。Steamクライアントがインストール済み。
最新のエキサイティングなゲームがすぐにプレイできる。前面と底面から外気を取り込み、背面ファンと電源ユニット搭載ファンにより効率的に排気。ケース内の対角線を結ぶ大きな空気の流れを作り、熱だまりの発生を防ぐ。

GALLERIA XT
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8700」、メモリー、8 GB、ストレージ、1 TB HDD+500 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce GTX1660Ti 」、本体サイズ、幅 207 × 奥行 520.7 × 高さ 450.2 mm、重さ、13.9 kg。
GALLERIA ZT
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i9-9900K」、メモリー、16 GB、ストレージ、2 TB HDD+512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce GTX1660Ti 」、本体サイズ、幅 207 × 奥行 520.7 × 高さ 450.2 mm、重さ、13.9 kg。

GALLERIA 後ろ

GALLERIA 後ろ

iPad miniシリーズと同時にリニューアルした10.5型のiPad Air シリーズ。入力が多いユーザーは、iPad Airを選ぶように思うけれど、アップルはいわゆるニーズの取りこぼしがないのはやっぱり経営方針なのだろうか?どちらも魅力的で迷うユーザーは多い。

apple iPad Air.jpg

リニューアルしたアップルの10.5型 iPad Air Wi-Fi シリーズ(2019年春モデル)以下引用

アップルは、2019年3月、10.5型の「iPad Air」シリーズから2019年春モデル「iPad Air 10.5インチ 第3世代 Wi-Fi 64GB 2019年春モデル」を発売。64GBモデル、256GBモデルの2種類、ボディーカラーは、ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3カラー、合計6モデルをラインアップする。

iPad Air 10.5インチ 第3世代 Wi-Fi 2019年春モデル

10.5インチのWi-Fiモデルは、64GBモデルと256GBモデルの2種類のストレージをラインアップ。カラーは、3カラー(ゴールド、スペースグレイ、シルバー)。

64GBモデル

256GBモデル

特徴

Apple Pencil1への対応やハイエンドのパフォーマンスを含む最新の技術革新を驚きの価格で提供。A12 Bionicチップにより、新しいiPad Airは、パフォーマンスが70%高速化したほかグラフィックス性能も2倍に。

スペック

ディスプレーは、LEDバックライト付の10.5型(2224×1668ドット)のIPS 液晶。タッチ対応。OS「iOS 12」、CPU「Apple A12」、ストレージは、64GBモデル、256GBモデルのどちらかを選べる、光学ドライブ、別売り、本体サイズ、幅 174.1 × 奥行 250.6 × 高さ 6.1 mm、重さ、456 g。

体内の細菌をやっつけるのにこれ以上有効なものはない、というのが抗生物質です。風邪をこじらせた、気管支炎、扁桃腺がま勝れた、中耳炎だ、と、感染によって起きたあらゆる病気の予防や治療に活躍しているのですが、はたしてこんなに多用していいのでしょうか?

と、思っていたらやっぱりこんな弊害が生じました。抗生物質が効かないほど強靭な菌が病院内で出現してきているのです。

社会問題としてもとりあげられている院内感染です。もともと抗生物質は微生物からつくられます。微生物という生体が、ほかの微生物の発育を妨げるという性質を利用して、病原菌が体内に異常増殖するのを防ぎます。

現在では抗生物質も化学的につくり出せるようになり、そちらの方が多く使われています。ところが、いつでも抗生物質にやっつけられる菌ばかりとは限らないのです。たまに薬が効きにくい菌もいるのです。

これを耐性菌といいひとつの抗生物質に耐性があるなら、別の抗生物質で対抗すればいいと思うだろうが、繰り返しているうちに、これがどんどん力をつけてしまい、しまいにはどんな抗生物質にも負けない、いわば不死身の菌ができ上がってしまうのです。

これは明らかに抗生物質の大量使用が生んだツケ。MRS A(耐性ブドウ球菌) もそのひとつです。最近、このMRSAの院内感染で死に至ったという事件が全国各地の病院で起きています。

MRSA は基本的には空気感染はしない。病院内の患者やその家族、看護婦、医師その他の医療従事者や医療器具を介して感染するものです。健康な人間が菌を手につけていてもなんの心配もな手術後など、抵抗力のない患者がそこから感染すれば手の施しょうがないのです。しかし、すぐさま感染源を遠ざけ、消毒などで感染のルートを遮断すれば、防げないことはない。特に、手術や入院先には、何より清潔で、つねに消毒剤による手洗いを実行しているような病院を選ぶことも大切です。

Atomの中の最上位スペックとなる8世代のAtom x7-Z8700を搭載するドスパラのスティックPC。スティックPCにファンを搭載するまでにパワーアップしている。TVにつないで活用したらかなりいろんなことができる。ネットTVも大きなディスプレーで見たい!

dospara Diginnos DG-STK4C.jpg

ドスパラ、「Atom x7-Z8700」を搭載したスティックタイプPC「Diginnos Stick DG-STK4C」(2019年2月発売)以下引用

ドスパラは、2019年2月、スティック型PC「Diginnos Stick DG-STK4C」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

4コアCPUと4GBメモリ、64bit版Windowsの搭載 スティックPC

ドスパラ Diginnos DG-STK4C スペック

ポケットに入れて気軽に持ち歩くことができるWindows PC。ディスプレイやテレビのHDMI入力端子に接続するだけでWindowsパソコンに早変わり。
安定動作を実現する優れた冷却性能を搭載する。
大口径冷却ファンを採用し、性能低下や熱暴走の原因となる筐体内部の熱を効率よく排除する。4
コアCPUと4GBメモリ、64bit版Windowsの搭載で、ネットや動画閲覧など、現行のデスクトップPCと比べても遜色のない性能を発揮。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Atom x7-Z8700」、メモリー、4 GB、ストレージ、32 GB、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HDグラフィックス Gen.8(CPU内蔵)」
本体サイズ、幅 123 × 奥行 59 × 高さ 22 mm、重さ、95 g。

インターフェイスは、USB3.0Type-Ax2、 MicroUSB(給電用)x1、 HDMIx1、mmicroSDカードスロット(SDXC 64GBまで)、IEEE802.11 a/b/g/n/ac 433Mbps、Bluetooth 4.0。

現在、年中無休のテクニカルサポートもついた、プレミアムなセキュリティソフトマカフィー・リブセーフ 12ヶ月製品版を無料が付属。

診察での疑問は本当につきません。たとえば、神妙な面持ちで聴診器の先を当てるお医者さん。これが心臓や肺なら話はわかります。しかし、当てているのはへソのまわり。おなかがゴロゴロ下っているわけでもないのに、いったいなんの音がするのでしょうか?

診察のしかたにはいくつかの手順があります。たとえば腸の場合は、主に触診といって、おなかを押して、しこりやガスの有無を確かめます。では、聴診器で何を聞いているのでしょうか。これが聞こえる、聞こえる。順調な活動をしているときは、聴診器をあてるとグォンたくグォンと、まるで洗濯機が回っているように調子のよい音がするのです。

ガスがたまっているときはグーとかゴロゴロという音です。このような聴診の場合、特にお医者さんが問題にするのは、カランコロンという金属音のような音です。これは、腸の一部が閉塞し、よく運動できないときに聞こえる音です。

腸閉塞についてはこちらです。

腸液が分泌して、消化活動をしようとしても、一部が詰まっているために液だけ空回りしてカラカラ音がするのです。ただちに検査が必要とされ、X線撮影や超音波診断を受けることになるでしょう。

心臓の鼓動を聞いて、生きていることを確かめるというのはわかりますが、ほかの臓器もひそかに音を立てながら働いているのです。

サンワサプライ MA-WIR132BK.JPG

サンワの2電池交換なしで2年稼働するという省電力のIRセンサーを採用した静音ワイヤレスマウス。サンワのマウスは、ゲーミング専用とかでなければ静音は当たり前のスペックになってきた。

サンワ、電池交換なしで約2年動作する静音ワイヤレスマウス「MA-WIR132」シリーズ(2018年12月発売)以下引用

サンワサプライは、2018年12月、IRセンサーを採用した静音ワイヤレスマウス「MA-WIR132」シリーズを発売。ボディーカラーは、ブラック、レッド、ホワイトの3カラーをラインアップする。

MA-WIR132 シリーズ

IRセンサーを採用した静音ワイヤレスマウス

低消費電力設計を採用し、単3形乾電池1本で約2年間電池を取り替える必要がない。対称形で使いやすい、シンプルなワイヤレスマウス。

IRセンサーマウスは、波長の長い赤外線LEDを使用することで、駆動電圧を低くし、低消費エネルギーで使用できる省電力マウス。電波障害に強い2.4GHzデジタル帯で、通信範囲が半径10mの広範囲で安定したデータ通信が可能。

本体サイズ、幅 59.2 × 奥行 100.4 × 高さ 35.1 mm、重さ、約、約54g(電池含まず)。

バージョンアップした7.9型のiPad mini シリーズ。片手で操作できるサイズでこれだけ薄型だと使いやすそうなイメージ。Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルをラインアップする。

apple iPad mini 7.9インチ 第5世代 Wi-Fi 64GB 2019年春モデル.jpg

リニューアルしたアップルの7.9型 iPad mini Wi-Fi シリーズ(2019年春モデル)以下引用

アップルは、2019年3月、7.9型の「iPad mini」シリーズから2019年春モデル「iPad mini 7.9インチ 第5世代 Wi-Fi 2019年春モデル 」を発売。64GBモデル、256GBモデルの2種類、ボディーカラーは、ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3カラー、合計6モデルをラインアップする。

iPad mini 7.9インチ 第5世代 Wi-Fi モデル

7.9インチのWi-Fiモデルは、64GBモデルと256GBモデルの2種類のストレージをラインアップ。カラーは、3カラー(ゴールド、スペースグレイ、シルバー)。

64GBモデル

256GBモデル

特徴

メジャーアップグレードとなる新しいモデル。iPad miniは薄くて軽く、持ち運びやすいデザインなので、出かける時にも持ち歩きやすい。
300グラムを少し超えるほどの軽さに6.1ミリの薄さだから、 片手で持ち歩くのも、何かがひらめいた瞬間にバッグやジャケットのポケットから取り出すのも簡単。

これまでより3倍速いパフォーマンスと9倍速いグラフィックス性能。True Toneテクノロジーと広域色をサポートした先進的なRetinaディスプレイはこれまでより25%明るく、どのiPadよりも高いピクセル密度を持ち、どのようなセッティングでも没入感のある視覚。

Appleが設計したA12 BionicチップのNeural Engineは、先進的な機械学習とCore MLを使って、次世代のアプリケーションとiPadのワークフローを動かし、魅力的なAR体験や、3Dゲームの中でのフォトリアルなエフェクト、そしてアプリケーション内での目を奪うようなグラフィックス性能を実現。

先進的なフロントカメラとバックカメラを備えたiPad miniは、とても美しい写真を撮り、クリアで安定した1080p HDビデオを撮影可能。
アップグレードされたカメラによって、十分な明るさがない場所での並外れたパフォーマンスとHDビデオ録画が可能になり、書類のスキャンや、友達や家族とのグループFaceTime通話にも。

スペック

ディスプレーは、7.9型(2048×1536ドット)のRetinaディスプレー。タッチ対応。
OS「iOS 12」、CPU「Apple A12」、ストレージ、64GBと256 GBのどちらかを選べる、バッテリー駆動時間、10 時間、本体サイズ、幅 124.8 × 奥行 203.2 × 高さ 6.1 mm、重さ、300.5 g。

Apple Pencilに対応(別売りのApple Pencil(第1世代)に対応)

診察を受けているとき、お医者さんに背中をノックされたことがある人は多いはずです。トントン、トントン... ... 。いったい何が、どうわかるというのか、ちょっと素人には想像つきません。

「心配ないですね。ただの風邪です」こうやってお医者さんが背中をたたくのは、実は肺の音を聞こくため。です。

健康な肺はボンボンと軽く澄んだ音がします。鼓音、つまり空気の振動で響く太鼓のような音です。

ところが、なんらかの病気で肺に水がたまっていたりすると濁音といって音も濁ります。お医者さんは濁った音と澄んだ音の境界線までたたいてみて、肺にたまった水、つまり胸水の量を測定しているのです。

今度背中をたたかれたらチェックしてみるといい。下から上へ徐々にノックする位置を移動させていたら「どれどれ、どこまで水がたまってるのか、調べてみよう」というわけです。

また、前を向いて胸の真ん中あたりをたたくのは、心臓の大きさを調べるためです。心臓と肺の境界を計り、心臓が肥大していないか、肺を圧迫していないかを知る手がかりになります。こうした手がかりから、必要に応じてさらに詳しいレントゲン検査などへと進むわけだ。この昔ながらの打診法、医者と患者が触れ合う、まさに安全無害で大切な診察法です。カルテだけ見ていても大事なことはわかりません。

m-Book B401H front.jpg

同時期にリリースされた15.6型モデルの14型モデル。重さは、1.5kgなのでぎりぎりモバイルとしても使用可能。13.3型サイズに14型の液晶を搭載したモデル。液晶サイズが大きいので入力の作業もラクラク

マウスコンピューター、ナローベゼル 軽量、薄型 14型ノートPC「m-Book B401H」(2019年2月発売)以下引用

マウスコンピューターは、2019年2月、ナローベゼル、顔認証を搭載した14型の軽量ノートPC「m-Book B401H」を発売。ボディーカラーは、ゴールド(新色)。顔認証カメラを内蔵

台数限定で99,800円

限定台数終了後は109,800円(税別)にて販売。

ナローベゼル採用でコンパクト&スリムなボディ。メモリやSSD等、BTOカスタマイズ注文に対応。4K出力可能なHDMI端子とMini DisplayPortを各1基内蔵で、本体液晶を含めた同時3画面表示にも対応。

1.8mmのキーストローク、キー配列には18.2mmのキーピッチを確保する事で打ちやすさを重視したこだりのキーボード。

ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド IPS ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD(M.2 SSD)、光学ドライブ、別売り、バッテリー 駆動時間、9.8 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 329.8 × 奥行225 × 高さ 19.5 mm (折り畳み時/ 突起部含まず)、重さ、1.5 kg。

インターフェースは、ディスプレー×2 (HDMI 右側面×1、Mini DisplayPort 右側面×1)、USB2.0×1 (左側面×1)、USB3.0×2 (左側面×1、右側面×1)、USB3.1×1 (Type-C/ 右側面×1) 、イーサネット×1 (1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T(RJ-45) 右側面×1)、サウンド、ヘッドホン出力/ ヘッドセット(CTIA準拠 ミニジャック メス/ 左側面×1)、マイク入力(ミニジャック メス/ 左側面×1)、無線、IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵、S/PDIF×1 (オプティカル/ ミニジャック メス 左側面×1)。

アイテム

  • MF-FCU3064GBK.jpg
  • GALLERIA 後ろ.jpg
  • apple iPad Air.jpg
  • dospara Diginnos DG-STK4C.jpg
  • サンワサプライ MA-WIR132BK.JPG
  • apple iPad mini 7.9インチ 第5世代 Wi-Fi 64GB 2019年春モデル.jpg
  • m-Book B401H front.jpg
  • ASUS ROG STRIX GL12CX GL12CX-I9KR2080.jpg
  • Razer Basilisk Essentia.jpg
  • MousePro-P120B.jpg

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.0.1