Lenovo ThinkPad E480.jpg

薄型の14型ビジネスノートPC。重要なデータを守るTCG V2.0準拠のセキュリティチップ(TPM)を搭載。 Windows 10 Pro Bitlockerと連携してデータとパスワードを暗号化、高度なセキュリティを実現。

レノボ、14型ビジネスノートパソコン「ThinkPad E480」スペック 以下引用

レノボは、2018年2月、14型のビジネス対応14型スタンダードノートパソコン「ThinkPad E480」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad E480

Lenovo(IBM) ThinkPad E480 スペック

狭いベゼルと薄く洗練されたデザインを採用。鮮明な映像のディスプレイによりビジネスをスタイリッシュにこなせる。パワフルなパフォーマンスのインテルCoreプロセッサー、高速にファイルにアクセスできるM.2 PCIe SSD、高速なPC4-19200 DDR4メモリ搭載。高速ワイヤレスLANのIEEE802.11ac/a/b/g/nでネットに接続、USB3.1 Type-C (Video-out 機能付き)、USB 3.0(Powered USB)、HDMIなどの豊富なポートを備える。

ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-7200U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620)」、本体サイズ、329.3 × 奥行 242 × 高さ 21.9 mm、重さ、1.75 kg。

インターフェイスは、USB3.1×2 (Video-out機能付き)、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1、ドッキングコネクター×1 (USB Type Cx2と兼用)。

LUV MACHINES iH700BN.jpg

チップセットに「Intel B360」を搭載し、第8世代インテルCore iプロセッサーに対応することで、最大6コアのCPUを搭載することが可能。BTO対応。通常の使い方であればCore i3搭載モデルでも十分。

マウスコンピューター、第8世代インテルCoreを搭載したデスクトップパソコン「LUV MACHINES iH700BN」スペック 以下引用

マウスコンピューターは、2018年4月、ミニタワー型のデスクトップパソコン「LUV MACHINES」シリーズから「iH700BN」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

マウスコンピューター LUV MACHINES iH700BN

マウスコンピューター LUV MACHINES iH700BN [Windows 10 Home] スペック

最新第8世代クアッドコアCPU採用。14nm++プロセスを導入した最新第8世代CPU。普段使いに最適!インテル Core i3-8100 プロセッサー搭載パソコン。シンプルなデザインを活かしたケース前面に USB やオーディオ入出力等のインターフェースが設けられている。

アクセスしやすい中央部に配置し、対応機器をより手軽に利用可能。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i3-8100 プロセッサー」、メモリー、4GB、ストレージ、500 GB HDD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 630」、本体サイズ、幅 170 × 奥行 403 × 高さ 360 mm、重さ、6.5 kg。

インターフェイスは、ディスプレイ×2 (DVI-I×1、DisplayPort×1)、キーボード/マウス×1 (PS/2 Mini DIN 6ピン)、USB2.0×4 (背面×2、前面×2)、USB3.1×4 (背面×4)、ネットワーク×1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))、サウンド ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(前面×1)、マイク入力 (モノラル 前面×1/背面×1)

Lenovo ThinkPad E580.png

14型の薄型モデルもいいが、やっぱりビジネスでは15.6型がメインとなる。最近は、高速無線LANも搭載するので使い勝手がいいように思う。事務所がLANケーブルでぐちゃぐちゃという光景も見なくなった。

レノボ、ビジネスの生産性を最大化する15.6型スタンダードノート「ThinkPad E580」スペック 以下引用

レノボは、2018年2月、15.6型の生産性を最大化するスタンダードノート「ThinkPad E580」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad E580

Lenovo(IBM) ThinkPad E580 20KS0062JP スペック

パワフルなパフォーマンスのインテルCoreプロセッサー、高速にファイルにアクセスできるM.2 PCIe SSD、高速なPC4-19200 DDR4メモリ搭載。高速ワイヤレスLANのIEEE802.11ac/a/b/g/nでネットに接続、USB3.1 Type-C (Video-out 機能付き)、USB 3.0(Powered USB)、HDMIなどの豊富なポートを備えているので、さまざまなデバイスに快適に接続でき、ビジネスの生産性を高める。ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド IPS ノングレア液晶。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、8.4 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620)」、本体サイズ、幅 369 × 奥行 252 × 高さ 19.95 mm、重さ、2.1 kg。

インターフェイスは、USB3.1×2 (Video-out機能付き)、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック×1、ドッキングコネクター×1 (USB Type Cx2と兼用)。

乳清たんぱくがインスリンの分泌を促す

と同様に、食べたものが胃から腸へと送られるスピードを遅らせる食べものがあります。それは、ヨーグルトです。そもそも乳製品に含まれる乳持たんばくには、小腸から胱離されるインクレチンというホルモンを増やす働きがあります。

インクレチンには、インスリンの分泌を促したり、食欲を抑えたりする働きがあるので、食後血糖値の急上昇(食後高血糖)を防いでくれるのです。ある実験では、食事の前に牛乳なら100ml、ヨーグルトなら90g程度とれば、血糖値の上昇が30?40%抑えられたといいます。

これは、糖尿病の患者さんが服用する血糖降下剤と大差ない働きといえます。また、興味深いことに、糖尿病の治療薬であるDPP?4 阻害薬(インクレチン問適薬)は、乳製品の摂取が多い人ほどよく効くという報告もあります。

ちなみに、ヨーグルトを放置しておくと、液体が分離してきますが、この液体をホエイ(乳清)といいます。乳持たんばくは、このホエイにたくさん含まれているので、捨てずに全部食べるようにしましょう。

ヨーグルトは食事のたびにとるようにすれば、食後血糖値を下げることができます。とるタイミングについては、食事の南が効果的なようです。オーストラリアのある研究グループの報告によれば、ヨーグルトに含まれるホエイを食事の前に食べると、インクレチンの分泌が促され、食後血糖値の上昇が抑えられたそうです。

ヨーグルLrは、1回に90g程度をとるようにします。できれば、砂糖や乳脂肪のない「脱脂無糖」タイプを選ぶようにしましょう。ヨーグルトのほかに、生クリームやチーズでも同じ効果が期待できますが、乳脂肪分が多く、とりすぎるとカロリー過多になるので注意が必要です。

なお、ヨーグルトの嫌いな人は、シチューに入れたり、料理の隠し味にしたりしてとるのもいいでしょう。この場合、食前とはなりませんが、乳持たんばくの働きは十分に得られるはずです。糖尿病は、食事が大きく問係している生活習慣病です。

ここで紆介したように、毎日の食事にひと工夫、ひと手問を加えるだけで、意外と簡単に高い血糖値を下げたり、低く安定させたりできるのです。今すぐにできることを1つ1つ積み重ねて、糖尿病の予防・改善、ひいては合併症の予防に努めてください。

乳酸菌の働きを活性化しヨーグルトの便秘解消効果をアップさせる「塩ヨーグルト」

ASUS Cerberus Fortus.jpg

高DPIはより高速な応答をもたらしますが、同時にドリフトや制御不能を引き起こすことがある。従来の方法では、マウスに重りを装着してこの問題を解決するが、重量が均一に分散されないため、マウスのバランスが悪いように感じられることがある。Cerberus Fortusは、重量を均一に分散してスムーズな動きと無類の精度を実現するマグネシウム合金ベースで、この問題を回避。また、マグネシウム合金ベースは耐久性も高めるため、マウスの耐久性に不安を持たずにゲームを楽しめる。

ASUS、カスタマイズ可能なマルチカラーRGBを備えたケルベロスシリーズのゲーミングマウス「Cerberus Fortus」スペック 以下引用

ASUSは、2018年2月、カスタマイズ可能なマルチカラーRGBを備えたケルベロスシリーズのゲーミングマウス「Cerberus Fortus」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

ASUS ゲーミングマウス Cerberus Fortus

ASUS Cerberus Fortus スペック
イルミネーションやDPIの設定をCerberus Fortusのオンボードメモリに保存して、どのPCでも使用することができきる。マウスを差し込むだけで、すぐに使用可能。ソフトウェアの調整は不要。
性能と耐久性のバランスに優れたマグネシウム合金ベースを採用。感度が高く、最大5000万回のクリックに耐える高品質なオムロン製スイッチを搭載。しっかりとしたホールド感と高い耐久性を実現するサイドグリップのテクスチャー。特殊な編みタイプのケーブルで摩擦を低減し、ゲーム中の操作がよりスムーズに。
本体サイズ、幅 69 × 奥行 125 × 高さ 40 mm、重さ、114 g。ケーブル長、1.8 m。

ポン酢やレモンでも効果的

普段、食事で摂取した糖質は、小腸で消化酵素 によってブドウ糖に分解されます。そのブドウ糖は、インスリンの働きで筋肉などに取り込まれてエネルギーとして使われます。

糖質を多くとると、血液中の糖が増えて、食後血糖値が高くなります。すると、それを調節するために膵臓はインスリンを大量に分泌しなければなりません。このような状態が長く続くと、やがて膵臓は疲れ果ててしまい、必要なインスリンも分泌できなくなります。すい臓の疲れを解消するには、食事のさいに、糖質の多い主食を減らせばいいのですが、私たち日本人はご飯やうどん、ラーメンといった糖質の多い食事が大好きです。

お米大好き日本人の糖尿病リスクhttp://memodiary.html.xdomain.jp/dm/

では、主食を減らさずに食後の血糖値が上昇しないようにするにはどうしたらいいでしょうか?実は、この問題を解決する、とても簡単な方法があります。それは、料理に酢をかけることです。料理といっしょに酢をとると、食べたものが胃から小腸へ送り出されるのに時問がかかるようになります。また、酢が消化酵素の働きを抑えるため、糖の吸収がゆっくりになります。

こうした働きによって、食後血糖値の急上昇が抑えられ、すい臓もインスリンも元気を取り戻して若返るのです。ひと口に酢といっても、いろいろな種類があります。利用する酢は、米酢や穀物酢はもちろん、ワインビネガー、バルサミコ酢、ポン酢のような酢でもいいでしょう。

また、米酢などの酢の成分は酢酸ですが、レモンや梅などの果物に含まれるクエン酸でも同様の効果があります。くわしいしくみの詳細はわかっていませんが、酢酸もクエン酸も、食べたものが胃から腸へ流れる際に消化酵素の働きを抑える働きがあるようです。

なお、酢を使うなら、砂糖などの添加物をあまり含まず、穀物から作る醸造酢のほうが、効果が高いと考えられます。リンゴ酢などの果物が原料の酢には、砂糖が添加されているものもあるので注意してください。

酢は、1日に大さじ1杯(15cc) はとりたいものです。この量は、1日1品、酢の物を食べれば簡単に摂取できます。あるいは、1日3食に分けると小さじ1杯(5悶びなので、サラダや漬け物、眺め物に振り掛けるようにするといいでしょう。ほかにも、刺し身や冷ややっこなどを、しょうゆではなくポン酢で食べれば、減塩にもなります。糖尿病の人は高血圧になりやすいので、酢を使えばそれらの予防・改善も期待できます。なお、すっぱいものが苦手な人は、煮物などの隠し味に使ってもいいでしょう。

発酵黒豆エキスの使用感と効果https://www.cause-reason.info/kuromame/

Lenovo ThinkPad L480.jpg

レノボのThinkPad シリーズの中で目玉はやっぱり14型ノートだと思う。個人用もビジネス用もどちらも使い勝手がよさそう。基本は13.3型ボーディーに14型の液晶を搭載している。個人用のほうが軽量で薄型。ビジネス用はパフォーマンス重視になっている。

レノボ、高いコストパフォーマンスを誇る14型ビジネスPC「ThinkPad L480」スペック 以下引用

Lenovoは、2018年2月、14型の高いコストパフォーマンスを誇る14型ビジネスPC「ThinkPad L480」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

Lenovo ThinkPad L480

Lenovo(IBM) ThinkPad L480 パフォーマンス スペック
高性能でポータビリティーに優れ、多様なニーズに対応でき、あらゆる場所で生産性を高めるモデル。IRカメラや指紋センサーを選択するとセキュリティが向上して、IT部門のスタッフにとっても安心して導入できる。従来のモデルよりも軽量で薄くなり、どこにでも簡単に持ち出すことができる。
最新の第8世代インテル Core プロセッサーを選択可能、先進のセキュリティと管理性を実現するインテル vPro テクノロジーやAMD Radeon グラフィックスも選択可能。

ウェブ向けのパフォーマンスモデルは、ディスプレーは、LED バックライト付の14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイドIPS 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、バッテリー 駆動時間、11.8 時間、本体サイズ、幅 335 × 奥行 235 × 高さ 22 mm、重さ、1.68 kg。

インターフェイスは、USB 3.0 x 1、Powered USB 3.0 x 1、USB Type-C x 2(DC-in、Video-out機能付き)、HDMI x 1、RJ-45 x 1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、ドッキングコネクター x 1 (USB Type C x 2と兼用)。

好物だった甘いものを断つ

2年前に受けた健康診断で、空腹時血糖値が125mg/dlもあるとわかりました。「私は仕事上の付き合いもあり、暴飲暴食をくり返していたうえ、仕事上でストレスを感じることも多かったのです。血糖値が上がったのは、当然かもしれません。

とはいえ、医師から『このまま放置すれば一生、薬を飲みつづけなくてはならない』といわれて、それだけはさけたいと思いました。そこで、病院から処方された薬を飲みながら、甘いものとアルコールを控えるようにしました。そんなとき、友人がすすめてくれたのが、DPA (ドコサペンタエン酸)という新型魚油が豊富な健康食品です。「DPAは、従来の魚油にもある糖を解消する働きを強め、マンボウの肝油に多いと耳にしました。

私は、DPAの食品をとるようにすぐに注文したのですが、3ヶ月後にうれしい変化がありました。病院で血液検査を受けたところ、空腹時血糖値が15mg/dl下がって、110になっていたのです。「血糖値がほぼ正常化していたので、本当に驚きました。現在も血糖値は低く安定しており、このままDPAをとりつづければ、薬を手放せる日も遠くないと信じています。

倦怠感がなくなった

3年前に、空腹時血糖値が135mg/dlと知って、ショックを受けました。それまで血糖値が高かったことはなかったからです。当時、なんだか体がだるいと思ってはいましたが、特に気にしていませんでした。医者から糖尿病になると体がだるくなることもあると言われて納得しました。

そこで、医師の指導に従って食生活を改善しながら、自力で血糖値を下げるいい方法がないか調べました。「2年ほど前に、友人の桁介でDPAの食品を知り、毎日、夕食後にとりました。たまに酒を飲みすぎたと思うときには、少し多めにとったこともあります。その結果、徐々にだるさを感じることが減り、最近の健康診断では、空腹時血糖値が120mg/dlまで下がっていました。これからも食生活の改善と、DPAの摂取を続けたいと思っています。

STYLE-M0B3-R5G-VHS.jpg

「Ryzen 5」は、これまでのAMDアーキテクチャから更に進化した「ZEN」アーキテクチャを搭載し、今までにない高性能かつ高効率化を実現。 オフィスでの資料作成やデータ処理を快適にこなすのはもちろん、ゲーム用途など高い演算処理能力を必要とするシーンにおいても優れた性能を発揮。 最新のグラフィックス「Radeon Vega Graphics」を内蔵するRyzen 5は、他のオンボードグラフィックスを圧倒する優れたGPU性能との組み合わせにより、より高速でパワフルなパフォーマンスを発揮。

iiyama、AMD Ryzen 5搭載のミニタワー「STYLE-M0B3-R5G-VHS」スペック 以下引用

パソコン工房は、2018年4月、iiyama PC ブランドのミニタワーのデスクトップパソコン「STYLE∞ M」シリーズから「STYLE-M0B3-R5G-VHS」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

iiyama PC STYLE-M0B3-R5G-VHS

パソコン工房 iiyama PC STYLE∞ M STYLE-M0B3-R5G-VHS スペック
ミニタワーケースでありながら、ゆとりある内部マージンを持ち併せているので、様々なカスタムにも対応する。
「ZEN」アーキテクチャーを採用した、AMD製デスクトップ向けプロセッサー「Ryzen 5 2400G」は、最新のグラフィックス「Radeon Vega Graphics」を搭載し、他のオンボードグラフィックスを圧倒するGPU性能を発揮。マルチスレッド性能とオンボードグラフィックス性能に優れ、高いコストパフォーマンスを発揮するミドルクラス向けCPU。

OS「Windows 10 Home」、CPU「AMD Ryzen 5 2400G」、メモリー、4 GB、ストレージ、240 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「Radeon Vega 11 Graphics」、本体サイズ、幅 173 × 奥行 400 × 高さ 360 mm。

外部、インターフェイス、PS/2コネクタ×2(キーボード×1/マウス×1) 、アナログ2ch(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1) 、USB 3.1×2(背面×2) 、USB 3.0×6(前面×2/背面×4) 、1000BASE-T LANポート×1 、ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/DVI-D×1/HDMI×1)。
内部、インターフェイス、M.2×1(Key ID:M/Type:2242/2260/2280/22110対応) 、SATA 6Gbps×6 、内部USB 3.0(×2ポート分/20Pin×1) 、内部USB 2.0(×4ポート分/10Pin×2)。

魚は生で食べるのがよりベター

魚油の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)には、体内でインスリン(血液中の糖の量である血糖値を調整するホルモン) の郁献量を増やしたり、糖尿病の合併症の1つである整化を防いだりする働きがあります。そのため、糖尿病や高血糖の人にも注目されています。

EPAを特に多く含む魚としては、サバ、イワシ、サンマ、サケ、マグロなどが代表的です。これらの魚は、刺し身など生で食べるのがおすすめ。魚油が失われにくく、EPAをより効率よくとれるからです。もちろん、刺し身ばかりでは飽きるので、煮物にするなどして、魚を積極的にとるといいでしょう。

最近、食べる噸番を変えると健康づくりに役立つことが話題となっています。糖尿病の人は、主食のご飯より魚を先に食べるとよりいいことが日本の調査で明かにされました。この調査では、食事のさいに副菜として魚が出た場合、「先に魚を食べ、15分後にご飯を食べたグループ」と「先にご飯を食べ、10分後に魚を食べたグループ」で、食後の血糖値がどのように変化するかを比較しています。

その結果、前者のグループでは、後者に比べて血糖値の上昇が抑えられたそうです。この調査結果は、糖尿病の国際学会でも発表されました。理由については、先に魚を食べた人は、魚に含まれるEPAの働きによって、インスリンの分泌量が増えたためと推測されます。

ちなみにサバの油は脂肪肝にも効果的なのでお酒好きの人にはおすすめです。さばはDHA、IPAが脂肪肝を予防・改善

EPAの働きをさらに強める新しい魚油

最近はEPAだけでなく、新型魚油ともいえるDPA(ドコサペンタエン酸)も注目されています。DPAは、近年に発見された魚油で、悪玉コレステロールLDLの血管への沈着を防ぎ動脈硬化を抑える働きがあります。さらに、体内でEPAの働きを高めるという報告もあり、積極的に補えば、インスリンの働きを強めて糖尿病を予防・改善するのに役立つと考えられます。

DPAは、イワシやマグロなどにも含まれますが、EPA に比べて、その量はわずか。DPAがきわ立って多いのは、マンボウの肝油です。もちろん、マンボウの肝油にはEPA も含まれているので、2つの魚油の相乗的な働きが期待できます。

ただし、マンボウはほとんど市場に出回らないため、生の肝油の入手は困難です。興味のある人は、マンボウの肝油を含んだ食品が、健康食品店や通信販売で購入できるので、活用してみてください。それと同時に、バランスのとれた食事や適度な運動を心がけるようにすれば、高い血糖値を下げたり、合併症を防いだりするのに役立つでしょう。

https://www.cause-reason.info/manbou/

アイテム

  • Lenovo ThinkPad E480.jpg
  • LUV MACHINES iH700BN.jpg
  • Lenovo ThinkPad E580.png
  • ASUS Cerberus Fortus.jpg
  • Lenovo ThinkPad L480.jpg
  • STYLE-M0B3-R5G-VHS.jpg
  • Lenovo ThinkPad L580.jpg
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S.jpg
  • Lenovo ThinkPad T580.jpg
  • keian KBM101K-NB.jpg

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.2.4