膿の働きを整える効果も

牛乳には、肝細胞や、肝臓で働く酵素の材料となる良質のたんばく質がたっぷり含まれています。たんばく質を構成するアミノ酸の一種・メチオニンには、細胞を傷つける原因となる活性酸素をとり除いたり、コレステロールの沈着を抑えて脂肪肝を予防したりする作用があります。

また糖質の一種である乳糖には腸内の善玉菌を増やす働きがあり、肝機能障害の大敵である便秘の予防に役立ちます。カルシウムが豊富なことも、特徴のひとつ。牛乳に含まれるカルシウムは吸収率が非常に高く、コップ1杯で1日の所要量のおよそ半分をとることができます。このほか、皮膚や粘膜を守るビタミンA、エネルギーの代謝を助けるビタミンB 群、カルシウムの吸収に閲わるビタミンDなども含まれています。

ヨーグルトの栄養

おもな成分は牛乳とほぼ同じですが、発酵によってたんばく質や脂肪が分解されているので、牛乳より消化・吸収の効率がよくなっています。また、善玉菌の一種・乳酸菌が豊富。乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして腸の働きを整え、便秘の予防・改善に役立ちます。

スキムミルクの栄養

スキムミルク(脱脂粉乳) は、牛乳から脂肪分をとり除いて乾燥させたもの。牛乳の栄養が凝縮されていますが、牛乳より脂質もエネルギーも大幅に少なくなっています。脂肪肝や肥満が気になる人におすすめです。

シジミの肝臓の効果(体験談)はこちら。

卵は必須アミノ酸を含んだ完全食品

アミノ酸をバランスよく含むたんばく質

アミノ酸をバランスよく含むたんばく質卵には、人間の体内で作れない9種類の必須アミノ酸がすべて含まれています。たんばく質は体内でアミノ酸に分解され、肝臓で再合成されてから使われます。卵のたんばく質にはさまざまなアミノ酸が理想的なバランスで含まれているため、体内で効率よく利用することができます。

卵に含まれるアミノ酸のなかで、とくに含有量が豊富なのがメチオニン。メチオニンには、細胞を傷つける原因となる活性酸素をとり除いたり、コレステロールの沈着を抑えて、肝臓に余分な脂肪がたまる脂肪肝を予防したりする作用があります。また、卵黄には、脂質の一種であるレシチンもたっぷり。レシチンは血液中のコレステロールが血管にたまるのを防ぎ、脂質の代謝を活発にして、肥満や脂肪肝の予防・改善に役立ちます。

ビタミン・ミネラルも豊富

卵には、ビタミンもバランスよく含まれています。エネルギーの代謝を助けるビタミンB群をはじめ、肌や粘膜を守るビタミンA やカルシウムの代謝を助けるビタミンD 、強い抗酸化力をもつビタミンE なども豊富。骨や歯を丈夫にするカルシウムなどのミネラルも多く含まれています。

新鮮なものを半熟で

加熱し過ぎると消化が悪くなるので、新鮮なものを半熟で食べるのがいちばんです。

肝細胞を修復するしじみの口コミ「フォアグラ状態の脂肪肝を改善」

鶏肉は高タンパク、低脂肪のヘルシーミート

消化吸収のよいたんばく質が主成分

鶏肉の繊維は細くて軟らかいため、消化吸収がよいのが特徴です。主成分はたんばく質と脂質で、たんばく質には体に必要なアミノ酸がバランスよく含まれています。アミノ酸のなかでも、とくに含有量が多いのがメチオニン。

肝細胞を傷つける原因となる活性酸素をとり除くほか、コレステロールの沈着を抑えて、肝臓に余分な脂肪がたまる脂肪肝を予防します。また鶏肉の脂質には、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれています。これらの脂質には、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール) を減らす働きがあり、脂肪肝や肥満の予防・改善に役立ちます。

ビタミンB群の補給にも

鶏肉には、エネルギーの代謝や不要物の排泄に問わるビタミンB群も豊富。お酒をたくさん飲む人はビタミンB群の吸収が滞りがちなので、こまめに補給することが大切です。このほか、皮膚や粘膜を守るビタミンA や、高血圧の予防に役立つカリウム、新陳代謝を活発にする亜鉛なども含まれています。手羽先にはたんばく質の一種であるコラーゲンもたっぷりです。

鶏肉のなかでも、ささ身はとくに低エネル ギー。むねやもも肉は皮を除けば、脂質を大 幅に減らすことができます。

http://memodiary.wp.xdomain.jp/archives/category/%e3%82%b7%e3%82%b8%e3%83%9f

良質なたんばく質を豊富に含む

豚肉の主成分はたんばく質と脂質です。豚肉のたんばく質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なもの。消化吸収率もよく、体内で効率よく利用することができます。

たんばく質は、皮膚や骨、酵素などの原料として使われる成分です。肝臓の組織や肝臓で使われる酵素もおもにたんばく質から作られているので、肝機能の維持・向上のためにはしっかり補給することが大切です。たんばく質を構成するアミノ酸の中には、脂肪肝を防ぐメチオニンや、肝臓の解毒作用をサポートするアルギニンなど、肝機能アップに役立つものもあります。

酒飲みの胃と肝臓をやさしく守る豚ヒレ肉とアーモンド

豊富なビタミンB群が肝臓を守る

豚肉の栄養面の特徴は、ビタミンB群が豊富なこと。部位によっては、牛肉の10倍以上もの量が含まれています。ビタミンB 群は、エネルギーの代謝や体内の不要物の排泄に関わる成分です。ビタミンB群の不足に気をつけたいのは、お酒をたくさん飲む人。

アルコールの影響でビタミンB群を吸収する力が落ちていることがあるため、意識して補給する必要があります。豚肉にはこのほか、余分な食塩の排泄を促して血圧をコントロールするカリウムや、新陳代謝を活発にする亜鉛なども豊富です。

亜鉛についてはこちら。現代人に不足しやすいミネラルです。

部位によって脂世良の量が異なる

脂肪肝や肥満が気になる人は、バラやロー スより、脂肪の少ないヒレ肉を選びましょう。

必須アミノ酸を含む良質なたんばく質

牛肉の主成分であるたんばく質は、約20種類のアミノ酸がさまざまな形で結びついてできています。牛肉のたんばく質の組成は人体にもっとも近いため、吸収率や体内での利用効率がとても高いのが特徴です。

あらゆる組織の材料となるたんばく質は、肝細胞の修復や新陳代謝のためにも欠かせない成分です。牛肉のたんばく質を構成するアミノ酸のなかで、とくに注目したいのがメチオニンとアルギニンです。メチオニンは、健康な肝細胞を傷つける原因となる活性酸素をとり除くほか、コレステロールなどの脂肪の沈着を抑えて脂肪肝を予防・改善する働きがあります。アルギニンは、体内で発生したアンモニアが肝臓で解毒されるサイクルをサポートします。脂肪の代謝を促す作用もあるため、脂肪肝の予防にも有効です。

ビタミンB群で肝機能アップ

肝臓でのエネルギー代謝を助けるビタミンB群も豊富です。お酒をたくさん飲む人はビタミンB群の吸収が滞りがちなので、肝臓の機能アップのためにも十分に補給する必要があります。このほか、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンA や、新陳代謝を活発にする亜鉛なども含まれています。

脂質が気になるならヒレやもも肉を

部位によって脂質の含有量や栄養価が異なります。高たんばくで低脂肪なのは、ヒレやもも肉。バラやロースは脂質が多めです。

便秘防ぐ食物繊維がたっぶり

こんぶ、わかめなどの海藻類の特徴は、食物繊維が豊富で低エネルギーであること。食物繊維には、便通を準えてアンモニアなどの有害物質が発生するのを防ぎ、肝臓の負担を軽くする働きがあります。また、腸内でコレステロール、中性脂肪、糖質などの吸収を妨げたり、腸内の胆汁酸を排泄してコレステロール値を低下させる作用もあります。

たっぷり食べてもエネルギーをとり過ぎる心配がないため、脂肪肝や肥満が気になる人のダイエット食材としてもおすすめです。

コンブの栄養

すぐれた抗酸化作用のあるβ?カロテンやエネルギーの代謝に役立つビタミンB 群、新陳代謝を活発にするヨウ素などが豊富です。ぬめりの成分はアルギン酸やU -フコイダン。アルギン酸には血圧やコレステロール、血糖値を低下させる作用があり、U-フコイダンはがん予防に効果があるといわれています。骨や歯を作るカルシウムや、高血圧の予防に役立つカリウムも多く含まれています。

https://laminine-guide.com/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%81%ae%e9%a9%9a%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%8d%e8%96%ac%e7%90%86%e5%8a%b9%e6%9e%9c/

わかめの栄養

抗酸化作用のあるβ ?カロテンの含有量がとくに多く、ビタミンCも豊富。活性酸素によって肝細胞が傷つくのを防ぎます。そのほかはこんぶと同様、代謝を助けるビタミンB群や、アルギン酸、U-フコイダンといったぬめり成分、カルシウム、カリウムなどのミネラルが含まれています。

https://laminine-guide.com/%e9%a3%9f%e7%89%a9%e7%b9%8a%e7%b6%ad%e3%81%8c%e5%a4%9a%e3%81%84%e3%83%af%e3%82%ab%e3%83%a1/

まぐろは、DHA、IPAが肝臓の健康を守る

たんばく質と良質の脂質が豊富

脂質が豊富なトロの部分に多く含まれているのが、DHAやIPAです。これらの脂質には、肝臓で脂肪の合成に関わる酵素の働きを低下させ、中性脂肪の合成を抑える作用があります。体内に脂肪がたまるのを防ぐため、脂肪肝や肥満の予防・改善に有効です。

一口に比べて脂質が少ない赤身の部分には、たんばく質が豊富。体の組織の材料となるたんばく質は、肝細胞の修復や新陳代謝のためにも欠かせません。たんばく質を構成するアミノ酸の一種・タウリンも、肝機能アップに役立つ成分。肝臓で胆汁酸の分泌を促進して脂質の消化・吸収を助け、同時に体内の不要物を排泄します。さらに、小腸の動きを活発にする作用もあるので、肝機能障害の大敵である便秘の予防・改善にも役立ちます。

高い抗酸化力をもつ成分も

まぐろに含まれるビタミンE にはすぐれた抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えて、健康な肝細胞が傷つくのを防ぎます。また、ミネラルの一種・セレンも、高い抗酸化カをもつ成分。セレンは、ビタミンE と一緒にとることで、より高い効果を発揮することがわかっています。

放射線の害を可能な限り減らす「セレン」について一覧

部位による成分の違いを意識して

トロ、赤身などの部位によって、多く含まれる栄養素が違います。ねらいに合わせて、上手に選びましょう。

吸収効率のよいたんぱく質がたっぷリ

かきのたんばく質には、人の体内では作れない必須アミノ酸が含まれています。たんばく質は小腸でアミノ酸に分解され、肝臓で再合成されてから使われます。必須アミノ酸をバランスよく含むかきのたんばく質は、体内で効率よく利用できる貴重なものです。

アミノ酸の一種であるタウリンも、肝臓の機能アップに役立つ栄養素です。胆汁酸の分泌を促進して肝臓での脂質の消化・吸収を助け、不要物を排泄します。さらに肝細胞の膜の機能を守ったり、肝細胞の再生を促したりする作用もあります。

グリコーゲンが肝臓を活性化

かきの糖質のおよそ半分を占めているのがグリコーゲンです。グリコーゲンは人間の体に欠かせないエネルギー源。肝臓や筋肉に貯えられ、体内のエネルギーが不足するとブドウ糖に変換されて血液中に送り出されます。また、肝機能を活性化したり、消化吸収を促進したりする作用もあります。お酒を飲む人に不足しがちなビタミンB群抑や、すぐれた抗酸化力をもつビタミンE もたっぷり。骨や歯を丈夫にするカルシウム、免疫力を高めて感染症を予防する亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。

新鮮なら生で

新鮮な生食用のものを生で食べるのがいちばん。加熱した場合は、水溶性ビタミンなどが溶け出している煮汁も残さず食べましょう。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)

低エネルギーのたんばく質が豊富

えびの主成分は、体の組織の材料となり、肝細胞の修復や新陳代謝にも欠かせないたんばく質です。えびは脂質や糖質をほとんど含まないため、低エネルギー。脂肪肝などが気になる人にもおすすめのたんばく源です。タウリンは、たんばく質を構成するアミノ酸の一種。胆汁酸の分泌を促進して脂質の消化・吸収を助け、同時に体内の不要物を排泄する働きがあります。胆汁酸には小腸の動きを活発にする作用もあるので、肝機能障害の大敵である便秘の予防・改善にも役立ちます。

抗酸化力の高い色素成分も

えびには、エネルギーの代謝を助けるピタミンB群も豊富です。お酒をたくさん飲む人はビタミンB群が不足しがちなので、肝機能アップのためにも積極的に補給しましょう。また、えびの赤い色のもとはアスタキサンチンという色素成分。強い抗酸化作用があり、活性酸素から肝細胞を守るのに役立ちます。このほか、糖の吸収を妨げてコレステロール値を下げるベタインやグリシン、高血圧の予防・改善に役立つシトステロールなどの成分も含まれています。殻には、骨や歯を作るカルシウムや、不溶性食物繊維の一種であるキチン質がたっぷりです

小さなものは殻ごと利用

小さめのものは素揚げにして丸ごと食べれば、カルシウムやキチン質などをむだなくとることができます。

γ-GTPがシジミで正常値に回復

肝臓を守るタウリンが豊富ないか、たこ

低脂肪のたんばく寛がたっぷり

いかやたこの主成分はたんばく質ですが、脂肪が少ないため低エネルギーです。体の組織の材料となるたんばく質は、肝細胞の修復や新陳代謝に欠かせない成分。肉類や脂肪の多い魚から補給しょうとするとエネルギーもとり過ぎてしまうことがありますが、低脂肪のいかやたこなら安心です。

脂肪肝や肥満が気になる人でもたっぷり食べられます。いか、たこは、ともにタウリンの含有量が豊富。タウリンはアミノ酸の一種で、胆汁酸の分泌を促進する働きがあります。胆汁を増やして流れをスムーズにすることで脂質の消化・吸収を助け、体内の不要物を排泄するのに役立ちます。また、胆汁酸には小腸の動きを活発にする作用もあるので、肝機能障害の大敵である便秘の予防・改善にも役立ちます。

いかの栄養

すぐれた抗酸化作用をもち、活性酸素の書から肝細胞を守るビタミンEや、コレステロールの吸収を妨げて高血圧を予防するシトステロールなどが含まれています。いかすみに含まれるムコ多糖類・ペプチド複合体は、免疫力を高めてがん予防に効果を発揮します。

たこの栄養

たこの栄養うまみ成分であるベタインには、糖の吸収を妨げてコレステロール値を下げる作用があります。エネルギーの代謝に関わるビタミン政や、高血圧の予防に役立つカリウムなども含まれています。

シジミで肝機能検査値が基準値にまで下がりエコー検査もクリアー