かなり危ない...はどこで判断する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

入院治療している患者さんがいよいよ危なそうだ、というときというのはわかるものだといいます。

たとえば尿の出が悪くなる、血圧が徐々に下がってくる、など命の灯火が少しずつ光を失っていくわけです。

何が決定的なものかは、一概にはいえないそうですが、そうした諸々の動きから、ある瞬間、「ああ、これはもう引き返せない一線を越えてしまったなと悟ってしまうのだと言います。

こうした場合、当直の交代の際の医者同士の申し送りでは単純に「ダメそう」「キそう」ぁるいは「リーチです」と報告し、患者の家族には「会わせたい人がいたらご連絡を」といいます。

ところが、この先がとても長い人がいる。意識も薄れ、心拍も遅くなってはいるが、確実に鼓動を打っているのです。

また、すわ心臓が停止、となっても電気ショックや薬剤などで、再び動き出す。心臓停止の前には心室細動といって、必ず心臓がけいれんを起こす瞬間があります。

心電図が目まぐるしく動くときだ。そそせいのときに蘇生術を施せば、生命を取り止める場合がある。ただし「もうダメそう」と見えた患者なら、たいていそれも一時的なもので、命の果てるときは遠からず訪れるという。そうして亡くなったときなどは、「人と命」というものや、長い時間を死と闘ったその患者さんへの、なんともいいようのない思いが「生命力の強い人だった」という言葉になるのだといいます。

心房細動とは

脈拍が速くなったり遅くなつたり、でたらめになるのは、心房細動です。心房での電気興奮が洞結節ではなく心房筋のあちこちで起こるため、心房が細かく震えるような状態になります。
その結果、心房は補助ポンプとしての働きがうまくいかないため、心臓全体のポンプ力も低下します。からだを動かすと心拍数が増加しやすく、動悸や息切れが起こりやすくなります。安静にしていても心拍数が速くなることがあり、高齢者では、長時間続くと心不全になることもあります。

心拍出量が低下し、心房壁が規則正しく収縮しないため、血液がうっ滞して血栓を作りやすくします。この血栓が全身に流れて脳そくの血管に詰まると、心原性脳塞栓を起こし、命に関わるにとなることもめずらしくありません。

胃潰瘍の診断の裏

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

かつては胃ガンの人に「胃潰瘍です」というとたいていの人は信じたものです。しかし、ほとんどの胃潰瘍が内科で治療できることが知られてきた現在では、「胃潰瘍ですから手術しましょう」というと即座に「ガンじやないか」と疑う人が多くなりました。

ところが現在でも、お医者さんは患者さんに、胃ガンを「胃潰瘍です」ということがあるのも事実です。

「胃潰瘍です」の言葉のウラには、たしかに「ガン」の2文字があり得るのです。しかも、最近は早期ガンなら告知するのがふつうだから、「はっきりガンといえないくらい進んでるガン」ということもあるわけです。

しかし、決めつけるのはまだ早い。胃潰瘍でも胃に穴が開いたり、吐血するほど多量の出血がある場合には手術することもあります。だから、お医者さんが「胃の潰瘍が進んでだいぶ出血していますから、手術した方がいいでしょう」という場合の「胃潰瘍」は、まったく言葉どおりに解釈していいときもあります。

やっかいなことに、このふたとおりの「胃潰瘍です」、表面に出る症状はほとんど同じなだけに、患者には判断が難しいのです。

最近は「胃潰瘍なら手術しなくてもいいだろう」と詰め寄る患者も多いため、もしガンなら、病名はいわなくとも「大きな穴ですよオ、どんどん出血してますよ」と、できるだけ事態を重く表現し、真意をくみ取ってもらう、という場合もあるのです。

誠にあいまいなニッポンの医者と患者の構図です。こういうときは、下手に深読みするよりも、いっそのこと素直にお医者さんに自分の不安をぶつけてみる方が近道です。

ピロリ菌の最新除去方法「マヌカハニー」の使用感と口コミ
https://www.cause-reason.info/manuka/

救急外来は アルバイト医師でいっぱい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

いつも通っている病院にたまたま救急車で担ぎ込まれてホッとしたら、知ってる顔がただの1人もいなかった?・なんてことはどこの病院でもあります。

それも救急外来の当直は、大学病院から派遣されてきた若い研修医、いうなれば下積みのアルバイトというケースがほとんどです。というのも、夜間の救急のために当直医の体制を整え、ベッドを空けておくのは経営的に見れば不経済です。

大学病院以外の大病院の救急は少なくなっているのです。また、あったとしても常勤の医師に当直のための時間外手当を支払うよりは、若い医師を使った方が安上がりです。

勉強のためとはいえ、経験不足のお医者さんに診てもらうのはちょっと怖いものです。こんなときはすぐに自分のかかっている科と担当医の名前をいうことです。

アルバイト医師もそのほうがずっと安心するのです。そして自分の手に負えないとなれば、必ずその担当医に連絡をとるはずです。

この場合、いざというときあわてないためには、日ごろからかかりつけのお医者さんをもつことが重要なポイントです。

大病院でも気の合うお医者さんがいれば、ちゃんと名前をうかがって顔見知りになっておくことも。

まずは症状から病名を検索してから病院に

診察終了時間間際は避ける

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

患者にとってあまりタメにならない、できれば避けたい診察時間帯というのがあります。それは診察終了時間の間際です。

この「魔の時間帯」の診察は、他の時間帯に比べ、誤診が非常に発生しやすい時間帯です。誤診だと気づいたときにはもう手遅れ、なんてことにもなりかねないのです。

お医者さんの場合、一般の会社員と違って、ひっきりなしにやって来る患者の相手をするために、診療時間中めったに席を立つことができません。そのため、診察以外の用事は昼の休み時間や診察終了後に集中させることになります。

たしかに、だれでも、出かける間際の来客や、締め切りギリギリの仕事中の電話はイライラします。お医者さんだって人の子です。同じく、診察時間終了間際に来る患者に対しては、どうしても「なんで、こんな時間に」と思ったことがないといえばウソになります。

全部のお医者さんがそうではありませんが、どこか上の空で身が入らず、ささっと病名をつけて流しがちになることだってあります。この時間帯には誤診も発生しやすいのです。

実際、貧血や疲労感を伴う風邪の症状を、血液検査もせずにただの「感冒」と診断し、後に白血病だったなんてこともあるのです。

「血液とリンパのガン」白血病は治る時代になった | 健康メモ

こんな事態を招かないために、患者の方も工夫しましょう。ギリギリ組の患者の中には、症状に気づいて何時間も経過してから、病状が悪化し、あわててやって来るパターンが少なくないのです。

熱だってほんの数分で平熱から一気に39度まで上がるなんてことはないはずだから、「なんかおかしい」と思いはじめたら、よく注意してゆとりある行動をとれるよう心がけたいものです。お医者さんの方も、冷静に診察できる時間の余裕がほしいと願っているのである。