ユニットコムは、2020年3月パソコン工房の「iiyama PC」ブランドでL「SENSE∞(センスインフィニティ)」シリーズからディープラーニング環境構築向けパソコンからBTO対応の3モデルを発売。OSを搭載しない、Core i3、Core i7、Core i9モデルをラインアップ。

3機種ともに、Ubuntuやディープラーニングに必要な各種ライブラリの動作確認を実施したパーツ構成を採用するPC。基本構成時はすべての機種でOSが非搭載となる。 BTOにてOS追加が可能。

人工知能や機械学習でのディープラーニング(深層学習)による、画像解析・生成、文書解析など様々な業種での開発に向けたクリエイターパソコン。ディープラーニング環境を構築する上でポピュラーなUbuntuのインストールを確認、搭載マザーボードとGPUの組み合わせでOSがGPUを認識し、ディープラーニング用ライブラリがGPU上で動作する事を確認したモデル。

ディープラーニング環境構築向けパソコン 1.jpg

SENSE-R041-i3-RV-DL [Core i3]

ディープラーニング環境構築向けパソコン 1.jpg

SENSE-R041-i7-RW-DL [Core i7]

ディープラーニング環境構築向けパソコン 1.jpg

SENSE-R041-i9K-XYS-DL [Core i9]

LEVEL-R0X5-R73X-DVK

ユニットコムは、2020年2月パソコン工房の「iiyama PC」ブランドでLEVEL∞ R シリーズから「LEVEL-R0X5-R73X-DVK」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

OS「Windows 10 Home」、CPU「AMD Ryzen 7 3700X プロセッサー」、メモリー、16GB、ストレージ、1TB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「Radeon RX 5500 XT」、本体サイズ、幅190×奥行477×高さ432mm。 インターフェイス、外部:PS/2コネクタ(キーボード/マウス兼用)×1 、アナログ8chサウンド(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1/センター・サブ出力×1/リア出力×1) 、S/PDIF出力(角型)×1 、USB 3.1×3(背面×3) 、USB3.1-Type-C ×1(背面×1) 、USB 3.0×5(上面×1/背面×4) 、USB 2.0×2(上面×2) 、1000BASE-T LANポート×1、マザーボード側ディスプレイ出力(HDMI×1/DisplayPort×1)、内部:M.2×2(Key ID:M/Type:2242/2260/2280/22110 PCIe4.0×4対応) 、SATA 6Gbps×6 、内部USB 3.1 Type-C(×1ポート分) 、内部USB 3.0(×2ポート分/20Pin×1) 、内部USB 2.0(×4ポート分/10Pin×2)。

iiyama PC LEVEL∞ R.jpg

LEVEL-R0X5-R73X-DVK

LEVEL-R040-i5K-DVS

ユニットコムは、2020年2月パソコン工房の「iiyama PC」ブランドでLEVEL∞ R シリーズから「LEVEL-R040-i5K-DVS」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-9600K プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、480GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「Radeon RX 5500 XT」、本体サイズ、幅190×奥行477×高さ432mm。

インターフェイス、外部:PS/2コネクタ(キーボード/マウス兼用)×1 、アナログ8chサウンド(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1/センター・サブ出力×1/リア出力×1) 、S/PDIF出力(角型)×1 、USB3.1×2(Type-A×1/Type-C×1) 、USB 3.0×5(上面×1/背面×4) 、USB 2.0×2(上面×2) 、1000BASE-T LANポート×1 、マザーボード側ディスプレイ出力(DVI-I×1/DisplayPort×1)、内部:M.2×1(Key ID:M/Type:2242/2260/2280/22110) 、M.2×1(Key ID:M/Type:2242/2260/2280) 、SATA 6Gbps×6 、内部USB 3.0(×4ポート分/20Pin×2) 、内部USB 2.0(×4ポート分/10Pin×2)。

iiyama PC LEVEL∞ R.jpg

LEVEL-R040-i5K-DVS