「かき」のグリコーゲンの作用で肝機能を向上する

吸収効率のよいたんぱく質がたっぷリ

かきのたんばく質には、人の体内では作れない必須アミノ酸が含まれています。たんばく質は小腸でアミノ酸に分解され、肝臓で再合成されてから使われます。必須アミノ酸をバランスよく含むかきのたんばく質は、体内で効率よく利用できる貴重なものです。

アミノ酸の一種であるタウリンも、肝臓の機能アップに役立つ栄養素です。胆汁酸の分泌を促進して肝臓での脂質の消化・吸収を助け、不要物を排泄します。さらに肝細胞の膜の機能を守ったり、肝細胞の再生を促したりする作用もあります。

グリコーゲンが肝臓を活性化

かきの糖質のおよそ半分を占めているのがグリコーゲンです。グリコーゲンは人間の体に欠かせないエネルギー源。肝臓や筋肉に貯えられ、体内のエネルギーが不足するとブドウ糖に変換されて血液中に送り出されます。また、肝機能を活性化したり、消化吸収を促進したりする作用もあります。お酒を飲む人に不足しがちなビタミンB群抑や、すぐれた抗酸化力をもつビタミンE もたっぷり。骨や歯を丈夫にするカルシウム、免疫力を高めて感染症を予防する亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。

新鮮なら生で

新鮮な生食用のものを生で食べるのがいちばん。加熱した場合は、水溶性ビタミンなどが溶け出している煮汁も残さず食べましょう。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)