弱った肝臓には強肝草エキス「肝宝垂盆草」

  • 投稿日:
  • by

東京から遙か3,000キロメートル離れた中国の霊山に自生しているという野草。山深く切り立った岩場に生えているその野草を煎じて飲むと、肝臓が原因と考えられるさまざまな不調が治まるといいます。

古くから伝わる神秘の野草

その野草が自生しているのは、紀元前2,500年、中国の伝説上の王、黄帝が仙人になるために飲んだといわれている不老不死の霊薬がつくられた山の奥深くです。

黄山の麓の村・焦村では不老不死の伝説が伝わっていて、年齢が100歳を越えても農作業などの労働に精を出している年寄りが大勢います。そして、肝臓で悩んでいる人が少ないことも特徴です。人々のその元気の秘密は、この地域に自生している垂盆草(すいぼんそう)という野草を煎じた伝統食にあります。

垂盆草は、地元では経験的に肝臓に良いものだと知られていて人気の高い野草ですが、全国的にはまだ知られていません。近年の研究により、降水量が多く日照時間が少ないというこの地域の気象条件が有用成分の含有量を増加させたことがわかり、垂盆草に含まれる有用成分が肝臓に役立つと、ようやく注目が集まりました。

この地に暮らす人々は、日常的に垂盆草を煎じて飲むことで、自然に健康的な肝臓を手に入れていたのです。

垂盆草はこのように素晴らしい野草なのですが、実は単独ではとても飲みにくいため、健康食品として加工されたのが肝宝垂盆草(かんぽうすいぼんそう)なのです。

強肝草エキス「肝宝垂盆草」の口コミ、使用感、効能・効果一覧