マウス、Core i7、SSD 搭載のハイスペックノートパソコンに スタイリッシュなホワイトモデル追加

| コメント(0)

m-Book B509H.jpg

マウスコンピューターのB509Hにホワイトモデルが追加。1000台限定で特別価格で販売したが1000台は終了している。通常価格となる。Core i7+SSDの高速モデルで薄型のスタイリッシュデザイン。マウスの薄型モデルは、質がよくキーボードも打ちやすいし、見た目重視のモデルとは異なる。拡張性もよくUSB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×2、USB 2.0×1、SDカードスロット×1、ギガビットLAN×1、HDMI×1、MiniDisplayPort×1、ヘッドホン/ヘッドセット×1、マイク×1を搭載する。マウスは品質がいいので仕方ない面あるが、重量で1.5kgを切ると無敵だと思う。1.6kgでも十分なのだけれど。

マウス、Core i7、SSD 搭載のハイスペックノートパソコンに スタイリッシュなホワイトモデル追加 以下引用

マウスコンピューターは、2019年6月、Core i7 プロセッサーと SSD を搭載する 15.6 型ハイスペックノートパソコン「m-Book B509H」を発売。ボディーカラーは、ホワイト。

4コア8スレッドの第8世代CPU採用!さらに高速SSDを標準搭載

「m-Book B508H」シリーズにホワイトカラーの追加ラインアップとなる。振動や衝撃に強く、Windows やアプリを高速に起動することができる「256GBSSD」を搭載する。起動も動作も高速で快適。発売を記念して、「1000台限定で、9万9800円(税別)で販売。
※(限定台数は終了)通常価格での販売。

ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080 ドット)のフル HD ワイド IPS 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、256GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、8.6 時間、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅360.4×奥行244.5×高さ20.8 (折り畳み時/ 突起部含まず)mm、重さ、1.6kg。

無線:IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
インターフェイス:USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×2、USB 2.0×1、SDカードスロット×1、ギガビットLAN×1、HDMI×1、MiniDisplayPort×1、ヘッドホン/ヘッドセット×1、マイク×1。

コメントする

この記事について

このページは、高速化が2019年11月 4日 10:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ASUS、Chrome OSを搭載のタッチ対応の11.6型ノートパソコン2モデル(2019年5月発売)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.2