ハードウェア・ソフトウェアと サービスの双方で子供の自己実現や未来への成長を支援。 タブレットとしも使える 2in1 タイプの「LH55/C2」とノートpcタイプの「LH35/C2」の2モデルをラインアップする。

| コメント(0)

富士通 LH55.png

ハードウェア・ソフトウェアと サービスの双方で子供の自己実現や未来への成長を支援。 タブレットとしも使える 2in1 タイプの「LH55/C2」とノートpcタイプの「LH35/C2」の2モデルをラインアップする。 以下引用

今、「コンピューターが使えること」は、子供にとっても重要なスキルの1つになりつつあります。もはや必須スキルとも言えるでしょう。既に授業に取り入れている学校もあります。
新学習指導要領では
"情報活用能力をはぐくむことは、基礎的・基本的な知識・技能の着実な定着とともに、発表、記録、要約、報告
といった知識・技能を活用して行う言語活動の基盤となるものであり、「生きる力」に資する重要なものです"
としており、2020年度からは小学校でもプログラミング教育が必修化されます。

富士通は、国内初となる小学生向けに設計・開発したノートパソコン「LIFEBOOK(ライフブック)LHシリーズ」2機種と、教科ドリルやプログラミングなど、全5コースからなる小学生向けオンライン学習支援サービス「FMV まなびナビ」を7月26日に販売開始。

ハードウェア・ソフトウェアと サービスの双方で子供の自己実現や未来への成長を支援。
タブレットとしも使える 2in1 タイプの「LH55/C2」とノートpcタイプの「LH35/C2」の2モデルをラインアップする。

富士通 はじめての「じぶん」パソコン

ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1366×768ドット)のHD ワイドノングレア液晶。タッチ対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron プロセッサー3865U」、メモリー、4 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、9.3 時間、グラフィック「インテル HD Graphics 610(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅 338 × 奥行 247 × 高さ 24.7 mm、重さ、1.93 kg。

ディスプレーは、LEDバックライト付の14型(1366×768ドット)のHD ワイドノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron プロセッサー3865U」、メモリー、4 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、9.5 時間、グラフィック「インテル HD Graphics 610(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅 338 × 奥行 247 × 高さ 24.7 mm、重さ、1.75 kg。

インターフェイスは、
USB3.0 Type-A×2(左側面)、USB2.0 Type-A×1(右側面)
映像出力、HDMI出力端子

コメントする

この記事について

このページは、高速化が2018年8月18日 07:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.2.4