有害サイトを子供に見せない方法

自宅のパソコンを家族全員で使っているという家庭は多い。また、特に子供はパソコンを持っていないが親のパソコンを使ってインターネットをするという家庭も多い。
小学生の子どもが、親のパソコンでネットゲームを楽しんだり、社会科の宿題の調べものをしたりといったことは珍しくない。ただ、ネット上には、アダルトコンテンツや暴力的な内容を含むサイトも多い。親としては、そんな有害サイトに子どもが悪影響を受けないかとても心配になる。
そこで、自宅のパソコンから、有害サイトにアクセスできなくなる方法がある。
その方法とは、インターネットエクスプローラーの機能「コンテンツアドバイザ」。この機能を使えば、性的な内容、暴力的なものなど、カテゴリーごとにサイトにアクセスできないようにすることができるの。
メニューバーの「ツール」→ 「インターネットオプション」→「コンテンツ」タブの上にある「コンテンツアドバイザ」の「有効にする」ボタンを押す。設定画面が開くので、子どもに見せたくないコンテンツを制限すればいい。

関連ページ

  1. 自分以外はPCを使えないようにロックをかける「USB TOOLS」
  2. 警告画面表示の調整
  3. 文字化けを正しくなおす
  4. 開けないサイトを見る
  5. ホテルなどのPCを安全に使う方法
  6. クレジットカードの暗証番号を守る
  7. 個人情報を守る
  8. 有害サイトを子供に見せない方法
  9. 画像付きのメールをすぐに表示させる
  10. 複数送信先を効率よく指定
  11. メールの返信は即、行う
  12. メールに挿入する署名
  13. 送信したメールが開封されたかどうか
  14. メールに大量のファイルを添付するときのマナー
  15. メモ、メッセージを素速く
  16. IDとパスワードを管理するフリーソフト
  17. 携帯で大事なメールを見逃さない
  18. 自分以外のPCでメールをチェックする
  19. 複数人のスケジュールを管理する
  20. 無料で大容量ファイルを送信したい
  21. ライバル社のウェブサイトの情報を社内で共有
  22. ワード、エクセル、よく見るサイトを効率よく切り替える
  23. 印刷プレビューの活用
  24. 複数タブに表示されているサイトの概要を知る方法
  25. Googleはローカルファイルも検索できる
  26. 履歴を活用
  27. 複数サイトをブックマークする
  28. ワンランク上のマウス操作術
  29. 複数のサイトで比較しながら見たい
  30. ブックマークの整理術
  31. サイトを保存
  32. ウェブサイトのテキストをコピー
  33. パソコン起動時に「見たいサイト」を即開く
  34. 読込に時間がかかるサイトを瞬時に開く
  35. 「お気に入り」を見る頻度で整理
  36. 今、視聴しているウェブサイトのトップにすぐ移動したい
  37. 宅急便の配送状況をチェック
  38. 背景やイラストは印刷しない設定
  39. ウェブサイトの必要箇所だけを印刷する
  40. 印刷ミスを減らすためのひと工夫
  41. 昨日開いたウェブページを明日も開きたい
  42. 画面上のタブを閉じる
  43. ページ頭、最後に移動
  44. 検索結果画面からすぐに戻る
  45. ウェブページを一瞬でスクロール
  46. 表示倍率を100%に戻すショートカット - 「Ctrl」+「0」
  47. Googleマップを便利に使う
  48. うるさい広告を消す
  49. マウス操作でサイトの選択範囲をすばやく
  50. 円をすばやくドル換算する
  51. ニュース・最新情報をのがさない
  52. あわてて英数字を入力してしまった
  53. 時計を見なくても時間を教えてくれる
  54. 時間を教えてくれる - Googleカレンダー
  55. Googleマップをもっと便利に
  56. ポップアップウィンドウを表示しないようにする
  57. ウェブサイト上での範囲選択
  58. 検索から除くキーワードの設定方法
  59. ブラウザの「ホーム」の設定
  60. 会社で見つけた「お気に入り」サイトを自宅で見る
  61. 調べたいキーワードがサイト内のどこにあるかすぐにわかる
  62. 検索で英語力を高める
  63. 英語のサイトを一瞬で翻訳
  64. 検索結果に英語表記のサイトは表示させない
  65. キーワードをすぐに調べる
  66. グーグルに即、アクセス - ツールバーの「検索ボックス」
  67. 2つ前、3つ前のページに即アクセス - ツールバーの「▼」をクリック
  68. 「お気に入り」サイトに即、アクセス - urlの頭文字2文字だけ入力して選んで「Enter」
  69. アクセスしたいサイトを即表示 - アドレスバーにurlでなくてキーワードを入力