Excelで図形を修正する場合

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

エクセルで数々の書式を設定して作り込んだ図形なのに、上司の鶴の一声で変更を余儀なくされたら視でも大丈夫! 簡単にチェンジ可能。

視覚的に魅せるわかりやすい資料が求められている昨今、図形描画機能を駆使することが少なくない。
フロー図ひとつとっても、線の種類や色、塗りつぶしの色や影の設定など、かなり細かな書式を設定して、視覚的効果を狙う。
ところが、「矢印はこっちのタイプに変えてくれ」だの「円柱より立方体の方がイメージに合う」だのと、最終段階になって指示が飛んできたりする。この段階でそんな?と思わず愚痴をこぼしたくなりそうだが、即効で対応できる技があるので安心しても大丈夫。
このような場合は、[オートシェイプの変更] 機能を使う。まず、NGになった図形を選択しよう。次に、図形描画ツールバーの[図形の調整] ボタンから[オートシェイプの変更] をポイントし、新たに設定したい図形のボタンをクリックする。すると、線の種類や塗りつぶしの色などの書式設定はそのままで、形だけがNG 図形からOK 図形に置き換わるのである。これで、いちいち図形を書き直す必要もなく、即座に変更できる。

関連ページ

  1. 短期間で文章力をつける
  2. PCで内容のある文書を上手に書きたい
  3. 直線や正円を描く
  4. Excelで使うあの図形のひな形
  5. 図形の書式を定番のひな形にしておく
  6. Excelで図形を修正する場合
  7. エクセルやワードで同じ図形を連続して書く
  8. ファイルを方眼紙にして図形を正確に
  9. エクセルの表をワードにペースト
  10. 文字を画像に変換
  11. Wordの文字書式の解除
  12. Wordで図形同士の線をつなぐ
  13. 日付の入力
  14. 行、列、表を効率よく削除
  15. Wordの表の列幅を揃える
  16. 書体、サイズをコピー
  17. 行間を広げてスタイリッシュな文書に編集
  18. WEBページの記事を書式なしでWordにペースト
  19. Wordで写真のレイアウトに凝る
  20. 記号を罫線に活用する