複数送信先を効率よく指定

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
メールを複数の人に送るケースは多い。ビジネスの現場では、日に何回もある。たとえば、次回の打ち合わせ日時を、営業部の○○さん、開発部の○○さん、技術の○○さん...といったように関係者全員に伝える場合がそうだ。
こんなとき、メールを送りたい相手を、アドレス帳から1人1人選ぶのは面倒なもの。
1回で複数の人たちの送り先を指定できないだろうか?
そんなことが簡単にできる方法がある。
その方法とは、「グループ」。複数の相手といっても、案件ごとに、メールを送る顔ぶれは決まっているもの。たとえば、営業部の○○さん、開発部の○○さん... ... といった人たちが、Aという案件に関わっているなら、「A案件」などと名前をつけ、1つのグループにしてしまうわけだ。
この方法は、まずアドレス帳を開いて「Ctrl」+「G」。すると、新しいグループの設定画面が表れるから、関係者のメールアドレスを登録する。一度、グループを作っておけば、メールアドレスと同じようにグループを指定するだけで、全員にメールを1発で送れる。
大きなプロジェクトなどがはじまる前にメンバーをグループ化しておくと非常に効率的。