メールに挿入する署名

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
メールを送信するときは、「メールを受けとった相手が、自分にすぐ連絡できる」ように気を遣って電話、手紙といったメール以外の手段でも連絡できるような配慮が欲しい。
「メールにはメールで返す」必安などないからだ。受け取った相手は、メールが苦手かもしれない。ここでは、そんな基本中の基本の暗黙のルールを紹介したい。そのルールとは「署名」。名前や住所、電話菅号、ファックス番号など、自分の「基本情報」を、自動的に送信メールの最後に記載する方法。
電話や手紙で連絡しょうと名刺を探すのは、なかなか面倒。「署名」1つ入れるだけで、相手が連絡を取りやすくなる。つまりは、相手に「選ばれる確率」が大きくアップする。「署名」は、メニューバーの「ツール」→ 「オプション」→ 「署名」タブで作成する。「すべての送信メッセージに署名を追加する」 にチェックを入れておけば、自動的に著名人りの送信メールの出来上がり、となる。