働き不足型の人に必ずある食後高血糖は食後に笑うことで防ぐ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

脳からセロトニンが分泌される

インスリンの働きをよくする方法として、今注目されているのが「食後の笑い」です。私たち人問は、笑うとセロトニンという神経伝達物質が胱齢されて、自律神経の働きがよくなります。すると、満神状態が安定し、血糖値が下がりやすくなるのです。

実際、食後に笑うと血糖値の上昇が抑えられたという国内外の実験結果もあります。笑いといっても、大笑いをする必要はありません。口角(唇の両端)を少し上げて作り笑いをするだけでも、脳は楽しいと認知してセロトニンを分泌します。ぜひ、食後の笑いを心がけてください。

日本人の体質に合ったインスリン強化方法はこちら。