東芝、13.3型 1.060 kg 11.5時間駆動モデル「dynabook UX53/F」

TOSHIBA dynabook UX53 UX53/F PUX53FLPNEA.jpg

13.3型のタブレット、ノートPCの2Wayモデル。東芝の13.3型モデルはコンパクトでモバイルにもなるし、メインPCにもなる機能を搭載。

東芝、13.3型 1.060 kg 11.5時間駆動モデル「dynabook UX53/F」 以下引用

は、2018年1月、13.3型のタッチ対応のノートパソコン「UX53/F PUX53FLPNEA」を発売。ボディーカラーは、オニキスブルー。深いブルーも品がいい。

東芝 「dynabook UX53/F」

「タブレット モード」と、マウスとキーボードで操作しやすい「デスクトップ モード」の2Way仕様。マグネシウム素材を使い、軽く薄く、しかも強いボディに。誤って水やコーヒーなどをキーボードにこぼした場合に備え、キーボード下に配置した防水フィルムでPC内部への水の浸入を遅らせる構造を採用。

ディスプレーは、LEDバックライト付の13.3型(1920×1080ドット)のフルHD ワイド液晶。タッチ対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i3-7130U プロセッサー」、メモリー、4GB、ストレージ、128GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、11.5時間、グラフィックインテル HD Graphics 620」、本体サイズ、幅 316 × 奥行 227 × 高さ 15.9 mm、重さ、1.060 kg

インターフェイスは、Thunderbolt 3(USB Type-C)コネクタ×2 / USB3.0×1 / HDMI®出力端子×1。