エイスースプレスリリース 世界最小クラスのボディに新しくなったScreenPad 2.0を搭載した、革新へ導く次世代ノートPC「ASUS ZenBookシリーズ」

エイスースのタッチパッドとタッチ液晶を融合した革新的なScreenPad 2.0を搭載を搭載したノートPC「ASUS ZenBookシリーズ」に関するプレスリリース。

https://www.asus.com/jp/News/fusjkfhbqabrldcv

ASUS JAPAN株式会社は、タッチ液晶を使用した世界初の革新的なインターフェースである「ScreenPad™」を搭載した、次世代のノートPCシリーズとなる「ASUS ZenBookシリーズ」2製品10モデルを発表いたしました。

ScreenPad™は、ノートPCのメインディスプレイとは別に搭載するタッチ液晶ディスプレイ上、タッチ操作でアプリを起動したり、対応アプリで音楽再生を行ったり、手書き入力用の入力デバイスとして使用したりなど、さまざまな使い方ができる多機能インターフェースです。ScreenPad™を搭載するノートPCは、従来のノートPCと比べてより効率良くより簡単に多くの作業や操作を行うことができます。

13型液晶ディスプレイを搭載する「ASUS ZenBook 13 UX334FAC」と、14型液晶ディスプレイを搭載する「ASUS ZenBook 14 UX434FLC」は、どちらも5.65型サイズのScreenPad™ 2.0を搭載しています。UX334FACが2色で8モデル、UX434FLCが1色で2モデル、スペックと付属ビジネスソフトの違いで計10モデルを用意しております。10モデルはすべて、2019年12月21日(土)より販売を開始する予定です。

ノートパソコン ASUS(エイスース)