ファーウェイ、画面占有率約88% 1.28kgの13型ノート薄型ノート「MateBook 13」(2019年3月発売)

Huawei MateBook 13.jpg

デザイン、インターフェイスなどどれをとっても今風。2つのUSB-C ポートを左右に搭載し、充電とデータ転送を同時に行える。このあたりもとても使いやすい。最近のTVCMを見ていてもファーウェイは、ノートPCもスマホも必死な感じがする。アメリカにそっぽを向かれたのはやっぱり中国にとってもデメリットしかない気がする。

2018年12月5日に、カナダ司法省は、アメリカ合衆国当局の要請を受け、中国の通信機器最大手の華為技術(=ファーウェイ)の幹部を逮捕したと発表しました。このあたりからファーウェイの行動があやしいと報道されるようになった気がするが、中国系のハイテク5社に対する締め付けを大幅に強化した頃から貿易戦争とよく報道されるようになった。

どっちも引けないし、どっちにもデメリットしかないのに、やっぱり決して弱腰にはならない。最近のファーウェイのノートPCはとてもスタイリッシュでこれからに期待が大きかっただけに残念。

ファーウェイ、画面占有率約88% 1.28kgの13型ノート薄型ノート「MateBook 13」(2019年3月発売)以下引用

ファーウェイは、2019年3月、13型の「MateBook 13」シリーズを発売。ボディーカラーは、スペースグレー。Core i5 搭載モデル、Core i7 搭載モデルをラインアップし、それぞれに「Microsoft Office Home & Business 2019」付属モデルをラインアップし、合計4モデルを発売。

ベゼル幅を4.4?までそぎ落した画面占有率約88%、13インチフルビューディスプレイ 搭載 高性能薄型コンパクトノートPC。電源ボタン一体型指紋センサーをはじめ、NFCを経由して非接触でファイル転送ができるHuawei Share OneHopなどを搭載。長時間バッテリーを搭載し、外出先でもストレスのない動作環境を持ち運べる。

13インチフルビューディスプレイ 搭載 高性能薄型コンパクトノートPC MateBook 13 シリーズラインアップ

WRT19AH58BNCNNUA [Core i5]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。
WRT19AH58BNC9NUA [Core i5+Office]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8265U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。
WRT29CH78CNCNNUA [Core i7]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。
WRT29CH78CNC9NUA Core i7+[Office]
ディスプレーは、13(2160×1440ドット)のQHD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8565U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、14.7時間、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」、本体サイズ、幅 286 × 奥行 211 × 高さ 14.9 mm、重さ、1.28 kg。

インターフェイスは、USB Type C x 2+ヘッドフォンジャック×1
2つのUSB-C ポートを左右に搭載し、充電とデータ転送を同時に行える。