ヒューレット・パッカードのOMEN X 2S 15 15.6型 デュアルスクリーンのゲーミングノートPCに関するプレスリリース。

https://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=2991170

株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史、以下「日本HP」)はデュアルスクリーン搭載のゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15(オーメンエックス ツーエス フィフティーン)」をはじめとするOMENブランドのノートPCやディスプレイ、アクセサリ類の新製品を発表します。また、新たにOMENブランドのアパレルやゲーミングチェアなどを展開し、ゲームをライフスタイルの一環として楽しむための環境を提供します。「東京ゲームショウ2019」の日本HPブースでは、本日発表した新製品を明るいグラデーションカラーを採用したブースに展示し、OMENブランドが目指す世界観を表現します。

ノートパソコン HP(ヒューレット・パッカード)

2020年5月に発売のアイ・オー・データ(IODATA)のUSBメモリー「LONG LIFE USB EU3-HRシリーズ」に関するプレスリリース。

https://www.iodata.jp/news/2020/newprod/eu3-hr.htm

「EU3-HRシリーズ」は、繰り返しの書き換えに強い「pSLC技術」のフラッシュを採用し、従来品と比べおよそ10倍※の耐久性を実現したUSBメモリーです。 長期5年保証を付属していますので、ドキュメント類などのファイルの一時保管や、資料の受け渡しなど、データの書き換えが多いビジネスシーンでも長く安心してご利用いただけます。
※TLC NAND採用USBメモリーとの比較時の、セルの書き換え回数。(理論値)

USBメモリ アイ・オー・データ(IODATA)

TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売する株式会社Project WhiteのeX.computer、第10世代インテル Core Xシリーズ搭載ワークステーションモデルに関するプレスリリース

https://kaisya.tsukumo.co.jp/static/release/200407_w.html

TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売する株式会社Project White(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:後藤賢志)は、独自に展開するBTOパソコン「eX.computer」において、第10世代インテル® Core™ Xシリーズ搭載ワークステーションモデルを4月7日(火)より発売いたします。

今回発売するワークステーションは、人気のオリジナルケースに最新の第10世代インテル Core Xシリーズを搭載しています。Windows 10 Proと空冷CPUクーラーを採用し、法人様から個人のお客様まで幅広いニーズに対応できる性能を実現しています。

デスクトップパソコン(TSUKUMO)ツクモ

サンワサプライの2020年3月発売の色落ちしない素材の静音ワイヤレスマウス「MA-WIR152」シリーズに関するプレスリリース。

https://www.sanwa.co.jp/news/202003/ma-wir152/index.html

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田和範)は、長く使っても色落ちしないコーティングレス素材の静音ワイヤレスマウス「MA-WIR152BK」「MA-WIR152BL」を発売しました。

表面をラバーやウレタンで塗装したマウスは、長年使用していると塗装が剥げてしまうことがあります。本製品は、ボディを塗装せずに樹脂自体に色や粒子を練り込む特殊製法のコーティングレス方式を採用しているので、色落ちの心配がありません。上質な光沢感が美しく、キレイが長続きします。

読み取り方式はIR LEDを採用しており、波長の長い赤外線LEDを使用することで駆動電圧を低くし、低消費エネルギーで使用できる省電力マウスです。不使用時の電池消耗を防止するON・OFFスイッチも付いています。 ワイヤレス方式は電波障害に強い2.4GHzデジタル帯を採用しており、通信範囲が半径10mの広範囲で安定したデータ通信が可能です。

マウス SANWA SUPPLY(サンワサプライ)

サードウェーブの2019年8月発売のドスパラの15.6型『NVIDIA GeForce GTX1650』搭載 10万円(税抜)を切った最新世代ゲーミングノートPC『GALLERIA GCR1650GF』に関するプレスリリース。

https://www.dospara.co.jp/5press/share_info.php?id=1622

圧倒的パフォーマンスと安定性を誇るゲーミングPC GALLERIA(ガレリア)(株式会社サードウェーブ 代表取締役社長 尾崎健介 東京都千代田区)は、2019年8月23日(金)より、全国のドスパラ店舗およびドスパラ通販サイトにて、新型ゲーミングノートパソコン『GALLERIA GCR1650GF』の販売を開始いたしました。

『GALLERIA GCR1650GF』は、最新グラフィックカード『NVIDIA GeForce GTX1650』と、インテル(R) Core i5プロセッサーを組み合わせたエントリーモデルのゲーミングPCです。最新グラフィックカードの搭載により、現在発売されているほとんどのゲームタイトルをストレスなくお楽しみいただけます。

【発売製品】 GALLERIA GCR1650GF (インテル Core i5 9300H / GeForce GTX1650) 99,980円(税抜)  https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?mc=8936&sn=0 【製品特長】

■手頃な価格の最新世代ゲーミングノートPCがGALLEIRAから登場 10万円を切る価格ながら、最新CPU『Intel Core i5-9300H』と最新グラフィックカード『GeForce GTX1650』を搭載。出先でもゲームを楽しみたい人や、これからゲームを始めたい人におすすめのモデルです。

■ゲーム画面への没入感を高める薄型狭額ベゼルを採用 液晶画面を囲むベゼルを狭くすることで、枠の意識が薄まり、より高いゲームへの没入感が得られます。 また狭額ベゼルによって一般的な15インチノートPCよりも一回りコンパクトなサイズを実現。 液晶には外光の映り込みが少ない非光沢液晶を採用しており、長時間の使用でも目が疲れにくくなります。

■様々なゲーミング環境を想定したI/Oを装備 Gigabit有線LAN、無線LANどちらにも標準対応。 またUSB3.1 gen1 type-C x1、Type-A x2, USB2. 0x1 HDMIx1, mini DPx2,SDカードリーダー (SDXC対応)を搭載しており、複数のゲーミングデバイスを繋いでも余裕のある豊富なI/Oを装備しております。

ノートパソコン dospara(ドスパラ)

株式会社Project Whiteの2020年3月TSUKUMO(ツクモ)ブランドのゲーミング専用PC「G-GEAR」シリーズから「Ryzen 5 3500」搭載の「GA5A-C200/T」に関するプレスリリース

https://kaisya.tsukumo.co.jp/static/release/200317_g.html

TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売する株式会社Project White(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:後藤賢志)は、独自に展開するゲームパソコン「G-GEAR」において、Ryzen 5 3500搭載のゲーミングパソコンを3月17日(火)より発売いたします。

今回発売の新モデルは2月22日に発売したRyzen™ 5 3500を搭載しており、マザーボードにB450チップセット搭載のASUS製マザーボードを採用したことで、様々な用途に対応できる高い処理性能と圧倒的なコストパフォーマンスを兼ね備えた新型ゲームパソコンです。

デスクトップパソコン(TSUKUMO)ツクモ

アップルの2020年3月発売の11型、12.9型サイズの「iPad Pro」に関するプレスリリース。

Apple_new-iPad-Pro-AR-screen-1_03182020.jpg

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/03/apple-unveils-new-ipad-pro-with-lidar-scanner-and-trackpad-support-in-ipados/

iPad Proのために作られた新しいMagic Keyboardは、フローティングデザイン、バックライトキーボードそしてトラックパッドを特長とし、iPad史上最高のタイピング体験を提供します。

Appleは本日、最も先進的なiPad Proを発表しました。A12Z Bionicチップを搭載したiPad Proは、ほとんどのWindowsノートパソコンよりも高速で、よりパワフルです。iPad Proは、超広角カメラとスタジオ品質のマイク、それに最先端の深度検出能力を可能にする画期的なLiDAR(ライダー)スキャナをを追加し、これまで以上にプロのワークフローを可能にするほか、プロ向けの写真やビデオアプリケーションをサポートしています。LiDARスキャナとともに、プロのカメラ、モーションセンサー、プロのパフォーマンス、プロのオーディオ、目を見張るほど美しいLiquid Retinaディスプレイ、そしてパワフルなアプリケーションは、iPad Proを拡張現実(AR)のための世界最高のデバイスへとさらに牽引します。 新しいiPad Proは本日より、apple.com/jpで注文できます。

タブレット Apple(アップル)

サードウェーブの2019年8月発売の15.6型ノートパソコン『GALLERIA 碁MASTER』に関するプレスリリース。

GALLERIA 碁MASTER banner.jpg

株式会社サードウェーブ(代表取締役社長 : 尾崎健介、本社 : 東京都千代田区 以下サードウェーブ)は、2019年8月23日(金)、日本棋院公認のプロ棋士、上位愛好者向け 囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』を受注開始いたします。注文は専用窓口よりお電話にて受け付けます。

サードウェーブはこれまで「全国高校eスポーツ選手権」を通じ、eスポーツの普及・発展に取り組んできました。マインドスポーツの一種である"囲碁"の普及にも貢献し て参ります。『GALLERIA 碁MASTER』の普及を通じ、日本国内の囲碁プロ棋士をはじめ、上位アマチュア囲碁愛好家の方々など幅広く勝率向上を支援いたします。製品詳細は以 下の通りです。

【GALLERIA 碁MASTER製品詳細】

◆1.設定の手間が不要で購入直後から使用可能、パソコン起動後すぐに囲碁AIが使用可能
Windowsの設定代行サービスが製品に含まれているため、お客様によるパソコン初期設定が不要。また、囲碁AI検討ソフトをプリインストール、動作にインターネット接続も不 要で起動可能です。

2.多くのプロ棋士が活用する囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト『Lizzie』(日本語版)搭載
国内外多くの囲碁棋士に検討ツールとして支持されている囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト『Lizzie』をサードウェーブで独自に日本語化したバージョンをプリインストー ル。

3. AI囲碁の思考を高速処理し安定稼働を実現するための高性能ハードウェア
AIの思考を司る中枢に第9世代CPU Intel Corei7-9750H、NVIDIA GeForce RTX2070 MAX-Q、DDR4メモリ16GBを搭載。ゲーミングPC「GALLERIA」で培ったノウハウを結集し、AIの 思考を処理する高負荷環境下でも、安定した稼働を実現。

■AI囲碁検討ソフト「Lizzie」画面
次に打つべき推奨手をAIが思考判断し、予測勝率(%)と共に色別に表示します。シミュレーションの多い順に青、緑、橙、桃、黄色でそれぞれ表示。AIの演算処理時間が経 過するにつれ、画面上に表示される推奨手も増加していきます。

■GALLERIA 碁MASTER
 

ドスパラ GALLERIA 碁MASTER スペック

【囲碁AI台頭の背景、GALLERIA 碁MASTER 開発経緯】

2015年、Google Deep Mindによって開発された囲碁AIプログラム「Alpha Go」(アルファ碁)がプロ棋士と対局・勝利した事で"AIは人間を超えた"と、科学誌「Nature」で も取り上げられ話題になりました。国内外の囲碁界では、相次いで開発され始めた様々なAIと対局し研究することで、人間が発想しえない新しい"手"を探求、AIがもたらす "手"の強みや弱みを検討するなど、対策や戦術を模索するようになりました。

囲碁界でAIを用いた検討に関心が高まる中、棋士は自宅のパソコンでAIを稼働して検討するために、課金クラウドコンピューティングサービスへ接続してGPU機能を利用するな ど、運用方法を模索してきました。しかし、この方法ではランニングコストがかかることや、接続や設定方法が煩雑で知識やスキルが必要であるなど、容易でありませんでし た。

サードウェーブはそうした状況に対応すべく、ゲーミングPC「GALLERIA」で培ったノウハウを活用し、AIプログラムの高速処理と稼働の安定性を実現。また、パソコン起動後 手軽に囲碁AIアプリケーションを操作可能であることをコンセプトに、本製品を開発しました。開発にあたり、AIを用いた検討手法に精通している公益財団法人日本棋院(東 京都千代田区、理事長:小林覚 以後、日本棋院)所属棋士に操作性や機能などを監修頂き、プロユースに対応し得る製品として完成させました。

ノートパソコン dospara(ドスパラ)

iiyama PCの2020年3月発売のディープラーニング環境構築向けパソコンの3モデルに関するプレスリリース。

iiyama SENSE∞.jpg

パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコム(代表取締役:端田泰三、本社:大阪市浪速区)は、「iiyama PC」ブランド「SENSE∞(センスインフィニティ)」より、ディープラーニング環境構築向けパソコンの販売を開始いたしました。

■ ディープラーニングとはディープラーニング(Deep Learning、深層学習)は、人工知能(AI)を効率的に学習させる、機械学習の手法のひとつです。音声認識や画像認識、画像生成、自然言語処理等、さまざまな用途で活発に使われていますが、ディープラーニングの学習および推論を行うためには非常に膨大な計算処理が必要な為、コンピュータのハードウェアスペックが要求されます。パソコン工房ではLinuxでの動作確認を予め行い、ローカル環境でディープラーニング環境を構築してプログラミング学習や動作確認を行う事が出来るパソコンを作成しました。

■Ubuntuの動作確認、ソフトウェアライブラリのGPU上での動作確認済みディープラーニング環境構築向けパソコンでは、ディープラーニング環境を構築する上でポピュラーなUbuntuのインストール(※1※2)を確認、搭載マザーボードとGPUの組み合わせでOSがGPUを認識し、ディープラーニング用ライブラリがGPU上で動作する事を確認しております。

デスクトップパソコン(iiyama)イイヤマ パソコン工房

パソコン工房のiiyama PCブランドのゲーミング専用PC「LEVEL∞ R」シリーズのタワー型モデル「LEVEL-R040-i5K-DVS」「LEVEL-R0X5-R73X-DVK」の2モデルについてのプレスリリース。

Radeon RX 5500 XT搭載ミドルタワーゲーミングPC.jpg

パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコム(代表取締役:端田 泰三、本社:大阪市浪速区)は、「iiyama PC」ブランドより、AMD Radeon RX 5500 XTを搭載したBTOパソコンを販売開始いたしました。

■ AMD Radeon RX 5500 XTについて

AMD Radeon RX 5500 XTは『NAVI』コアを搭載する、フルHD解像度ゲーミング向けのグラフィックスカードです。「RDNAアーキテクチャ」を採用、7nmプロセスで製造、最大224Gbpsの高帯域幅が可能となるGDDR6メモリーを搭載、PCI Express 3.0の2倍の帯域幅であるPCI Express 4.0をサポートしています。  Radeon RX 5500 XTは、AAAタイトルでは最大60fps、eSports向けタイトルでは最大90fpsという、より高い水準でフルHDゲーミング体験を実現します。

デスクトップパソコン(iiyama)イイヤマ パソコン工房