タグ「dospara」が付けられているもの

GCF2070GF-E.jpg

GeForce RTX 2060/2070を搭載するノートPCということで、デスクトップ以上のGPUを搭載しているハイエンドノートPCとなる。今のところ、他BTOメーカーからGeForce RTX 20 シリーズを搭載しているノートは見当たらない。これで熱対策も万全というからすばらしい。

描画応答速度(リフレッシュレート)を高速化することで残像感を低減し、プレイヤーの操作を正確に映し出す120Hzで駆動する液晶を搭載する。このあたりは、マニアが喜ぶ仕様になっている。高性能な液晶モニタ を最初から搭載することで、画面が一体となったノートパソコンの利点を最大限に発揮し、PCゲームプレイヤーにハイパフォーマンスな体験をもたらしてくれる。

ドスパラ、15.6型 ゲーミングPCブランド「GALLERIA」 リアルタイムレイトレーシング対応最新GPU GeForce RTX 2060/2070 を搭載した薄型ノートPC

天板は、粗めのヘアライン加工。「GeForce RTX 20」シリーズのスリム&コンパクトゲーミングPC。高性能GPUを搭載したゲーミングノートPCとしてはかなりスリムでコンパクトで、ビジネス用のバッグにも違和感なく収まるようなサイズ感。

GeForce RTX 20」シリーズMax-Q搭載のトランスポータブルゲーミング

GeForce RTX 20」シリーズ(GeForce RTX 2060/2070)は、最新のNVIDIA Turingアーキテクチャを採用し、ゲームに新しいレベルのリアリズム、スピード、没入感をもたらす。PCゲームをより滑らかで快適に動作させ るだけでなく、リアルタイムレイトレーシングに対応することで、金属面や窓ガラス、水たまりなどの映り込みなど、よりリアルな表現が可能。

搭載しているグラフィックチップ"RTX2070"は、ノートPCに搭載されているにもかかわらず、"デスクトップ版GTX1070Ti"より高速な動作を実現。単純なGPU性能としては、現時点で最上位クラスに位置するノートPC

ディスプレーは、LEDバックライト付の(1920×1080ドット)のフル HDワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、めもりー、16 GB、ストレージ、1 TB HDD+256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィックは、GCF2070GF-Eは、「NVIDIA GeForce RTX2070」、GCF2060GF-Eは、「NVIDIA GeForce RTX2060」「インテル UHDグラフィックス630」、バッテリー駆動時間、4.8 時間、本体サイズ、幅 360 × 奥行 245 × 高さ 27 mm、重さ、2.3 kg。
インターフェイスは、USB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1/ HDMI x1, miniDP x2

Diginnos Note Altair VH-AD3S.png

ストレージは64GBだが、SSDが追加できるように仕様になっているのでOK。最近のモバイルの主役は14インチになった。13型クラスの筐体に14型をはめこむ仕様が人気。液晶は大きいほうが作業がしやすいし。

ドスパラ、14型フルHDノートPC「Diginnos Note Altair VH-AD3S」(2019年2月発売) 以下引用

ドスパラは、2019年2月、軽量・薄型の14型のスリムノートパソコン「Diginnos Note Altair VH-AD3S」を発売。ボディーカラーは、シルバー。

カバンにすっと収まる軽快コンパクトボディで

Diginnos Note Altair VH-AD3S スペック

極薄アルミ。体新生活のスタートに最適なpc。カバンにすっと収まる軽快コンパクトボディで持ち運びのストレスをゼロに。ワンタッチ指紋認証で学校やカフェでもすぐに起動できる。目への負担が少なく、画面への映り込みを軽減するフルHDノングレア液晶を採用。長時間作業も快適に。

HDMIポート搭載で、PCモニタを接続して2 画面での作業もOK。大画面液晶やTVにつないで映画やドラマも楽しめる。

SSDの造設が可能

ストレージが64GBだとちょっと不安という方もSSDの造設で写真や音楽などをたくさん保存する事ができるようになります。

ディスプレーは、14型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron N3350」、メモリー、4 GB、ストレージ、64 GB eMMC、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HDグラフィックス500(CPU内蔵)、本体サイズ、幅 333 × 奥行 222 × 高さ 16.9 mm、重さ、1.37 kg(バッテリー含)。

無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2に対応。インターフェイスは、USB 3.0×2、microHDMI 1.4×1、マイク入力・ヘッドホン出力共用端子×1。

お絵かきタブレットが8型→10.1型にサイズアップしてリニューアル。CPUなど、メモリーもリニュアールして使い勝手がグンとアップしている。イラストや文字デザインをしてそのままデジタルデータとして活用できるのは、その関連の仕事の現場ではとても嬉しいと思う。効率もあがるし、テンションもあがりそう。

dospara raytrektab DG-D10IWP.jpg

ドスパラ、お絵描きタブレット「raytrektab」の10.1型モデル「DG-D10IWP」 以下引用

ドスパラは、2018年12月、お絵描きタブレット「raytrektab」の10型モデル「DG-D10IWP」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

raytrektab DG-D10IWP

ドスパラ お絵描きタブレット raytrektab DG-D10IWP スペック

2017年に発売した8型モデル 「raytrektab DG-D08IWP」のスペック強化モデル。CPUがCeleron N4100に、メモリが8GBに、ストレージがSSD128GBにパワーアップ。高いスキャンレートで低遅延、違和感を感じない最新のWACOM製デジタイザーを国内で初採用。高速データ通信、より高い電力供給が可能なUSB3.1に対応。
コネクタは裏表なく挿し間違いが起こらないType-Cを採用。

ディスプレーは、10.1(1920×1200ドット)のWUXGA 液晶。マルチタッチ対応。OS 「Windows 10 Home」、CPU「インテル Celeron N4100」、メモリー、8 GB、ストレージ、128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHDグラフィックス600(CPU内蔵)」、バッテリー駆動時間、7.0 時間、本体サイズ、幅 245 × 奥行 9 ×高さ 176 mm、重さ、657 g。

インターフェイス、USB3.0 Type-C×1(給電兼用)、 マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子×1。