タグ「MSI」が付けられているもの

MSIのCPUを強化したほか、チップセットに「Intel Z390」を採用し、ビデオカードにはNVIDIAの「GeForce RTX 20」シリーズを搭載したハイエンドゲーミングデスクトップPCのInfinite X Plus シリーズ のラインアップ。合計3モデル。最上位スペックモデルはCore i9 を搭載する「9SF-289JP」、残りの2モデルも9世代のCore i7を搭載。

Infinite X Plus front.png

MSI、「GeForce RTX 20」を搭載したゲーミングPC「Infinite X Plus」シリーズ(2019年2月発売)以下引用

Infinite X Plus シリーズ

共通スペックは、チップセットに「Intel Z390」を採用し、GPUにはNVIDIAの「GeForce RTX 20」シリーズを搭載する。
OS「Windows 10 Home」光学ドライブ、別売り、、本体サイズ、幅 210 × 奥行 450 × 高さ 488 mm、重さ、12 kg。
スペックごとにとなるのは、CPU、メモリー、ストレージとGPU。
9SF-289JPのGPUは、「MSI GeForce RTX 2080 Ti」、9SE-290JPは、グラフィック「MSI GeForce RTX 2080」、9SD-291JPは、MSI GeForce RTX 2070」。

MSI Gamingデスクトップのすばらしい性能を引き出すために、独自の優秀で強力な冷却システムが搭載されています。MSIのSilent Storm Coolingは、複数の分離された区画を擁し、それぞれがシステム内の異なる部品の冷却に使われています。この独自の設計により、システム内の温度は完璧に制御下におかれ、冷たく静かな動作をサポート。

ケースの筐体に便利なハンドル付。独自の優秀で強力な冷却システムを搭載。高性能なDragon水冷システムを搭載し、究極のCPUオーバークロッキングを実現。冷却を採用したグラフィックスカード - RTX 20シリーズVENTUSグラフィックスカードを搭載。ストレージは、NVMe技術を使った二重のPCI-E Gen 3.0 x4 SSDの組み合わせで、M.2 SSDの出力する3300MB/s越えを実現。

MSIは、ゲーミング専用PCの主要メーカーのひとつ。やや個性が強いがゲーミング専用PCとしてのブランド化は確立済みなのでこの分野では安心。ゲーミング専用モデルは、メーカーやBTO含めてどんどん巨大化しているのでこういった省スペース型モデルは貴重。

MSI Trident X 9SE-023JP.png

MSI、Core i9-9900K+GeForce RTX 2080 搭載した省スペース PC「Trident X」 以下引用

MSIは、2018年12月、省スペースタイプのデスクトップパソコン「Trident X 9SE-023JP」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

ゲーミング専用スリムPC「Trident X 9SE-023JP」

MSI Trident X 9SE-023JP スペック
体積わずか10リットルのもっともコンパクトなゲーミングデスクトップ。
MSIのファン冷却を採用したグラフィックスカード - RTX 20シリーズVENTUSグラフィックスカードを搭載。かつてない8コアi9/i7 Kプロセッサで大きな性能の飛躍を!最大50%の性能向上による加速されたゲームプレイと高速レンダリングを体験できる。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i9-9900 Kプロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、2 TB HDD+512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「GeForce RTX 2080」、本体サイズ、幅 129.74 × 奥行 382.73 × 高さ 396.39 mm、重さ、6.55 kg。

インターフェイス
[前]
1x USB 3.1 Gen1 Type C
1x USB 2.0 Type A
1x USB 3.1 Gen1 Type A
1x マイク入力
1x ヘッドホン出力
[後]
1x PS/2コンボポート
2x USB 2.0
1x DP出力(1.2)
1x HDMI出力(1.4)
1x USB 3.1 Gen2 Type A
1x USB 3.1 Gen2 Type C
2x USB 3.1 Gen1 Type A
1x RJ45
5x オーディオジャック
1x 光S/PDIF出力

ビックカメラオリジナルの新入生応援ノートパソコン。新人でこんなスペックのいいPCを使ったら会社のPCが亀みたいに感じるかもしれない。自宅での仕事がはかどるはず。

MSI GF63 8RC-477JP.png

MSI、ビックカメラオリジナル 薄型・軽量デザイン 15.6型ノートPC 2機種(2019年1月発売) 以下引用

MSIは、2019年1月、15.6型のノートパソコンCore i7搭載の「GF63-8RC-477JP」とCore i5搭載の「GF63-8RC-476JP」の2モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。

ビックカメラオリジナル新生活応援モデル 薄型・軽量デザインで持運びも楽々なエントリーモデルゲーミングノートPC

ビックカメラオリジナル新生活応援モデル。これからPCゲームをはじめる人にオススメの薄型・軽量デザインで持運びも楽々なエントリーモデルゲーミングノートPC。

14型のボディーサイズにベゼルの最薄部4.9mmの狭額縁デザイン15.6型パネルサイズを搭載。
GPUには「GeForce GTX 1050」を搭載。動画や写真の加工・編集などに最適で高性能CPUとGPUがオフィスソフトや3D CG作成・3Dアニメーション作成・3D CAD等専門性の高い仕事向き。

閉じたときの薄さは5円玉の直径よりも薄い21.7mm、軽さは満水の2リットルペットボトルよりも軽い1.86Kgの本体にゲーミングデスクトップPC並みの性能を凝縮。

GF63-8RC-477JP
ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、7 時間、グラフィック「GeForce GTX 1050」」、本体サイズ、幅 359 × 奥行 254 × 高さ 21.7 mm、重さ、1.86 kg。
GF63-8RC-476JP
ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8300H プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、1 TB HDD+128 GB SSD 、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、7 時間、グラフィック「GeForce GTX 1050」」、本体サイズ、幅 359 × 奥行 254 × 高さ 21.7 mm、重さ、1.86 kg。

インターフェイスは、USB 3.1 Gen1 Type-C ×1(Thunderbolt 3、USB Power Delivery、Alt Mode非対応)、USB 3.1 Gen1×3、HDMI×1、ヘッドホン×1、マイク×1。