MSI、「GeForce RTX 20」を搭載したゲーミングPC「Infinite X Plus」シリーズ(2019年2月発売)

MSIのCPUを強化したほか、チップセットに「Intel Z390」を採用し、ビデオカードにはNVIDIAの「GeForce RTX 20」シリーズを搭載したハイエンドゲーミングデスクトップPCのInfinite X Plus シリーズ のラインアップ。合計3モデル。最上位スペックモデルはCore i9 を搭載する「9SF-289JP」、残りの2モデルも9世代のCore i7を搭載。

Infinite X Plus front.png

MSI、「GeForce RTX 20」を搭載したゲーミングPC「Infinite X Plus」シリーズ(2019年2月発売)以下引用

Infinite X Plus シリーズ

共通スペックは、チップセットに「Intel Z390」を採用し、GPUにはNVIDIAの「GeForce RTX 20」シリーズを搭載する。
OS「Windows 10 Home」光学ドライブ、別売り、、本体サイズ、幅 210 × 奥行 450 × 高さ 488 mm、重さ、12 kg。
スペックごとにとなるのは、CPU、メモリー、ストレージとGPU。
9SF-289JPのGPUは、「MSI GeForce RTX 2080 Ti」、9SE-290JPは、グラフィック「MSI GeForce RTX 2080」、9SD-291JPは、MSI GeForce RTX 2070」。

MSI Gamingデスクトップのすばらしい性能を引き出すために、独自の優秀で強力な冷却システムが搭載されています。MSIのSilent Storm Coolingは、複数の分離された区画を擁し、それぞれがシステム内の異なる部品の冷却に使われています。この独自の設計により、システム内の温度は完璧に制御下におかれ、冷たく静かな動作をサポート。

ケースの筐体に便利なハンドル付。独自の優秀で強力な冷却システムを搭載。高性能なDragon水冷システムを搭載し、究極のCPUオーバークロッキングを実現。冷却を採用したグラフィックスカード - RTX 20シリーズVENTUSグラフィックスカードを搭載。ストレージは、NVMe技術を使った二重のPCI-E Gen 3.0 x4 SSDの組み合わせで、M.2 SSDの出力する3300MB/s越えを実現。