MSI、「Intel Z390」に変更した省スペースの「Core i9-9900K」搭載ゲーミングPC Trident X Plus 9SE-093JP

Trident X Plus 9SE-093JP.png

昨年12月に発売されたCore i9 搭載モデルの後発組。搭載チップセットをIntel Z370からIntel Z390に変更した。

MSIは、2019年3月、スリムタイプのゲーミング専用デスクトップパソコン「Trident Xシリーズ」シリーズから「Trident X Plus 9SE-093JP」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

昨年12月に発売した「Trident X 9SE-023JP」の後継モデル。

Core i9-9900K+GeForce RTX 2080搭載

昨年12月に発売した「Trident X 9SE-023JP」の後継モデル。搭載チップセットをIntel Z370からIntel Z390にスペックアップ。
MSI Trident X Plus 9SE-093JP スペック
省スペース型のスリム筐体に、CPUに8コア/16スレッドの第9世代Intel Core i9-9900K、グラフィックスカードにGeForce RTX 2080 8Gを採用。CPUとグラフィックスカード、電源ユニットの区画を独立し、すぐれた冷却性と静音性を両立。

OS「Windows 10 Home」、CPU「 インテル Core i9-9900 K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、2 TB HDD+512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「GeForce RTX 2080」、本体サイズ、幅 130 × 奥行 383 × 高さ 396 mm、重さ、6.55 kg。

前面のインターフェイスは、 1x USB 3.1 Gen1 Type C 1x USB 3.1 Gen1 Type A 1x USB 2.0 Type A 1x マイク in 1x ヘッドホン out 後面のインターフェイスは、 1x USB 3.1 Gen 2 Type C 1x USB 3.1 Gen 2 Type A 2x USB 3.1 Gen 1 Type A 2x USB 2.0 1x DP out (1.2) 1x HDMI out (1.4) 1x RJ45 HDオーディオ 5x Audio jacks 1x Optical S/PDIF out