タグ「ASUS」が付けられているもの

Mini PC ProArt PA90.jpg

よくインテリアもこだわって洗練された雰囲気のところがある。知り合いにも建築の設計事務所があって、ソファーやテーブルにもかなりこだわっているけれど、パソコンだっけが事務機器っぽくていやだ!と言っているのを思い出したけれど、こういう事務所にぴったりだと思う。下手すれば空気清浄機かと思うようなデザイン。CPUにはCore i9を搭載するハイエンドモデル。かなり需要がありそうだ。

エイスース、ハイスペックの水冷システム クリエイター向け静音PC「Mini PC ProArt PA90」以下引用

エイスースは、2019 年、10 月、「インテル Core i9-9900K」、「NVIDIA Quadro P2000」をコンパクトに収めた水冷システム採用のクリエイター向け静音 PC「Mini PC ProArt PA90 PA90-M9111ZN」を発売。ボディーカラーは、ミッドナイトブルー。

インテル Core i9-9900K + NVIDIA Quadro P2000 搭載

ASUS Mini PC ProArt PA90 PA90-M9111ZN スペック

デザインワークは負荷が高いため、高性能冷却システムが不可欠です。オールインワンの水冷CPUクーラーにより、CPUのパフォーマンスを最大限に引き出しながら、常に静かで安定した動作を提供し、プロジェクトでの作業中のスローダウン、アプリケーションクラッシュ、さらには予期しないシャットダウンを回避する。長い時間かけて作成したデータが失われるリスクを回避できる。

OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA Quadro P2000」、本体サイズ、幅 176 × 奥行 176 × 高さ 365 mm、重さ、5.2 kg、

インターフェイス
外部ディスプレイ出力端子:DisplayPort 1.4×4
USBポート:USB 3.1 Gen2 Type A×4(正面×2、背面×2)、Thunderbolt 3×2
オーディオ:(正面) オーディオジャック×1、マイク入力×1
      (背面) オーディオジャック×1

無線
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth機能:Bluetooth® 5.0

ASUS TUF Gaming FX505DU banner2.jpg

ASUSのAMDのCPUを搭載したゲーミング専用PC。最近は、ASUSに限らずコスパのいいAMD製のCPUを搭載したパソコンが増えている。

エイスース、AMD Ryzen 7 搭載の15.6 型ゲーミング専用PC「TUF Gaming FX505DU」

エイスースは、2019 年 6 月、15.6 型のゲーミング専用ノートパソコン「ASUS TUF Gaming FX505DU」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

マルチタスクで圧倒的なパワーを誇る CPU 搭載

マルチタスクで圧倒的なパワーを誇る、4コア/8スレッドのAMD Ryzen 7 3750H モバイルプロセッサーと、内蔵グラフィックスとして「Radeon Vega 10 グラフィックス」を搭載
ASUS TUF Gaming FX505DU FX505DU-A7G1660T スペック

ミリタリーグレードの堅牢性を備えた、タフ仕様の 15.6 型ゲーミングノート PC。マルチタスクに強みの AMD Ryzen 7 3750H モバイルプロセッサーと、リアルな映像体験を実現するTuring アーキテクチャ対応の「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti 」を搭載。
システムドライブ用に爆速なNVMe SSD 512GBの PCIe 3.0 ×2接続のSSDを採用。 OSの起動やシャットダウンなどだけでなく、アプリの起動や保存しているデータの読込み書込みなどにも大きな恩恵を与え圧倒的なスピードで処理。高速なストレージを実現。
2つのファンで冷却を行うデュアルクーリングシステムを搭載して、CPUとGPUに対して高い冷却効果を発揮。

ゲームに最適なハイパフォーマンスで、初めてのゲーミング PC にも最適。画面の左右のベゼル幅が6.5mmしかない超狭額ベゼルを採用することで、通常の液晶ディスプレイでは得られることができない圧倒的な没入感を提供。

ディスプレーは、LEDバックライト付の15.6型(1920 × 1080 ドット)の フル HDワイド液晶。タッチ対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「AMD Ryzen 7 3750H モバイルプロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、512 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti」、バッテリー駆動時間、4.8 時間、本体サイズ、幅 360 × 奥行 262 × 高さ 26.7 mm、重さ、2.25 kg。

インターフェイス、
外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:USB3.0×2、USB2.0×1
カードリーダー:-
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

ROG ZEPHYRUS S GX701GXR.jpg

2019年6月は夏モデル向けにASUSから高機能&超薄型のゲーミング専用PCがラインアップ。特徴的なゲーミングPC。

ASUS、最薄のRTX 2080搭載ノートPCなど超高性能ゲーミングノートPC

エイスースは、2019年6月、「NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q」搭載17.3型ゲーミングノートPCの「ROG ZEPHYRUS S GX701GXR」、最薄の「NVIDIA GeForce RTX 2070 Max-Q」搭載15.6型ゲーミングノートPCの「ROG ZEPHYRUS S GX531GWR」、およびノートPCのサイズで極限まで高性能化を行った17.3型ゲーミングノートPCの「ROG G703GXR」の3モデルを発売。 ボディーカラーは、ROG ZEPHYRUS S GX701GXR GX701GXR-I7R2080Q [17.3型]とROG ZEPHYRUS S GX531GWR GX531GWR-I7R2070Q [15.6型]がブラックメタル、ROG G703GXR G703GXR-I9KR2080 [17.3型]がチタン。

ウルトラスリムを目指したスタイリッシュなGeForce RTX 2070/2080 Max-Q搭載 15.6/17.3型ゲーミングノートPCと圧倒的なパフォーマンスを実現するROG G703GXR

3モデルのスペック比較

品番 ROG ZEPHYRUS S GX701GXR GX701GXR-I7R2080Q [17.3型] ROG ZEPHYRUS S GX531GWR GX531GWR-I7R2070Q [15.6型] ROG G703GXR G703GXR-I9KR2080 [17.3型]
用途 ゲーミング専用 ROG シリーズ
画面 ディスプレイ:17.3型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:ノングレア
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD) (144Hz)
タッチパネル:非搭載
ディスプレイ:15.6型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:ノングレア
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD) (144Hz)
タッチパネル:非搭載
ディスプレイ:17.3型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:ノングレア
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD) (144Hz)
タッチパネル:非搭載
CPU インテル Core i7-9750H プロセッサー インテル Core i9-9980HK プロセッサー
メモリー 32GB DDR4-2666 24GB DDR4-2666 64GB DDR4-2666
ストレージ SSD:1TB (PCI Express 3.0 x2接続) SSD :1TB (PCI Express 3.0 x4接続) SSD :5:1.536TB RAID 0 (512GB×3) (PCI Express 3.0 x4接続)
HDD :1TB (ハイブリッドHDD)
グラフィック NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q NVIDIA GeForce RTX 2070 Max-Q NVIDIA GeForce RTX 2080
オーディオ ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
スピーカー:ステレオスピーカー内蔵 (1W×2)
マイク:アレイマイク内蔵
ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
スピーカー:ステレオスピーカー内蔵 (2W×4)
マイク:アレイマイク内蔵
バッテリー 5.8 時間 5.1 時間 5.3 時間
インターフェイス 外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:USB3.1 (Type-C/Gen2) ×1、USB3.1 (Type-C/Gen1) ×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×1、USB3.0×2
カードリーダー:-
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
外部ディスプレイ出力:HDMI×1、Mini DisplayPort×1
USBポート:Thunderbolt 3 (Type-C) ×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×3
カードリーダー:SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
オーディオ:ヘッドホン出力×1、マイク入力×1
本体サイズ 幅399mm×奥行き272mm×高さ18.7mm
2.65 kg
幅399mm×奥行き272mm×高さ18.7mm
2.65 kg
幅425mm×奥行き319mm×高さ47.5?51mm
4.7 kg
</div

ASUS ROG Strix G G531GV.jpg

BMWのグループ会社であるDesignworksとコラボレーションを行った、今までにない刺激的で新しいデザインの15.6型ゲーミングノートPC「ROG Strixシリーズ」見た目にもちょっとこれまでにないタイプのデザインに仕上がっている。他企業とのコラボはうまくいくケースといかないケースが多々あるが、今回はうまくいったケースだと思う。pcメーカーがpcメーカーとコラボしてもうまくいかないのに、他メーカーだとうまくいくのは不思議。

BMW Designworksコラボデザインの15.6型ゲーミングノートPC「ROG Strixシリーズ」 以下引用

エイスースは、2019年6月、BMW Designworksコラボデザインの15.6型ゲーミングノートPC「ROG Strixシリーズ」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

ROG Strixシリーズは、メインストリームからハイエンドまで、搭載機能やスペックなどが異なる多数のラインナップを用意しており、自分に最適なゲーミングノートPCを選ぶことができる。

タイリッシュなボディーに連続使用でも安心の冷却性能を搭載

ディスプレーは、15.6 型(1920×1080 ドット)のフル HD ワイドノングレア液晶。タッチには非対応。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-9750H プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2060 」

本体サイズ、幅 360 × 奥行 275 × 高さ 25.8 mm、重さ、2.395 kg。
インターフェイス、外部ディスプレイ出力:HDMI×1、USBポート:USB3.1 (Type-C/Gen2) ×1、USB3.0×3、カードリーダー:無、オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

ROG Mothership GZ700GX.jpg

着脱式のキーボードが付属するこれまでにないゲーミング専用ノートPC。スペックはハイエンドモデルと言われる部類の最上位機種。

エイスース、キーボード着脱式の17.3型ゲーミングノートPC「ROG Mothership GZ700GX」スペック

エイスースは、2019年9月、世界で最も高性能なキーボード着脱式の17.3型ゲーミングノートPC「ROG Mothership GZ700GX」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

世界で最も高性能なキーボード着脱式17.3型ゲーミングノートPC

ASUS ROG Mothership GZ700GX GZ700GX-I9KR2080 スペック

デスクトップPCのように使えるキーボード着脱式17.3型ゲーミングノートパソコン。液晶一体型の本体と、本体から取り外しできるキーボードの2つで構成された、今までにないまったく新しいタイプのゲーミングノートPC。
最高5GHzもの高クロックで動作する8コア16スレッドのインテル Core i9-9980HK プロセッサーに、グラフィックス機能にはNVIDIA GeForce RTX 2080を搭載し、圧倒的な性能を実現。
メモリには64GBもの大容量を搭載し、ストレージにはPCI Express 3.0 x4で接続を行った512GBのNVMe SSD×3台をRAID 0構成。
本物に見間違えるほど、鮮明に美しく映し出す4K/UHD(3,840×2,160ドット)の液晶ディスプレイを搭載しており、ゲームをするのに最高の環境を提供。
最高の熱移動効率になるように取り回しを行った8本のヒートパイプに、放熱面積を広くするために従来の半分の薄さを実現した0.1mm厚の放熱フィン、そして一般的な5V動作のファンよりも強力なエアフローを実現する12V動作のファンなど、最新の冷却システムを搭載

ディスプレーは、17.3型(3840×2160 ドット)の4K Ultra HD 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Pro」、CPU「インテル Core i9-9980HK プロセッサー」、メモリー、64 GB、ストレージ、512 GB×3 SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」、本体サイズ、幅 410 × 奥行 320 × 高さ 33.5 mm、重さ、1.15 kg。

インターフェイスは、Thunderbolt 3(Type-C)×1、USB 3.1(Type-C/Gen2)×1、USB 3.1(Type-A/Gen2)×3、USB 3.0×1、HDMI出力×1を装備。SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード。マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1、マイク入力×1。
無線通信は、Bluetooth 4.1、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax 対応。

ASUS ROG STRIX GL12CX.jpg

時点で最高峰の性能を持つ最新グラフィックスチップのNVIDIA GeForce RTXシリーズを搭載した、水冷ゲーミングデスクトップPCの「ROG STRIX GL12CX」 2モデル+OUTLET含めて3モデルを発売。インターフェイスも増設用のスロットも万全。

text

エイスース、GeForce RTXシリーズ搭載水冷ゲーミングPCの「ROG STRIX GL12CX」スペック 以下引用

エイスースは、2019年9月、タワー型のゲーミングデスクトップパソコンの新モデル「ROG Strix GL12CX」シリーズを発売。ボディーカラーは、アイアングレー。「NVIDIA GeForce RTX 2080」を搭載する「GL12CX-I9KR2080」、「NVIDIA GeForce RTX 2080」を搭載する「GL12CX-I7KR2070」とGL12CX-I7KR2070にはOUTLET モデルもラインアップがある。

現時点で最高峰の性能を持つ最新グラフィックスチップのNVIDIA GeForce RTX シリーズを搭載した、水冷ゲーミングデスクトップPCの「ROG STRIX GL12CX」シリーズ。CG作成手法の一つであるレイトレーシングをリアルタイムに実行することができ、対応ゲームにおいて現実に限りなく近いリアルなゲーム画面を描画することができる。

最新グラフィックスチップと水冷クーラーを搭載するハイスペックゲーミングデスクトップPC

最高5GHz動作の高性能CPUをはじめ最高レベルのハードウェアを搭載

スペックを比較

品番 GL12CX-I9KR2080
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i9-9900K プロセッサー インテル Core i7-9700K プロセッサー
メモリー 32GB 16GB
GPU NVIDIA GeForceR RTX 2080 NVIDIA GeForceR RTX 2070
ストレージ SSD 512GB(PCI Express 3.0 ×4接続)
+ HDD 1TB
SSD 256GB(PCI Express 3.0 ×2接続)
+ HDD 1TB
Bluetooth Bluetooth 4.1
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac
拡張スロット PCI ExpressR 3.0 x16 スロット×1 (空きスロット×0)PCI ExpressR 3.0 x1 スロット×1 (空きスロット×1)無線LANモジュール用 M.2 コネクター×1 (空きコネクター×0)SSD 用 M.2 コネクター×2 (空きコネクター×1)
インターフェイス 正面:USB3.0×2、USB2.0×2背面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.0×4、USB2.0×2、SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード、DisplayPort×2、HDMI×1、Type-C×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1 、ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力×1、リアスピーカー×1、センター/サブウーファー×1、S/PDIF×1
サイズ 幅179mm×奥行き400mm×高さ456mm
重さ 11kg

ASUS Chromebook Tablet CT100PA.jpg

MIL規格に準拠した高い堅牢性がコンセプト。9.7型のタブレットと11.6型のノートPCタイプもラインアップする。法人教育機関向けChromebook。教育現場は割と過酷な条件だったりするが、これなら安心。

ASUS、Chrome OSを搭載の9.7型タブレット(2019年6月発売)以下引用

エイスースは、2019年6月、Chrome OS 搭載の9.7 型のタブレット「ASUS Chromebook Tablet CT100PA」を発売。ボディーカラーは、ダークグレイ。

MIL規格に準拠した高い堅牢性

ASUS Chromebook Tablet CT100PA CT100PA-AW0010 スペック

自然な描き心地で、メモやスケッチなどを思い通りにペン入力できる、スタイラスペンを付属。スタイラスペンは電源不要で本体とのペアリングといった面倒な作業も不要。
搭載する9.7型の液晶ディスプレイはフル HDよりも高い解像度の2048×1536ドット(QXGA)となり、驚くほど精細に写真や動画を映し出すことができる。高解像度背面カメラを搭載してGoogle Expedition ARに対応する。

ディスプレーは、9.7型(1536×2048ドット)のQXGA グレア液晶。タッチ対応。OS「Chrome OS」、CPU「OP1 Hexa-core(デュアルコアARM Cortex-A72+クアッドコアARM Cortex-A53)、メモリー、4 GB、ストレージ、32 GB eMMC、グラフィック「Mali-T860MP4」、バッテリー駆動時間、10 時間、本体サイズ、幅 幅172.2 × 奥行238.8 × 高さ9.98 mm、重さ、510 g。

インターフェイス、U
SB3.1 (Type-C/Gen1)×1
microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
ASUSのタブレット

同時期に同コンセプトで発売のノートパソコンはこちら。

ASUS VC65-C1.png

ASUSのコンパクトタイプのデスクトップパソコンで拡張性が高く、ディスプレーの出力端子がDisplayPort 1.2×1、HDMI×2.0×1、D-Sub 15ピン×1と3台のモニターを接続することができる。複数モニターを使う場合、本体がかなり大きくなるが、これはホントにコンパクト。モニターの後ろに置いたら本体が見えないくらい。

ASUS、設置場所に困らない小さくてもパワフルで静音設計の省スペース型デスクトップPC「VC65-C1シリーズ」(2019年7月発売)以下引用

エイスースは、2019年7月、設置場所に困らない小さくてもパワフルで静音設計の省スペース型のデスクトップパソコン「VC65-C1シリーズ」を発売。ボディーカラーは、アイアングレー。

スペックの異なる4モデルをラインアップする。
電源アダプタ内蔵、VESAマウント対応による省スペース設計で上下左右の空間に制限されない自由な設置が可能。
4K UHD(3,840×2,160ドット)出力に対応。
DisplayPort、HDMI、D-Sub 15ピンの3系統の画面出力端子を搭載。
USB 3.1 Gen2 ポート三つを搭載する優れた接続性。
24時間を超える連続稼働時における信頼性 - 長期的な信頼性を保証するために広範なテストを実施。

OS
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
CPU
インテル Core i7-8700T プロセッサ
インテル Core i5-8400T プロセッサ
インテル Pentium Gold G5400T プロセッサ
メモリー
DDR4-2666 8GB
DDR4-2666 4GB
DDR4-2400 4GB
ストレージ
HDD 500GB

1TB HDD

HDD 500GB
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック
インテル UHD グラフィックス 630
インテル UHD グラフィックス 610
インターフェイス
[前面]
USB 3.1 Gen 2 Type-A×1
USB 3.1 Gen 1 Type-A×1
[] 後面
USB 3.1 Gen 2 Type-C×1
USB 3.1 Gen 2 Type-A×1
USB 3.1 Gen 1 Type-A×2
SD/SDHC/SDXC/MMC
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1
無線機能:IEEE802.11ac/n/a/g/bは、 VC65-C1G7096ZNのみ
本体サイズ
幅197.5mm×奥行き196.3mm×高さ61.9mm、約2.2kg
画面出力端子
DisplayPort 1.2×1
HDMI×2.0×1
D-Sub 15ピン×1

ASUS ROG Strix Carry.jpg

ワイヤレス2.4GHz/Bluetoothのデュアル接続可能、スイッチ交換も可能なシンプルスタイルのゲーミングマウス「ROG Strix Carry」を発売した。ワイヤレス2.4GHz/Bluetoothのデュアル接続が特徴。単3電池2本で2.4GHz接続の場合300時間以上、Bluetooth接続で400時間以上の駆動が可能となっている。

ASUS、ワイヤレス2.4GHz/Bluetoothのデュアル接続可能ゲーミング専用マウス「ROG Strix Carry」(2019年7月発売)以下引用

エイスースは、2019年7月、2.4GHz / Bluetooth接続に対応したワイヤレスゲーミングマウス「ROG Strix Carry」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

スイッチ交換も可能なシンプルスタイルのゲーミングマウス

ASUS ROG Strix Carry スペック

1msの2.4GHz RFおよびBluetoothデュアルワイヤレス接続を含む高性能技術と、ピンポイントの精度と制御のためのゲーミンググレードのPMW3330 7200 DPI光学センサーが満載のポータブルワイヤレスゲーミングマウス。Bluetoothまたは2.4GHzのラグフリーゲームで接続したときにも、非常に効率的で、長いバッテリ寿命を提供。5000万クリックを保証する高品質のオムロン製マウススイッチを採用し高い耐久性を実現。

本体サイズ、幅 62 × 奥行 101 × 高さ 36 mm、重さ、72.9 g。

ASUS TUF Gaming FX505GD.jpg

ASUSの15.6型ゲーミング専用PC「ASUS TUF Gaming FX505GD」から2モデル(Core i5とCore i7)がリリース。並外れたタフさを備えたミリタリーグレードの15.6型ゲーミングノートPCというだけあって確かに頑丈でタフなイメージを筐体からデザイン、内部のスペックまでに網羅されている。ASUSは、薄型のイメージが強いが、ゲーミング専用モデルは、ほとんどが気合いが入っている。以下、公式サイトより

堅牢でタフな印象を与えるボディで、期待を超える一台です。 ゲーミングデスクトップPCにインスパイアされたFX505のキーボードは、RGBバックライトキーボード、強調されたWASDキーグループ、高速なタイピングも正確に制御できるオーバーストロークテクノロジーを搭載しています。どこから見ても美しい映像を表示可能な170度の広視野角の超狭額ベゼル液晶ディスプレイと米国軍事規格(MIL-STD-810G規格)に準拠する耐久性を備えたFX505は、没入感のあるゲーミングを体験できます。

ASUS、15.6 型タフさを備えたミリタリーグレード ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505GD」(2019年3月発売)以下引用

エイスースは、2019年3月、ミリタリーグレードの堅牢性を備えた、タフ仕様の15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505GD」シリーズから上位スペックモデルでCore i7 搭載の「FX505GD-I7G1050」と下位スペックモデルでCore i5 搭載の「FX505GD-I5G1050」を発売。ボディーカラーは、ガンメタル。

タフ仕様の15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505GD」

米国国防総省のMIL規格(軍用規格)準拠のテストをクリアした、高い堅牢性を持つゲーミングノートPC。高温多湿な環境、さらには、低温な環境下でもものともせず、ゲーマーの大切なゲーミングライフを支える。
強力な冷却システムも搭載しており、高クロックのインテル Core i プロセッサー +GeForce GTX 1050により発生する熱を効率よく冷却し、最高のパフォーマンスを常に維持する。

ディスプレーは、15.6 型(1920×1080ドット)のフル HDD ワイドノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPUは、 FX505GD-I7G1050 [Core i7]が「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、 FX505GD-I5G1050 [Core i5]が「インテル Core i5-8300H プロセッサー」メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB HDD+256GB SSD、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、7 時間、グラフィック「NVIDIA GeForce GTX 1050」、本体サイズ、幅 360 × 奥行 262 × 高さ 25.8 mm、重さ、2.2 kg。

インターフェイス、USB3.0×2、USB2.0×1、HDMI×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1、
無線通信、Bluetooth 4.1、IEEE802.11a/b/g/n/ac。

ASUSPRO D640MB.jpg

ASUSのビジネスノートでCPUに高負荷時には最高4.1GHzもの高クロックで動作する、6コア6スレッド対応CPUのインテル Core i5-9400 プロセッサーを搭載するいつの間にか9世代のCore i5がリリースされている。6コア6スレッドは相当早いと思う。2モデルラインアップし、1モデルは10万いかないモデル。SSDを搭載するモデル。もう一方は、デュアルストレージにGPUを搭載する。ビジネスモデルには欠かせない複数ディスプレー出力ができる。(3基まで液晶をつなぐことができる。

ASUS、ビジネス向けハイスペックデスクトップPC「ASUSPRO D640MB」GeForce GTX 1660 Ti搭載モデルも(2019年6月)以下引用

エイスースは、2019年6月、ビジネス向けのハイスペックタワー型デスクトップパソコン「ASUSPRO D640MB」シリーズより下位スペックモデル「D640MB-I59400」と上位スペックモデルの「D640MB-1660Ti」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

上位スペックモデル「640MB-1660Ti [HDD+SSD]」と下位スペックモデル「D640MB-I59400 [SSD]」の違いは搭載するメモリー容量、ストレージの種類と、GPU、インターフェイスのみです。
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-9400 プロセッサー」、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、本体サイズ、幅 176.6 × 奥行 393.1 × 高さ 380 mm、重さ、8.5 kg。は共通。

ビジネスの世界は常に秒単位で変化しています。ライバルの先を行くために、企業はより高い効率、セキュリティおよび信頼性を必要としています。ASUSPRO D640MBは、様々なビジネスの現場のニーズに応えるソリューションです。

最高4.1GHzもの高クロックで動作する、6コア6スレッド対応CPUのインテル Core™ i5-9400 プロセッサーを搭載

高速かつ大容量の512GBのNVMe 接続のSSDを搭載。画面出力端子は、オンボードにDisplayPortを2基、HDMIを1基、D-Sub 15ピンを1基搭載し、3画面出力にも対応。

CPUには、高負荷時には最高4.1GHzもの高クロックで動作する、6コア6スレッド対応CPUのインテル Core i5-9400 プロセッサーを搭載。高速かつ大容量の512GBのNVMe 接続のSSDを搭載。

画面出力端子は、オンボードにDisplayPortを2基、HDMIを1基、D-Sub 15ピンを1基搭載し、3画面出力にも対応。

D640MB-I59400 [SSD]
メモリー、8 GB、ストレージ、512 GB SSD、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 630」、インターフェイス、DisplayPort×2、HDMI×1、D-Sub 15ピン×1
640MB-1660Ti [HDD+SSD]
メモリー、16 GB、ストレージ、512 GB SSD+2TB HDD、グラフィック「 NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti」、インターフェイス、、DisplayPort×2、HDMI×1、D-Sub 15ピン×1、ビデオカード
DisplayPort×1、HDMI×2、DVI-D×1

ASUS ROG HURACAN G21CX.jpg

鋭角を複数組み合わせた本体デザインは、とてもスタイリッシュで魅力的。ASUSにしては珍しくちょっとミーハー要素を組み込んだゲーミング専用PC。Core i9とCore i7を搭載する本格的なマシン。本体の前部と上部と下部の3か所から外気を大量に取り込んで、一気に背面から排出を行う設計は、夢中になるゲームも安心して長時間駆動を可能にしている。音楽や動画やゲームなどの音源に合わせて最適な再生設定を行ったり、ストリーミング配信用に録音設定を調節したりすることができる、便利なSonic Studio III機能を搭載しているのでユーチューバ-にもオススメ!

ASUS、コンパクトでハイスペックなタワー型 ゲーミング専用PC「ROG HURACAN G21CX」シリーズ(2019年7月発売)以下引用

エイスースは、2019年7月、ゲーミング専用デスクトップパソコン「ROG HURACAN G21CX」シリーズを発売。ボディーカラーは、アイアングレー。Core i9搭載の「G21CX-I9R2080」とCore i7搭載の「21CX-I7R2070」をラインアップする。

ROG Strix GL10CS

NVIDIA GeForce GTX1070以上のハイエンドグラフィックス機能を搭載したモデルはゲーマーに依然高い人気を誇る。
鋭角を複数組み合わせた本体デザインは、とてもスタイリッシュで存在感がある。右側面に搭載する折り畳み式カバーに隠れている本体側には、複数の柱で構成した斬新で未来的なデザインを採用。
他に類のない、ROG製品ならではの個性的なものとなっています。

本体の幅はわずか129.9 mmと薄く、奥行きは372.4mm、高さは366.1mmのコンパクトサイズ。ゲーミングデスクトップPCとしては驚異的にコンパクトな本体サイズを実現しており、どこにでも邪魔にならずに設置できる。

スペックの違いで2モデルを用意していますが、どちらも大変ハイスペックで、最新の3Dゲームを高いグラフィックス設定で快適に楽しむことができる。
また、これだけ小さな本体にも関わらず、便利な光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)も搭載。

ROG HURACAN G21CX G21CX-I9R2080
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、2 TB HDD+512 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」、本体サイズ、幅 129.9 × 奥行 372.4 × 高さ 366.1 mm、重さ、8.3 kg。
ROG HURACAN G21CX G21CX-I7R2070
OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-9700K プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB HDD+256 GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2070」、本体サイズ、幅 129.9 × 奥行 372.4 × 高さ 366.1 mm、重さ、8.3 kg。

インターフェイス
外部ディスプレイ出力 (ビデオカード):
DisplayPort×2、HDMI×1、Type-C×1

USBポート:
正面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.1×1(Type-C/Gen1)
背面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.0×4
オーディオ入出力:
正面:ヘッドホン出力×1、マイク入力×1
背面:ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力×1、S/PDIF×1

ドライブベイ:
3.5ドライブベイ×1 (空きベイ×0)、2.5ドライブベイ×2 (空きベイ×2)

ROG Strix SCAR II.jpg

ROG Strix SCAR Editionの後継モデルとして発売のROG Strix SCAR II シリーズ。2モデルリリースされ、GeForce GTX 1070とGeForce GTX 1060が搭載。ASUSお得意の狭額ディスプレー。144Hzのハイリフレッシュレートと3msの高速な応答速度で、高速駆動のなめらかな画面を実現。4本のマルチアンテナを使用し、ラグが少ない高性能Wi-Fiを搭載。

ASUS、ゲーミング専用 15.6型 ROG Strix SCAR II シリーズから2モデルを発売(2019年3月発売)以下引用

エイスースは、2019年3月、15.6型のゲーミング専用ノートパソコン「ROG Strix SCAR II」シリーズから「ROG STRIX GL504GS SCAR ? GL504GS-I7G1070」と「ROG STRIX GL504GM SCAR ? GL504GM-I7S512」の2モデルを発売。ボディーカラーは、ガンメタル。

ROG Strix SCAR Editionの後継モデル

NVIDIA GeForce GTX 1060および1070グラフィックスは、 臨場感あふれるバトルフィールドを、リアルに、スムーズに再現。

よりパワフルで、FPSゲームなどのeSportsを楽しめるシリーズ。応答速度(GTG)3ms、リフレッシュレート144Hzの超狭額ベゼルディスプレイ。最新のIntel Core iプロセッサーに、大容量で高速のメモリ&ストレージ、高性能グラフィックスを搭載する。

ディスプレーは、15.6型(1920×1080ドット)のフル HDD ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8750H プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、
ROG STRIX GL504GM SCAR ? GL504GM-I7S512が512GB SSD
ROG STRIX GL504GS SCAR ? GL504GS-I7G10701TB HDD+256 GB SSD
光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、
ROG STRIX GL504GM SCAR ? GL504GM-I7S512が3.7 時間
ROG STRIX GL504GS SCAR ? GL504GS-I7G1070が3.2 時間
本体サイズ、幅 361 × 奥行 262 × 高さ 26.1 mm、重さ、2.5 kg。1

インターフェイス、
外部ディスプレイ出力:HDMI×1、Mini DisplayPort×1
USBポート:USB3.1 (Type-C/Gen2) ×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×1、USB3.0×2
カードリーダー:SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

ASUS ROG G703GX G703GX-I9KR2080.jpg

ASUS、17.3型 GeForce RTX 2080と3台のNVMe SSDをRAID 0構成「ROG G703GX」(2019年3月発売)以下引用

ASUSは、2019年3月、最新グラフィックス機能GeForce RTX 2080を搭載するモンスタースペックの17.3型ゲーミングノートPC「ROG」シリーズ「G703GX G703GX-I9KR2080」を発売。ボディーカラーは、チタン。

最新グラフィックス機能GeForce RTX 2080を搭載するモンスタースペック

3基のNVMe PCIe 3.0 x4 SSDを組み合わせるRAID 0を採用。通常のPCI Express 3.0 x4接続のSSDと比較して圧倒的なスピードを実現する超高速ストレージを搭載。一瞬でゲームの読み込みが完了。
ASUS ROG G703GX G703GX-I9KR2080 スペック

現時点でトップクラスのGPU性能を持つ、最新のNVIDIA GeForce RTX 2080 グラフィックス機能を搭載し、ゲーミングノートPCとしてもトップクラスの性能を実現。
CPUには、最高4.8GHzで動作する「Core i9-8950HK」を搭載。独自のオーバークロック設定で、通常は1コアしか最高クロックの4.8GHzで動作できないところを、6コアすべて同時に最高4.8GHzで動作するように構成されている。
3台のNVMe SSDをRAID 0構成で搭載することで圧倒的なストレージ速度を実現。512 GBのNVMe SSD×3台をRAID 0構成で並列使用に1TBのハイブリッドHDDも搭載し、計、2.5 TBものストレージ容量となる。

ディスプレーは、LEDバックライト付の17.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド ノングレア 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Pro」、めもりー、64 GB、1TB HDD+ストレージ、512×3 SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」、バッテリー駆動時間、3.9 時間、本体サイズ、幅 425 × 奥行 319 × 高さ 47.5?51 mm、重さ、4.7 kg。

インターフェイス
HDMI×1、Mini DisplayPort×1
Thunderbolt 3 (Type-C) ×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×3
SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
ヘッドホン出力×1、マイク入力×1

ASUS ZenBook 13 UX331UAL.jpg

ASUS JAPANは、オフィシャルストア1周年を記念に限定13.3型の発売ASUS ZenBook 13 シリーズにピンクゴールドを追加ラインアップする。Core i7搭載の13.3型モデルはかなり需要があると思う。女性にも男性にもセンスのいいカラー。

ASUS、1kgをきる13.3型の「ZenBook 13 UX331UAL」にローズピンクを限定発売(2019年3月発売)
以下引用

ASUSは、2019年3月、オフィシャルストア1周年を記念した特別限定モデルで13.3型の「ASUS ZenBook 13 UX331UAL」を発売。ボディーカラーは、ローズゴールド。

移動が多いあなたに、可能な限り薄く、軽いデバイス

ASUS ZenBook 13 UX331UAL UX331UAL-EG127T [ローズゴールド] スペック

マグネシウムアルミニウム合金を筐体に採用。堅牢性と軽さの両立を可能。優れた放熱構造も備え、堅牢性だけでなく、高負荷時の安定したパフォーマンスも犠牲にすることなくこれだけの軽さを実現。

限られたスペースで最大限のディスプレイを実現するために、見た目にも美しい狭額ベゼルを採用。

ディスプレーは、13.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i7-8550U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、256 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620 (CPU内蔵)」、バッテリー駆動時間、10.1 時間、本体サイズ、幅 313 × 奥行 216 × 高さ 13.9 mm、重さ、985 g。

インターフェイスは、
外部ディスプレイ出力:HDMI ×1
USBポート:USB3.1(Type-C/Gen1) ×1、USB3.0×2
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

V272UAK-BA003TS.jpg

一体型デスクトップパソコン Vivo AiO シリーズからの新モデル。27型のCore i5モデルと23.8型のPentium Dual-Coreモデルの2モデル。薄くてスタイリッシュでリビングにおいても遜色ないデザイン。

ASUS、23.8/27型 液晶一体型パソコン「Vivo AiO」(2019年4月発売)

ASUSは、2019年4月、液晶一体のデスクトップパソコン「「Vivo AiO」シリーズから27型モデル「V272UAK-BA003TS」と23.8型モデル「V241ICUK-BA028TS」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

スリムでエレガントなデザインで、設置場所を選ばずエンターテイメントをもっと贅沢に楽しめる27型、23.8型液晶一体型PCをラインアップ。高コントラスト比1000:1の細部まで鮮やかに表現するフルHD解像度のノングレア液晶と3Wx2のステレオスピーカー、大容量チャンバーが、ワンランク上の映像や音楽を楽しめる。

エンターテイメントからオフィスワークまであらゆる作業を快適にこなす液晶一体型PC

スペックの異なる2モデル(27型/23.8型)をラインアップする。

V272UAK-BA003TS [27型]のスペックは、
ディスプレーは、LEDバックライト付の27型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、1 TB+128 GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620(CPU内蔵)」、本体サイズ、幅 630 × 奥行 50?187 × 高さ 462 mm、重さ、8.5 kg。Microsoft Office Home and Business 2016 付。
インターフェイスは、ディスプレイ入出力端子:HDMI入力×1、HDMI出力×1
USBポート:USB3.0×4、USB2.0×1
カードリーダー:非搭載
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

V241ICUK-BA028TS [23.8型]のスペックは、
ディスプレーは、LEDバックライト付の23.8型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド ノングレア 液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Pentium プロセッサー 4405U」、メモリー、8 GB、ストレージ、1 TB+HDD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテルR HD グラフィックス 510」、本体サイズ、幅 540 × 奥行 50?187 × 高さ 462 mm、重さ、5.1 kg。Microsoft Office Home and Business 2016 付。
インターフェイスは、外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:USB3.0×4、USB2.0×1
カードリーダー:非搭載
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

ASUS ROG Gladius II Wireless 1.jpg

ASUSのROGシリーズからマウスが発売。ワイヤレス2.4GHz/Bluetoothのデュアル接続可能、最大解像度16,000 DPI対応でスイッチ交換も可能なゲーミングマウス「ROG Gladius II Wireless」

ASUS、ゲーミング専用マウス ワイヤレス2.4GHz / Bluetoothワイヤレス接続「P702 ROG Gladius II Wireless」(2019年4月発売)以下引用

エイスースは、2019年4月、有線/2.4GHzワイヤレス/Bluetoothの接続に対応したゲーミングマウス「P702 ROG Gladius II Wireless」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

デュアル接続可能、最大解像度16,000 DPI対応でスイッチ交換も可能なゲーミングマウス

ASUS P702 ROG Gladius II Wireless スペック

ワイヤレス2.4GHz/Bluetoothのデュアル接続可能。最大解像度16000 DPI対応でスイッチ交換も可能。有線でのUSB接続に加え、無線でのドングルを使用する2.4GHzとBluetooth接続に対応。使用する環境にあわせて最適な接続方法を選べる。
5000万クリックを保証する高品質のオムロン製マウススイッチを採用し高い耐久性を実現。

  • 1ms 2.4GHz または低エネルギー Bluetooth (BLE)によるデュアルワイアレス接続
  • 究極の快適さのためにプロゲーマーと共同設計された右利きの人間工学
  • 卓越した性能を実現する業界最先端の16000 dpi、400 ips光センサー
  • クリック抵抗をカスタマイズするためのROG専用スイッチソケット設計、プリインストールされた5000万クリックのOmronスイッチ、および交換用の追加スイッチ
  • クロスデバイス同期によるカスタマイズ可能なAura Sync RGBライティング
  • パーソナライズされたゲームプレイのために6個のプログラマブルボタンを備え、オンボードメモリ、およびArmoury IIユーティリティに設定可能

本体サイズ、幅 67 × 奥行126 × 高さ45 mm、重さ、124g(ケーブルを除く)。

ASUS VivoMini VC65-C1.jpg

省スペース型は以前はコンパクトというだけで注目されたけれど、最近は通常のデスクトップ並のスペックでないと評価されなくなった。メーカーは大変。

ASUS、スタイリッシュ&省スペース デスクトップPC「VivoMini VC65-C1」(2019年3月発売) 以下引用

エイスースは、2019年3月、光学ドライブを搭載した高性能小型PC「VivoMini VC65-C1」シリーズから「VC65-C1G5011ZN」を発売。ボディーカラーは、グレー。

光学ドライブを搭載した高性能小型PC

ASUS VivoMini VC65-C1 VC65-C1G5011ZN スペック

どこにでもスマートに置ける高性能コンパクトデスクトップPC。コンパクトなミニPCのボディに驚異的なパフォーマンスを内蔵。
内蔵電源アダプターによって省スペース設計を実現。現代的なオフィスに最適なスタイリッシュ&省スペースモデル。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8400T プロセッサー」、メモリー、8 GB、ストレージ、500GB HDD+128GB SSD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「グラフィック: インテル UHD グラフィックス 630 (CPU内蔵)」、本体サイズ、幅197.5 ×奥行 196.3 × 高さ 61.9 mm、重さ、 約2.2 kg。

インターフェイスは、USB 3.1 Gen 2 Type-Aポート2つ、USB 3.1 Gen2 Type-Cポート1つ、USB 3.1 Gen 1 Type-Aポート3つを備えています。その他、HDMIポート1つ、DisplayPort出力、Intel Gigabitイーサネット、4-in-1カードリーダーも備えます。シリアルポートを使用すると、VivoMini VC65-C1をバーコードスキャナー、プリンター、ルーター、モデム、POSシステムや自動販売機用の他のデバイスなどのレガシー組み込みシステムに接続することができ、最新の802.11ac Wi-Fi、Bluetooth® 5.0、ケンジントンロックに対応。

究極のゲーミング性能とデザイン性の両方を求める、ゲーマーの果てしない欲望を満たすために生まれました。ファクトリーオーバークロック済み(GL12CX-I9KR2080,I7KR2070/ GL12CM-I7KG1080)の第8世代インテル Core i7プロセッサーと、NVIDIA GeForce GTXグラフィックスを搭載し、無限のゲーミング体験を実現。本格ゲーミングデスクトップパソコンを求めているユーザー用モデル。

ASUS ROG STRIX GL12CX GL12CX-I9KR2080.jpg

ASUS、「GeForce RTX」搭載のゲーミングデスクトップPC「ROG STRIX GL12CX」シリーズ(2019年2月発売)以下引用

エイスースは、2019年2月、ゲーミングデスクトップパソコン「ROG STRIX GL12CX」シリーズを発売。ボディーカラーは、アイアングレー。

ROG STRIX GL12CX シリーズ ラインアップ

上位スペックモデル「GL12CX-I9KR2080」と下位スペックモデル「GL12CX-I7KR2070」の2モデルをラインアップする。2モデルの異なるスペック箇所は、CPU、メモリー、ストレージ、グラフィックの4項目。

  • [上位スペック] GL12CX-I9KR2080
    CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、1 TB+512 GB SSDグラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」
  • [下位スペック] GL12CX-I7KR2070
    CPU「インテル Core i7-9700K プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB+256 GB SSD、、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」

特徴

「シャープで優美なデザインを持ち、シンクロする光で、華やかに彩る筐体。次世代コアアーキテクチャ「Turing」が採用されたNVIDIAの「GeForce RTX」シリーズを搭載したハイエンドモデル。2.5インチSSDをリムーバブルメディアとして使用できるホットスワップSSDトレイを搭載、
電源を入れたままSSDを手軽に拡張できるほか、バック アップメディアとして活用することが 可能。、

共通スペック(OS、ドライブ、本体サイズ、インターフェイス)

両モデルの共通スペックは、OS「Windows 10 Home」、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、本体サイズ、幅 179 × 奥行 400 × 高さ 156 mm、重さ、11 kg。
インターフェイスは、
■外部ディスプレイ出力(ビデオカード):
DisplayPort×2、HDMI×1、Type-C×1

■USBポート:
正面:USB3.0×2、USB2.0×2
背面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.0×4、USB2.0×2
■カードリーダー:
SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード

■オーディオ入出力:
□正面:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1 ※7
□背面:ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力×1、リアスピーカー×1、センター/サブウーファー×1、S/PDIF×1

■拡張スロット :
PCI Express 3.0 x16 スロット×1 (空きスロット×0)、PCI Express 3.0 x1 スロット×1 (空きスロット×1)、無線LANモジュール用 M.2 コネクター×1 (空きコネクター×0)、SSD 用 M.2 コネクター×2 (空きコネクター×1)

■ドライブベイ :
3.5″ドライブベイ×2 (空きベイ×1)、2.5″ドライブベイ×2 (空きベイ×2)

もうずいぶん前からこのASUSのミニpcは注目していた。最近のモデルは、映像出力端子はDisplayPort 1.2aとHDMI 1.4aを搭載するようになりとても拡張性も高い。リビングで使うこともできるし、ばりばり仕事でも使える。場所をとらずに拡張性が高いのは、購入意欲をそそられるし、価格も安価とはいえないので逆に安心感がある。

ASUS VivoMini UN68U UN68U-M5130Z.JPG

ASUS、静音ミニPC「VivoMini UN68U」(2019年1月発売) 以下引用

エイスースは、2019年1月、ミニパソコンの新モデル「VivoMini UN68U」を発売。ボディーカラーは、ミッドナイトブルー。

どこにでもスマートに置ける高性能ミニPC

映像出力端子はDisplayPort 1.2aとHDMI 1.4aを搭載し、この2つの端子を使えば簡単にデュアルディスプレイ出力を行える。さらに、DisplayPort 1.2aをデイジーチェーン接続すればHDMI 1.4aと合わせて最高3画面出力まで可能となる。
ASUS VivoMini UN68U UN68U-M5130Z スペック

横幅131mm×奥行き131mm×高さ52mmのコンパクトな本体サイズは置く場所を選ばず、どこにでも簡単に設置可能。最新の第8世代インテル Core i5プロセッサを搭載し、Intel Optan メモリーがHDDを加速させ、高速のデータ転送速度と大容量の両立を実現。VESA規格に対応する取り付けマウントを付属。

デスク周りをさらにスマートにできる。高速なIEEE802.11acに対応する無線LAN機能を搭載。高性能なデスクトップPCとして、または動画視聴用のPCとして、音楽を再生するオーディオPCとして活用できる。
シングルディスプレイへの4K UHD解像度、あるいはトリプルディスプレイへのHD解像度の映像出力をサポート。

OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、1 TB HDD、グラフィック「インテルHD グラフィックス 620 (CPU内蔵)」、本体サイズ、幅 131 × 奥行 131 × 高さ 52 mm、重さ、700 g。

インターフェイスは、
【側面インターフェース】
4 メディア対応カードリーダー×1

【前面インターフェース】
USB 3.1 Gen 2×2

【背面インターフェース】
USB 3.1 Gen 1×2
HDMI出力×1
DisplayPort×1
LAN(RJ45)×1
電源入力×1
オーディオジャック×1