マウスコンピューター プレスリリース 最新の第 9 世代 CPU と GeForce MX250 搭載 IPSパネル搭載で性能も表示品位もアップした 15.6型 高性能ノートパソコン

マウスコンピューターの2019年8月発売の15.6型ノートPC「m-Book K700」シリーズに関するプレスリリース。

https://www.mouse-jp.co.jp/company/news/2019/news_20190821_01.html

mouse m-Book K700 banner.jpg

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下マウスコンピューター)は、最新の第 9 世代 CPU と専用グラフィックスを採用し、パフォーマンスを向上した 15.6型ノートパソコン「m-Book K700シリーズ」を 8月 21日(水)より発売いたします。 当社従来製品 ※1 から、CPUを最新の「第 9 世代インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー」に強化することで、CPU 性能が約 18% アップ ※2、さらにグラフィックスも「GeForce® MX250」に強化することで、グラフィックス性能も約 6% アップ ※3 しています。 液晶パネルには、広い視野角が特長の「IPS パネル」を採用しており、あらゆる角度から視認性が高く、変化の少ない画面表示を実現しています。 さらに、ベゼル部分の幅を抑えて目立ちにくい「ナローベゼル」を新しく採用し、高精細な映像表示が、すっきり見やすいデザインとしました。 モデルの一例として、インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー、8GBメモリ、256GB SATA SSD 搭載のエントリーモデル「m-Book K700BN-M2S2」は 9万 9800円(税別)、同じくインテル® Core™ i7-9750H プロセッサーと、16GBメモリ、256GB NVMe SSD & 1TB ハードディスクを搭載する上位モデル「m-Book K700SN-M2SH2」は 11万 9800円(税別)より、各種ラインアップをそろえております。 各モデルは、マウスコンピューター WEB サイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、および法人営業窓口にて販売を開始します。

ノートパソコン mouse(マウスコンピューター)