ASUS、10.1型2in1タブレットPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズ(2018年12月発売)

はじめてタブレットPCというか?2in1ノートPCというか未だにわからないけれど、見たときは衝撃だったのを覚えている。ノートパソコンの入力部分をタブレットにも搭載したのは本当に嬉しかった。

ASUS TransBook Mini T103HAF.jpg

ASUS、10.1型2in1タブレットPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズ(2018年12月発売) 以下引用

ASUSは、2018年12月、脱着できるキーボードカバーを付属する10.1型 2in1 ノートPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズからSIMフリーモデルの「T103HAF-LTE」とストレートグレーの「T103HAF-128SGR」、アイシクルゴールド「T103HAF-128IGO」の3モデルを発売。

キーボードカバーを付属する10.1型2-in-1ノートPC「TransBook Mini T103HAF」シリーズ

キーボードカバーを付けた状態で、B5用紙と同等の幅262 mm×奥行き173 mmしかなく、薄さもわずか15.7mm。キーボードカバーを外せば、幅と奥行きはさらに1mmずつ小さくなり、薄さはわずか10mm。重さも約879gを実現。
背面に角度を調節できるキックスタンドを搭載し、背面からキックスタンドを引っ張り出すだけで本体をすぐに立たせることができる。

ディスプレーは、LEDバックライト付の10.1型(1280×800ドット)のタッチ対応液晶。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー」、メモリー、4 GB、ストレージ、128 GB、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 400」、バッテリー駆動時間、13 時間、本体サイズ、タブレット単体: 幅261 × 奥行 175 × 高さ 9 mm、重さ580 g、タブレット+キーボードカバー:幅261 × 奥行 175 × 高さ 20 mm、重さ、1.08 kg。
インターフェイスは、USB 3.0×1、microUSB×1、microSDXCカードリーダー×1、microHDMI×1、マイク/ヘッドホン×1を装備する。