マウスコンピューター、13.3型 モバイル向きノートパソコン「m-Book J シリーズ」ラインアップ&スペック

m-Book J.jpg

モバイル用に新設計された13.3型モデルのm-Book J シリーズ。

標準バッテリーで約 7.5 時間のバッテリー動作が可能。外出先でバッテリー残量が少なくなってしまった場合でも、予備の追加バッテリーを用意しておくことで、引き続き使用することが可能。  さらに、BTOオプションとして約 13.5 時間のバッテリー動作が可能な大容量バッテリーを用意。  また、大容量バッテリー装着時は、本体背面側の高さが変化することで、自然なタイピングが維持できるよう配慮している。モバイル性能でやっぱり気になる点はpc本体の重量とバッテリー駆動時間になる。薄すぎて打鍵感が悪くなるのは問題外。

マウスコンピューター、13.3型 モバイル向きノートパソコン「m-Book J シリーズ」ラインアップ&スペック 以下引用

マウスコンピューターは、2018年1月、13.3型のノートパソコン「m-Book J」シリーズを発売。ボディーカラーは、ホワイト。

マウスコンピューター m-Book J シリーズ

モバイルノートPC向けCPUが4コアに!最新第8世代Coreプロセッサー搭載。モバイル環境での実用性を考慮した設計、デザインになっている。最新の第 8 世代 4コア CPUを搭載。HDMI に加えてアナログ出力が可能な VGA (D-Sub) を備えるなど、従来モデルの特長を受け継ぎながら、最新世代のプロセッサーに対応。

ディスプレーは、LEDバックライト付の13.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイドノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、メモリー、8GB、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」、バッテリー駆動時間、8.1 時間、本サイズ、幅 324 × 奥行 234 × 22.5 mm(折り畳み時/ 突起部含まず)、重さ、1.5 kg。

インターフェイスは、HDMI×1 (左側面×1)、 D-Sub×1 (右側面×1)、USB 3.0×3 (Type-A / 左側面×1 / 右側面×2)、イーサネット×1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応 / 左側面×1)、 ヘッドフォン出力×1 (右側面×1) 、マイク入力×1 (右側面×1)、無線 IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth V4.2 + LE 準拠モジュール。