レノボ、13.3型 第8世代CPUを搭載の1.2kgのモバイルPC「ideapad 320S」

Lenovo ideapad 320S.jpg

今、流行のノートPCのスタイル。レノボならキーボードの快適性は約束されているので安心して購入できる。本体重量も1.2kgならバッチリ。個人的にはCore i3モデルはいいので、Core i7モデルがほしかった。グレーがミネラルグレーというカラーだが、実物の色を見てみたい。ゴールドカラーはいつかノートPCの定番色になってしまった。

レノボ、13.3型 第8世代CPUを搭載の1.2kgのモバイルPC「ideapad 320S」 以下引用

レノボは、2017年10月、13.3型のエントリーノートパソコン「ideapad 320S」シリーズを発売。ボディーカラーは、ミネラルグレー、ゴールデンの2カラーをラインアップする。Core i3 搭載モデル、Core i5 搭載モデルで合計4モデルを揃える。

左右のベゼル幅5.8mmの狭額縁ディスプレイを採用し、デザイン性を追求したスタイリッシュモデル。薄さ16.9mm、質量1.2kgの薄型軽量ボディーに、パワフルな第8世代インテル Quad Core プロセッサー搭載モデルを搭載。DDR4メモリ、USB3.0 Type Cポート、画面映り込みの少ないノングレアディスプレイなど多彩な機能を搭載。

ディスプレーは、LEDバックライト付の13.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド IPS ノングレア液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、メモリー、4GB、光学ドライブ、別売り、バッテリー駆動時間、6.1時間、本体サイズ、幅 307.4 × 奥行 211 × 高さ 29.05 mm、重さ、1.2 kg。は4モデルとも共通。

Core i3 搭載モデルのスペック

CPU「インテル Core i3-7100Uプロセッサ?」、ストレージ、128GB SSD、グラフィック「インテル HD グラフィックス 620」

Core i5 搭載モデルのスペック

CPU「インテル Core i5-8250U プロセッサー」、ストレージ、256GB SSD、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620」