Microsoft Surface Pro X プレスリリース

  • 投稿日:
  • by

マイクソロフトの2020年10月発売の 2 in 1 タイプの13型 タブレットPC Surface Pro X シリーズに関するプレスリリース

https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/10/02/201001-introducing-surface-laptop-go-new-updates-to-surface-pro-x-and-new-accessories/

昨年 10 月私たちは Surface Pro X を発表し、常時接続の超軽量・超薄型 2-in-1 デバイスの可能性を拡張しました。Surface Pro X は、いつでもインターネットに接続し、生産性を向上し、創造性を発揮したい、一歩先を行く人々に向けて設計されています。Qualcomm との緊密な連携によりカスタム チップを設計し、モバイル アーキテクチャの複数世代のイノベーションから恩恵を得られる強力な PC を生み出しました。今回発表した Surface Pro Xではさらに改良され、マイクロソフトの次世代プロセッサを搭載し、新たな Platinum フィニッシュコーティング、新しいアプリケーション体験などにより、Surface Pro X の全モデルにおいて、性能とバッテリー持続時間が向上しました。

より高い処理能力を求めるお客様のために、新たにクラス最高速[2]のプロセッサである Microsoft SQ® 2 と、新しい Platinum フィニッシュを追加することで、トップエンドのモデルのリフレッシュを行いました。最低価格は 999.99 ドルです。また、Signature Keyboard に 3 つの新色 (プラチナ、アイス ブルー、ポピー レッド) を追加。いずれのカラーも、今までと同様に Surface スリム ペン を格納し、ペンの無線充電機能を備えています。

Surface Pro X は、Microsoft 365、Microsoft Edge、Netflix、Spotify など今日のウェブ ファースト体験に最適であり、Google Chrome、Firefox、Whatsapp といったおなじみの 1000 種もの既存 Windows アプリをサポートします。また、主要なアプリケーションパートナーが Windows on ARM のサポートを強化し、Microsoft SQ® 1 と SQ® 2 プロセッサの性能上の優位性を活かして、Surface Pro X のお客様に新たな体験を提供しています。マイクロソフトは、Microsoft Edge を高速化し、Windows on ARM に最適化した Teams の新バーションを発表しました。また、年末に向けて提供開始される X64 エミュレーションにより、X64 アプリの稼働のサポートも拡張していきます。開発者にとっては、Visual Studio Code もアップデートされ、ネイティブで稼働するようになりました。企業のお客様には、FastTrack の App Assure により、ARM64 デバイス上で自社アプリが Windows 10 および Microsoft 365 アプリと共に稼働するよう支援を続けてまいります。こうした強化の組み合わせにより、全体的な性能向上とさらなるバッテリー持続時間の延長が達成されました。Surface Pro X は、いずれの構成でも最大 15 時間のバッテリー持続時間を実現します。

タブレットPC Microsoft(マイクロソフト)