小学生から大学生まで、学習目的や用途に合わせた教育市場向けパソコンを提供

NECの2020年2月発売の小学生向けの10.1型タブレットにもなるノートPC「LAVIE First Mobile」に関するプレスリリース。

http://nec-lavie.jp/common/release/ja/2001/2101.html

NECパーソナルコンピュータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:デビット・ベネット、以下NECPC)は本日、2020年春モデルとして、小中学生向けの「LAVIE First Mobile」、大学生に最適な「LAVIE Note Mobile」などを発表しました。 LAVIE First Mobile(ラビィ ファースト モバイル)は、これまでNECが小中学校の教室向けパソコンとして提供しているモデルを家庭向けにデザインし直したモデルで、10.1型ワイドの教科書サイズ、観察などに使えるカメラ内蔵、タッチ操作、ペン入力などの機能を備えています。 現在文部科学省が推進している教室用パソコン1人1台の政策により、今後家庭内でも子供がパソコンを使用して勉強をするスタイルが一般化することが予想されます。こうした動きを受け今回小中学生向けの自分専用パソコンとしてLAVIE First Mobileを商品化しました。 大学生と企画した大学生向けパソコンとして定評のあるLAVIE Note Mobile(ラビィ ノート モバイル)は、デザインを刷新。約909gの軽量、約11.4時間のバッテリー駆動時間など(いずれもNM150/RAW) 1日キャンパス内を持ち歩くことを想定した仕様となっています。外観は、図書館やカフェなど人前で使用することも多い学生ユーザの声を参考にし、フラットでシンプルな洗練されたデザインとしています。 またコンパクト化した本体ながら打鍵感を高めた静音タイプのキーボード、顔認証によるサインインに対応するなどさらに使い勝手が向上しました。 NECPCではコンシューマ市場の戦略として、従来から得意とする家庭向けに加え、児童から学生までの若いユーザの学習目的や用途を考慮し、個人として使用する商品にも注力する方針です。今回の2つの新商品はこうした戦略を実現するためのモデルで、2020年1月23日より販売を開始します(その他の春モデルについては別リリース「クリエイター向けLAVIE VEGAを含む2020年春モデルを発表」をご参考ください)。

タブレット PC NEC(日本電気)