ASUS、「GeForce RTX」搭載のゲーミングデスクトップPC「ROG STRIX GL12CX」シリーズ(2019年2月発売)

究極のゲーミング性能とデザイン性の両方を求める、ゲーマーの果てしない欲望を満たすために生まれました。ファクトリーオーバークロック済み(GL12CX-I9KR2080,I7KR2070/ GL12CM-I7KG1080)の第8世代インテル Core i7プロセッサーと、NVIDIA GeForce GTXグラフィックスを搭載し、無限のゲーミング体験を実現。本格ゲーミングデスクトップパソコンを求めているユーザー用モデル。

ASUS ROG STRIX GL12CX GL12CX-I9KR2080.jpg

ASUS、「GeForce RTX」搭載のゲーミングデスクトップPC「ROG STRIX GL12CX」シリーズ(2019年2月発売)以下引用

エイスースは、2019年2月、ゲーミングデスクトップパソコン「ROG STRIX GL12CX」シリーズを発売。ボディーカラーは、アイアングレー。

ROG STRIX GL12CX シリーズ ラインアップ

上位スペックモデル「GL12CX-I9KR2080」と下位スペックモデル「GL12CX-I7KR2070」の2モデルをラインアップする。2モデルの異なるスペック箇所は、CPU、メモリー、ストレージ、グラフィックの4項目。

  • [上位スペック] GL12CX-I9KR2080
    CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」、メモリー、32 GB、ストレージ、1 TB+512 GB SSDグラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」
  • [下位スペック] GL12CX-I7KR2070
    CPU「インテル Core i7-9700K プロセッサー」、メモリー、16 GB、ストレージ、1 TB+256 GB SSD、、グラフィック「NVIDIA GeForce RTX 2080」

特徴

「シャープで優美なデザインを持ち、シンクロする光で、華やかに彩る筐体。次世代コアアーキテクチャ「Turing」が採用されたNVIDIAの「GeForce RTX」シリーズを搭載したハイエンドモデル。2.5インチSSDをリムーバブルメディアとして使用できるホットスワップSSDトレイを搭載、
電源を入れたままSSDを手軽に拡張できるほか、バック アップメディアとして活用することが 可能。、

共通スペック(OS、ドライブ、本体サイズ、インターフェイス)

両モデルの共通スペックは、OS「Windows 10 Home」、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、本体サイズ、幅 179 × 奥行 400 × 高さ 156 mm、重さ、11 kg。
インターフェイスは、
■外部ディスプレイ出力(ビデオカード):
DisplayPort×2、HDMI×1、Type-C×1

■USBポート:
正面:USB3.0×2、USB2.0×2
背面:USB3.1(Type-A/Gen2)×2、USB3.0×4、USB2.0×2
■カードリーダー:
SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード

■オーディオ入出力:
□正面:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1 ※7
□背面:ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力×1、リアスピーカー×1、センター/サブウーファー×1、S/PDIF×1

■拡張スロット :
PCI Express 3.0 x16 スロット×1 (空きスロット×0)、PCI Express 3.0 x1 スロット×1 (空きスロット×1)、無線LANモジュール用 M.2 コネクター×1 (空きコネクター×0)、SSD 用 M.2 コネクター×2 (空きコネクター×1)

■ドライブベイ :
3.5″ドライブベイ×2 (空きベイ×1)、2.5″ドライブベイ×2 (空きベイ×2)