レノボ、モバイル性に優れた13.3型マルチモードPC「ThinkPad L390 Yoga」(2018年12月発売)

直販サイトからのリリースでCPUやメモリーなど自分仕様に変更できる。最近の2in1の中でもセキュリティー重視の法人モデル同等レベルが売り。第8世代インテルCore プロセッサー搭載は心強い。こういったモデルは法人で使うビジネスモデルよりだが個人で使っても使いやすいはず。Windows 10 Pro搭載。

Lenov ThinkPad L390 Yoga.jpg

レノボ、モバイル性に優れた13.3型マルチモードPC「ThinkPad L390 Yoga」(2018年12月発売) 以下引用

レノボは、2018年12月、モバイル性に優れた13.3型マルチモードPC「ThinkPad L390 Yoga」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

利用シーンにあわせてモードを変更できる

さまざまな利用シーンにあわせてモードを変更可能です。ノートモードでトピックを検索したり、オフィスアプリでデータを入力。360度回転させてタブレットモードでペンで入力、プレゼンテーションをするときはテントモードで、スタンドモードでビデオを鑑賞など、さまざまなシーンに柔軟に対応。アクティブペン ThinkPad Pen Pro付。
ThinkPad L 390 Yoga スペック

セキュリティー・チップ(TPM)を標準搭載、指紋センサーを選択可能、高度なセキュリティー機能でデータを保護。

ディスプレーは、LEDバックライト付の13.3型(1920×1080ドット)のフル HD ワイド液晶。10点マルチタッチ対応。OS「Windows 10 Pro」、CPU「第8世代インテルCore プロセッサー(カスタマイズによる選択)」、メモリー、最大32 GB、ストレージ、256GB SSD、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル UHD グラフィックス 620)」、バッテリー駆動時間、12.1 時間、本体サイズ、幅 322.2 × 奥行 224.2 × 高さ 18.8 mm、重さ、1.56 kg。

インターフェイス
HDMI x 1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、イーサネット拡張コネクター x 1、USB 3.1 Gen1 Type-C x 2(Video-out 機能付き)、USB 3.1 Gen1 x 2(内、Powered USB x 1)