マウスコンピューター、法人向けの超小型PC「MousePro C」シリーズ

液晶ディスプレイ背面へのVESAマウントに対応。一体型デスクトップPCのように使用したり、広告やインフォメーション用のサイネージ端末として使うなどできる。うちの場合、オフィスのPC、2台のノートPCをこれに変えてもいいかなあ?と思っている。日常の会計日報なんかをエクセルでつけるスタッフ用に。多分とても効率が上がる気がする。

MousePro C.jpg

text

マウスコンピューター、法人向けの超小型PC「MousePro C」シリーズ 以下引用

マウスコンピューターは、2017年9月、法人向けブランド「MousePro(マウスプロ)」シリーズより手のひらサイズの超小型デスクトップPC「MousePro C」シリーズを発売。「C100PV」とオフィス付の「C100PV-HGH-A」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

マウスコンピュータブランドの中で最小サイズを実現。手のひらに収まるような小ささと、場所を選ばずインテリアを損なわないデザイン性を兼ね備える。CPU内蔵のグラフィックス機能「インテルR HD グラフィックス 500」はHEVC(H.265)10bitとVP9の動画再生支援にも対応し、HDMIポート接続による4K動画再生もサポート。

OS「Windows Pro」、CPU「インテル Celeron プロセッサー N3350」、メモリー、4GB、ストレージ、64GB、光学ドライブ、別売り、グラフィック「インテル HD グラフィックス 500」、本体サイズ、幅 130.5 × 奥行 130.5 × 高さ 83 mm、重さ、164 g。