ソニーのハイレゾウォークマン「NW-ZX100」

  • 投稿日:
  • by

これまでソニーは元気がなく心配していたのでこういう新製品がリリースされるとソニーファンとしてはうれしい。高品質な製品にソニーの強みがあるのだから どんどん商品を投入してほしい。ハイレゾ関連商品はソニーとうまくマッチしそう。

ソニー、ハイレゾウォークマンの高音質モデル「ZX100」を国内投入 以下引用ソニーは、ハイレゾ対応ウォークマンの新モデル「NW-ZX100」を、10月10日に国内発売する。推定市場価格は約67,000円(税別)。ウォークマン NW-ZX100は、2013年に発売された「NW-ZX1」から高音質化・コンパクト化を図った後継モデルだ。Android OSは非搭載となっている。NW-ZX100は、ベルリン時間の9月2日に家電見本市「IFA2015」にて初公開されたが、このたび国内での発売概要が明らかになった。 デジタルノイズキャンセリング対応のヘッドホンを同梱し、ハイレゾ再生中のノイズキャンセリングが可能。また、ハイレゾ音源に対してもイコライザ処理をかけられる。「NW-ZX1」「NW-ZX2」に搭載していたデジタルアンプ「S-Master HX」を引き続き採用し、MP3などの音源をハイレゾ相当に拡張する音質補完技術「DSEE HX」も備える。 NW-ZX1から低音を強化するにあたり、アルミ切削きょう体にシャーシを一体化させたモノコック構造を採用。高い剛性と、低インピーダンスを実現している。プリント基板は、ビア部分を銅メッキで穴埋めするFilled Via構造だ。電源の安定化と配線インピーダンスの低減によって、引き締まった低音、伸びやかな高音、透明感のあるボーカルを再生する。