スマホ5機種データ通信速度比較、1位はドコモのXperia A

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

高速通信の規格を考えたのはドコモが最初だった。iPhoneが扱えない?理由だけでドコモのサービスが廃れていくのはもったいない気がする。
個人的にはほぼスマホを利用しているが回線速度に不満を感じたことはない。
友人のソフトバンクのiPhoneは、どう考えてもしんどい。
ドコモは起死回生の方法を考えているのだろうか?
もたもたしていると、iPhoneを扱うauとソフトバンクに大きな差をつけられて挽回できなくなってしまいそうだ。

以下引用

全国約1800カ所で実施した「第2回全国LTE/4Gエリア調査」の結果が発表され、LTE/4Gでつながるエリア化率、およびデータ通信のダウンロード速度の第1位はNTTドコモだった。NTTドコモの「Xperia A」は、世界遺産で話題の「富士山」でも最速のデータ通信速度を記録した。調査は、日経BPコンサルティングが2013年6月26日から7月15日にかけて全国で実施。ドコモ「Xperia A」、KDDI(au)「iPhone5」「HTC J One」、ソフトバンクモバイルの「iPhone5」「AQUOS PHONE Xx」の5機種を使い、3社のLTE/4Gの接続エリア、速度等を調査した。

  第1回調査(2013年3月実施)1000カ所1188測定ポイントに加え、今回は夏の行楽シーズンを意識して「ウォーターパーク・海水浴場」、「道の駅」、展望施設のある「高層ビル・タワー」も調査し、1793カ所2147測定ポイントで実施した。この結果、LTE/4Gでつながるエリア化率の第1位は、前回に引き続きNTTドコモだった。また、データ通信のダウンロード速度は、ドコモの「Xperia A」、アップロード速度はKDDI(au)の「HTC J One」が1位になった。