日本エイサー、11.6型フルHD液晶のWindows 8タブレット「Iconia W700-2」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

エイサーの洗練された薄いタブレットやノートPCには驚かされたがその後継機ということで楽しみ。

11.6型のフルHDというのはちょっと見づらい気もするが、スペック的には申し分なし。
CPUにはCore i5ぐらいを搭載してほしかったな。
エイサーのノートPC一覧はこちら。タブレットはこちら

以下引用

日本エイサーは29日、11.6型フルHD液晶ディスプレイやIntel Core i3を搭載したWindows 8タブレット「Iconia W700-2」を発表した。5月31日より発売し、店頭予想価格は90,000円前後。013年11月に発売された「Iconia W700」の後継モデル。新モデルの主な強化点は、CPUがIntel Core i3-3217U(1.8GHz)からIntel Core i3-3227U(1.9GHz)に、ストレージのSSD容量が64GBから128GBに増えたこと。本体はアルミ削りだしのユニボディを採用しており、本体サイズは約295×D191×H9.15?11.9mm、重量は約950g。OSはWindows 8 64bit版。

そのほか主な仕様は、メモリがDDR3 4GB、グラフィックスがIntel HD Graphics 4000(CPU内蔵)。インタフェース類は、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、HD画素Webカメラ(バックカメラは500万画素)、ステレオスピーカー、マイク、USB 3.0、ヘッドホン出力、Micro HDMIポートなど。内蔵センサーは、照度センサー、ジャイロスコープ、加速度センサー、電子コンパス。

11.6型の液晶ディスプレイはIPSパネルで、解像度が1,920×1,200ドット(フルHD)、10点マルチタッチ対応、輝度が350cd/平方メートル。バッテリは内蔵リチウムポリマーバッテリで、容量は4,850mAh、バッテリ駆動時間は約9時間。