国内タブレット市場の起爆剤 7型端末選びのポイント 微妙なサイズの違い、通信の有無、コンテンツの充実に着目

タブレットに電話機能って必要なんだろうか?携帯キャリアは、電話機能を搭載したいだろうけど…
企業にとってはメリットあるサービスでもユーザーにとって不要な場合もある。今は、とにかくユーザーの囲い込みに必死だから仕方ないのかもしれないけど…
スマホにも最近、電話機能がいらない気がしてならない。通信だけできればいいように思えてくる。
以下引用

30日、KDDIとソフトバンクモバイルが米アップルの7型タブレット(多機能端末)「iPad mini」の携帯電話内蔵モデルを発売した。9月に発売された米グーグルのネクサス7(台湾エイスース製)に加え、12月にはアマゾン・ドット・コムが「Kindle Fire(キンドル・ファイア)HD」の発売を予定している。年末に有力端末がほぼ出そろう。

KDDI(au)とソフトバンクモバイルが発売した、携帯電話回線も使えるタイプの「iPad mini(アイパッドミニ)」=共同
画像の拡大

KDDI(au)とソフトバンクモバイルが発売した、携帯電話回線も使えるタイプの「iPad mini(アイパッドミニ)」=共同

 タブレット端末はこれまで10型サイズの「iPad」が市場を独占していた。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)よりも大きな画面と10型タブレットが劣る携帯性を備える7型端末は、国内のタブレット市場に火をつける起爆剤となる可能性を秘めている。