タグ「21.5」が付けられているもの

一時期、一体型のデスクトップPCのハイエンドモデルは23型のフルHDが定着して、21.5型のフルHDはその下のスペック...という感じだったけれど23型はいくらなんでもデカすぎるように思う。21.5型が使いやすくコンパクトでいい。過剰スペックは嫌うユーザーが多いのでやっぱり最近はコスパ重視で購入が当たり前だと思う。タブレットも7型ぐらいがちょうどいいし、A4ノートより14型ぐらいがいい。モニターは使いやすくて場所をとらないサイズのモデルが特にいい。


以下引用

グリーンハウスは6日、白色LEDバックライトを搭載した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「GH-LCW22A」シリーズと「GH-LCW22A-BM」シリーズを発表した。ともにブラックとホワイトの2色を用意。10月中旬より発売する。価格はオープン、店頭予想価格は16,500円前後より(税別)。最大解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)の21.5型ワイド液晶ディスプレイ。バックライトにエッジライト式の白色LEDを採用し、省電力性を高めている。 主な仕様は、画面サイズが21.5型ワイド、解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)、視野角が上下160度 / 左右170度、輝度が250cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1(DCEオン時5,000,000:1)、応答速度が5ms。 映像入力インタフェースはDVI-D×1、D-sub×1。スタンドのチルト角度が上20度。1W+1Wのステレオスピーカーを搭載し、VESAマウント100mmに対応。本体サイズはW506.6×D178×H390mm、重量は約3.3kg。